町議会一般質問

 3月10日から行われた瀬戸内町議会の一般質問のテープ起こしが「~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」(以下、住民の会)の方を中心に行われて、ブログにアップされています。

瀬戸内町議会一般質問の要約・その1(3月10日分)

 上記記事には林健二議員と安和弘議員の質問の要約と詳細へのリンクがあります。
 関心のある方は是非ご覧下さい。
 安議員の質問内容について何点か指摘します。

一般質問より

加計呂麻のパルプが盛んに切り出されていた頃私よく覚えております。まだ、私も確かに十代の頃でしたが、あの頃はホントに盛んにパルプは切り出され、本島側でもやってましたが、あの頃確かに水が満々と川に流れてましたし、今で言う赤土の汚染もさほどなかったのではないのかな、という思いはしております。

私自身見たわけではありません。しかし、以下の記事をご覧になると”赤土の汚染もさほどなかった”と言えないでしょう。
旅、島、ときどき、不思議:加計呂麻島の海が、再びこんな風にならないといいのだが

一般質問より

正にこの加計呂麻の本当の悲哀というものを知っているのは、加計呂麻に住んでらした今のお年寄りの方々。そして加計呂麻を後にして内地の方へ出稼ぎに行った人たち。この人たちが本当に加計呂麻の悲哀を知っているのであります。

 では、加計呂麻島に憧れてなんども足を運んでくれている人たち、加計呂麻島を遠く離れて暮らしている出身者が今の加計呂麻にどんな想いをもっているのか知っているんでしょうか。
 例えば、今日の「新生大島新聞」の”加計呂痲島の森林伐採問題(6) ”ではこんな話が紹介されています。

 加計呂痲島の森林伐採問題は日増しに反対の声が大きくなっているようだ。私の知り合いに加計呂痲出身で、本土で事業の成功して、たくさんの財産を築き、現在はふるさとの加計呂痲に戻って悠々自適の生活をしている人がいる。

 その方は東京奄美会でも活躍して、瀬戸内町関係者の人からも尊敬を集めて良く知られた方である。その方がふるさとに戻って、美しい自然の中で気持のよい生活をしている時に、それを壊そうという動きを知って、怒り心頭になっているという。

 加計呂痲出身で東京で活躍している人は、ほとんどが同じ気持ちのようだ。ふるさとを後にして、遠く離れた都会で精励恪勤して、ひとかどの人になった人達は加計呂痲の素晴らしさに気づいて、これを守るべきだという考えに達するのである。そういう人達は、成功してから物心両面からふるさとに恩返しをしていく。

一般質問より

1月29日、チップ工場設立の説明会が瀬相でもたれたと聞いております。その翌日が土曜日で日曜をはさんだ月曜日には早速反対の旨の要望が町に提出されたと写真入りで新聞の報道がありました。何か報道機関を同道して出向いた感があり、ぞっとするものを覚えました。
我々議会が、何も知らないうちにあれよあれよと言う間に3度も4度も5度も新聞紙上を賑わし、町民からどうなっているんだと聞かれた時返事のしようもなく、ある意味で憤りを感じました。
2月18日の奄美新聞紙上にIターン者を中心にした署名活動という事が報じられていましたが、長い歴史の中で加計呂麻と苦楽を共にして来た従来の加計呂麻の人たち、人口が4か町村合併当時の10分の1になった今も、必死に耐えて来たこの方たち、の気持ちもこの署名活動の方達と同じ気持ちなのでありましょうかと、いう疑問は私は持っております。

反対署名活動の中心となっているのは加計呂麻島の住人の方たちであり、島民の7割近い反対署名というのを把握してるんでしょうか。わざわざ”Iターン者を中心に”というところが意図しているのは何でしょうか。
一般質問より

ただ、インターネットの事を悪く言いたくありませんが、私はあの扱い方知りません。ですから私は娘や息子たちが聞かせます。またチップ工場が出てたよ。内地からまたチップの反対しようねとまた内地からきとったよ。いいとか悪いとかの問題じゃなく、使う人の質の問題だと思っております。折角大事な文明の利器ですから、いい方に使って頂きたい。思います。

 この後、無我利道場の話を引き合いに出していますが、”内地からまたチップの反対しようねとまた内地からきとったよ”ということを無我利道場の時と同じだとアピールしてるんでしょうか。
 今回の反対運動のために押しかけてきている人は、私が把握しているだけですが、いないと思います。
 ネットで反対の意思を表明するに十分な資料を見ることができますから。
 そのネットも”折角大事な文明の利器ですから、いい方に使って頂きたい。”ということは悪い方に使っているという認識なんでしょうね。この議員さんは。

 「住民の会」の方々もそうですし、私もそういう考えですが、なにがなんでも反対の署名をして下さいというつもりはありません。
 まずは事実を知って、チップ工場が出来、伐採が行われたとしたら加計呂麻がどうなってしまうのか。暮らし、仕事、観光、そして将来。色んな面で考えて欲しいということです。
 その上で意思表示をすればいいと思います。

 知ることができず、いつの間にか決まってたからしょうがないかという、これまでの島の暮らしだったかもしれませんが、ネットのおかげで色んな事が個人でも知ることができます。そして考えて意思表示することができるのが今です。

 住民の会の方々と協力者の方々のおかげで11日の一般質問も近日中にアップされると思います。

 追加情報として伐採予定民有林には呑之浦の住所がほとんどです。島尾敏雄文学碑から見える山々が伐採されてしまったら。悲しい風景になってしまいますよね。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ