加計呂麻島は車の通行注意

高知山展望台より

高知山から大島海峡の西、真下に久根津集落

今日は台風15号以来、始めて瀬戸内町、加計呂麻島へ行って来ました。

写真は渡る前に寄った高知山展望台。秋空が広がり穏やかなお天気でした。遠くには徳之島も見えました。

諸鈍の姉さんのブログである程度、道路情報を見ていたので11:15の定期海上タクシーで渡り、安脚場の戦跡跡は無理なので、まずは徳浜へ。

渡連の来々夏ハウスさんでお昼の後が問題。お客さんは寅さんのファンということでロケ地を多くお見せしたかったのです。

ところが諸数の先が崩れているので通れません。仕方ないので、裏ルート(諸鈍・野見山・秋徳・佐知克・於斉ルート)で瀬相港へと行き、呑ノ浦の島尾敏雄文学碑に寄った後に再び同じルートで於斉のガジュマルなどを見て諸鈍へといくルートをとりました。諸数の先のスリ浜へ行く時間はちょっととれませんでした。

通常は生間と瀬相の間は諸数を通る大島海峡側のルートを通る車がすべて裏ルートを通ってます。特に秋徳と佐知克を結ぶ山道は拡幅工事が行われていますが、狭い道路がまだまだ多く、対向車には十分な注意が必要です。

また、大島北部も今回の台風で松くい虫にやられた松が目立っていますが、先にやられて南部や加計呂麻島は枯れ切って倒れてたり、倒れかかっている松が多く見受けられました。

加計呂麻島を車で廻る場合は十分注意して下さい。スピードは控えめに。

徳浜などその他の写真はFacebookページをご覧下さい。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

33人の購読者に加わりましょう

LINEで友だち追加

下記QRコードかID:@knamamiで友だち追加するとブログ更新情報をLINEにお届けします。

し~ま


▲このページのTOPへ