セミナー「沖縄やんばるの森から見た奄美大島の自然」

セミナーのお知らせを転載します。


平成23 年度あまみワイルドライフセミナー実施要項

あまみワイルドライフセミナー
沖縄やんばるの森から見た奄美大島の自然
~固有鳥類と外来種問題について~

1.趣旨
沖縄やんばるの森でノグチゲラやヤンバルクイナなど希少鳥類に関する研究をされている小高信彦さん(森林総合研究所)と、奄美大島でアマミヤマシギの生態調査などに取り組まれている鳥飼久裕さん(NPO法人奄美野鳥の会)のお二人を講師にお迎えして開催します。
奄美・琉球諸島は、世界でも類をみない自然の成り立ちを持つことから、世界自然遺産の国内候補地に挙げられています。その中核地域にあたる「やんばる」と「奄美大島」では、それぞれに独自の生態系が育まれ、守るべき固有の生き物たちが暮らしています。今回はお二人から、やんばる・奄美大島の固有鳥類の生態や、両地域共通の課題であるマングース問題について、最近の研究成果を基にお話しして頂きます。
やんばるの視点から奄美の自然を眺めることによって、奄美についての新たな発見、知識を深められるよい機会となります。皆様のご参加をお待ちしています。

2.主催
環境省奄美野生生物保護センター、奄美自然体験活動推進協議会

3.講師
小高 信彦(こたか のぶひこ)氏 : 森林総合研究所 主任研究員
鳥飼 久裕(とりかい ひさひろ)氏 : NPO法人奄美野鳥の会 会長

4.発表内容
(1) 「沖縄やんばるの固有鳥類ノグチゲラとヤンバルクイナの生態と外来種問題」 小高信彦
(2) 「自動撮影カメラで調べた奄美大島の希少動物による地上利用パターン」 小高信彦・鳥飼久裕
(3) 「アマミヤマシギの生態と外来種問題」 鳥飼久裕

5.開催日時・場所
日 時 平成 24 年1 月22 日(日)17:30 ~ 19:00
場 所 奄美市立奄美博物館3階会議室(奄美市名瀬長浜町)

6.参加資格等
誰でも参加できます(参加費無料 事前申し込み不要)
※博物館受付で「ワイルドライフセミナー参加」と申し出てください。

7.問い合わせ先
奄美野生生物保護センター
TEL:0997-55-8620(担当:奥田・吉田)



先日の「加計呂麻島 観光物産展 in 福岡」のお知らせもそうなんですが、個人が開催するイベントではなくてホームページもあるのですから、ホームページに詳細を書いてくれるとTwitterやFacebookなどで広く告知してもらえるし、掲載内容に誤りや変更があった場合にも間違った・古い情報が残ってしまうような心配も無いと思うんですよね。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ