諏訪之瀬島

諏訪之瀬島の集落

諏訪之瀬島の集落

・奄美大島間観光交流人口促進事業」の視察で、1泊2日の日程で十島村諏訪之瀬島へ行ってきました。もっと早い時期に行く予定でしたが、度重なる台風でのびのびとなり、ようやくです。

風は強いものの快晴に恵まれました。諏訪之瀬島は江戸時代に御岳の噴火により全島民が避難し長く無人島となっていたのですが、明治初頭に奄美大島の赤木名から入植した島です。しかし島の大きさに対して火山の影響のため、集落がある場所は限られていて、写真は南の端にある諏訪之瀬島空港の滑走路から見下ろした集落ですが、このごく一部だけとなっています。

朝3時に奄美市名瀬の佐大熊港から出港したフェリーとしまは1時間遅れで10時頃に元浦港に到着。諏訪之瀬島のガイド協会の息子さんが出迎えてくれ、集落内をはじめ案内してくれました。

当初、それほど見る場所は無いということでしたが、ナベタオという根上岳の途中にある地域の山桜の大木、この山桜は南限だそうですが、この場所から地元の有志の方々が作った遊歩道があり、なかなかいい散策コースとなっていました。他に、乙女の洞窟やガジュマルの大木、特徴ある海岸線などを案内していただけました。

宿は浜原荘さんで、夕食には地元のお魚の刺し身や燻製など。キンメダイのお刺身は美味しかったです。

よく朝9時のフェリーとしまで名瀬へと帰りました。できれば御岳にも登りたかったのですが、風が強いということと時間が足りませんでした。できれば2泊3日ぐらいのプランで訪れても、山歩きの好きな方にはいい島だと思います。

来週の週末、東京・池袋のサンシャインシティにて11/22-23の二日間、アイランダー2014が行われます。十島村も出展しているはずです。是非!

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ