永田川から古道を登る

 昨年の1月に「おがみ山公園から報国神社への山道散策」として、奄美市名瀬の大島支庁近くにあるおがみ山公園から報国神社への古道を登ってきました。
 昨年、知人が大島支庁の右奥にある永田橋墓地の奥から報国神社への古道を登ったと聞いていたので、今日、登ってみました。
 そのルートがこちらです。

より大きな地図で 永田川からおがみ山 を表示
 携帯電話のGPSで記録をとりましたが、総距離は4.5Km。多分電波を受信できていない部分はカウントされていないので、約5Kmでしょう。

 永田橋墓地の一番奥に民家が3軒ほどあり、民家を抜けるとすぐに川を渡ります。

送信者 シマ巡り2011-1

 大川ダムが出来るまでは水源になっていたようで、今でも永田橋墓地の水道の一部が引かれているようです。
 そのため、川沿いには昨年の豪雨災害で作り直された真新しい水道パイプがありました。
 やがて川の中に石組みでできた小さなダムがあり、新しいパイプはここから取水していました。

送信者 シマ巡り2011-1

 古道を探すのですが、なかなか見つかりません。一緒に行った他のメンバーは沢沿いに登って行き、私は斜面の上に少し古い水道パイプを見つけたので、なんとかパイプの近くに斜面を這い上がると道があったので登っていくと、やがて合流できました。
 その先には古い水道パイプの取水用の古い小さなダムがありました。
 ここからが大変。
 ゴン!と急な斜面に古道らしきものがあり、マングースバスターズの設置したトラップがあったので登り始めました。
 どうやら尾根道沿いにマングースバスターズがトラップを仕掛けていたようです。
 急な斜面で汗だくになりながら1時間近く。
 ようやく尾根道が平坦になって出たところがタクシー会社のアンテナ設備の裏手でした。
 奄美市役所の玄関からアンテナが見れます。名瀬小学校の校舎の裏の山のてっぺんにあります。
 道を下るとおがみ山から報国神社への古道へと出ました。
 大きな牛引き道をおがみ山へと下って帰りました。

送信者 シマ巡り2011-1

 永田川奥からの古道は相当健脚な方でないと無理なルートですが、なかなか楽しい道でもありました。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

33人の購読者に加わりましょう

LINEで友だち追加

下記QRコードかID:@knamamiで友だち追加するとブログ更新情報をLINEにお届けします。

し~ま


▲このページのTOPへ