新造船フェリーかけろま、初乗船、ところが・・・・

フェリーかけろま新造船

フェリーかけろま新造船

一昨日(6日)、カケロマ島散策コースでお二人の方を加計呂麻島へご案内してきました。なんと、今年9回目の加計呂麻島です。これだけの頻度で加計呂麻島へ行くのはちょっと記憶にありません。

先月末にご案内したように、新造船フェリーかけろまがようやく就航する初日でした。初日ということもあったためか、朝から風が強かったためか、古仁屋港への着岸・離岸、生間港への着岸もかなり慎重でした。(リンクはInstagramの動画です。)

写真は古仁屋港に停泊中のフェリーかけろま、客室への階段途中からの写真です。今回の新造船は船の前後から車両が乗船できる構造で、写真は古仁屋港へ接岸した後ろ(桟橋と反対側)ですが、車両は生港に接岸する方向に停車しています。両側共に写真左上の客室への階段があるのですが、出港するとこの階段は原則立ち入り禁止です。客室は前後にベランダがありますが、船の側面にベランダはありません。また、船内は完全禁煙で、喫煙所はありません。

この日は曇りのち雨の予報で、加計呂麻に到着してしばらくはよかったのですが、お昼を過ぎるとだんだんと雨が降り出し、風が強くなってきました。武名へ行って瀬相港の「いっちゃむん市場」へ立ち寄ると、なにやら港から屋外放送の声。2時半の古仁屋発瀬相行きは悪天候のため欠航決定のお知らせでした。

天気予報によると古仁屋地方の風が14時に5.2m、帰りに乗船予定の14:30生間発フェリーが出るころには4mの予想。これはまずいぞと、予定より早め、15時過ぎに生間港へ到着すると待合所のドアには早くも14:30生間発フェリー欠航決定のお知らせ。

仕方なく、海上タクシーに連絡して古仁屋へと帰りました。

昨日は明け方から強風が吹いていて、予報では午前中5m、お昼には7m、夕方まで4mの風でした。恐らく、と思ったら、案の定、全便欠航。

でも、このあたりの天候による欠航のお知らせって瀬戸内町のホームページには一切掲載されていないんですよね。かろうじて、Facebookの「奄美せとうち観光協会」さんのFacebookページや、「加計呂麻島展示・体験交流館」さんのFacebookページ、あるいは「kakeroma.com」さんのFacebookでお知らせが流れるだけです。一般の観光客の方とかはほとんどわからずに港に待合所にやってきてようやく知るんじゃないでしょうか。

民間運営のフェリーじゃなくて、瀬戸内町営船なんですから、もうちょっと運行情報を知る手段を提供してくれてもいいと思うんですが、どうですか?また、天候による欠航とはいえ、フェリーが運航できなくても海上タクシーはなんとか運航できました。欠航になりそうだったら代船を手配して準備するぐらいしてくれないと、住民の方も大変ですが、観光で加計呂麻島を訪れる方はフェリーなければ海上タクシーなんていうのはそう簡単にできないと思います。観光に力を入れるのでしたら、是非、改善をお願いします。

Send to Kindle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ