金作原原生林への道は再び通行止め

知名瀬農道心配していた台風16号は、猛烈な台風でしたが奄美大島の西を通過する時には速度をグンとあげたためか、強風の吹き付ける時間も短くすみました。

しかし、台風一過の今朝、金作原原生林へと、いつも使うルートの知名瀬からの農道に入るとご覧のとおり。

ここは台風15号の時にも崩れた場所で、今回はさらにその上が崩れたようです。

里集落からの農道も倒木で通行できませんでした。

南部の林道午後からは夜の野生生物観察コースで使うこともある南部の山へ行ってみました。

こちらは尾根までの道もさほど荒れてはいませんでしたが、尾根伝いの林道には両脇から木々た道路に倒れこんでいました。

なんとか腕の太さぐらいの木々はノコギリやナタで切り、ご覧のような場所もなんとか車でくぐり抜けることができるのですが、松くい虫で枯れた松の倒木が多いのも気になるところです。

普段でも一般車の林道への乗り入れはオススメできませんが、現在は尚更です。

山から降りてくる時には九州電力の災害復旧車両がひっきりなしに走っていました。昨夜の停電が短くすんだのも、こういった方々のおかげですね。感謝!です。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ