夜の森とマングローブカヌー

 昨夜はばしゃ山村さんにご宿泊の社員旅行の方々を夜の野生生物観察コースへご案内。
 ところが通常と違い、宴会の後にツアーということで20時出発の予定が宴会の開始が遅れたということで30分遅くなり、実際には21時の出発。
 2台のワゴン車だったのでどれぐらい見れるかなと思っていましたが、季節外れの南からの強風が幸いしたのか、今年巣立ったばかりのようなまだ幼さの残るリュウキュウコノハズクを数羽見れました。しかも車の窓と同じ高さで、まったく逃げずにこちらをじーと見ていたので、お客さんも写真を撮影できたようです。
 他には木の上にいたハブ!かなりの高さで強風に揺られながら落ちないようにしっかりと絡み付いてました。
 会社に帰りついたのは24時。

 今朝はマングローブカヌーツアーを9時出発。
 まずはお決まりでモダマの群生地へ。

送信者 シマ巡り2011-11

 マングローブではちょうどマングローブパークの団体さんが帰った後だったので、誰もいなくて静かな水路でした。

送信者 シマ巡り2011-11

 しかし南風が強かった。川を下って行く時に一苦労でした。
 細い水路の一部は前回の水害で土砂が入り込み、満潮ピーク時しか通れない浅さになってました。
 マングローブ乗り場のサガリバナ。通常は夏の花で遅くても10月頃までのはずなんですが、昨夜も咲いたようです。

送信者 シマ巡り2011-11

(ピンボケなので写真小さめ)
 今夜も開きそうな蕾が少し残ってました。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ