八月踊り体験してみませんか

佐仁の八月踊り

佐仁の八月踊り

今月(9月)から11月までの期間、奄美市名瀬の商店街にあるAiAi広場で「」体験が出来ます。「あまみ大島観光物産連盟」さんが各地域の郷友会の方々のご協力を得て、体験プログラムとして企画しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「八月踊り」というのは、各集落で旧暦の八月に行われる行事です。本来は写真のように集落内を移動しながら、各家々で踊りを行います。(写真は佐仁集落の様子)。集落毎の自分たちのお祭りで旧暦で行われるということもあり、島外だけでなく集落外の方も行われる時期を知ることも難しく、参加するとなるとさらに難しいです。

奄美市名瀬には各集落の出身者で構成される「郷友会」というものがあります。東京・大阪などでの「県人会」に相当するものです。8月に行われる「奄美まつり」の1晩では商店街近辺の道路を封鎖して「郷友会」による八月踊りの輪が並び、見学だけでなく参加することもできますが、旧暦八月には連日、夕方になると名瀬の街中の公園からチヂン(奄美独特の太鼓)の音と共に唄声が聞こえてきます。「郷友会」による八月踊りで、見学することもできますが、参加することもできます。

とはいっても、知り合いがいないとなかなか参加することは難しいのですが、今回の体験プログラムでは、企画している「あまみ大島観光物産連盟」さんが、郷友会の方々との間をとりもち、踊りに参加しやすいようにしてくれるそうです。

9月から11月の主に週末(ちょっとスケジュールがイレギュラーなので、上記リンク先の記事でご確認下さい。)に行われ、事前に申し込みが必要です。

 

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ