雨の金作原に謎のトラップ

 これでもかと振り続いていた雨はお昼過ぎにあがりましたが、午前中の雨が残っている中、金作原原生林ツアーへ行ってきました。
 ハゼノキの新芽がすっかり広がって空を覆っています。

送信者 シマ巡り2011-2

 金作原原生林に入ってすぐの林道沿いに昆虫トラップと思われるものがぶら下がってました。

送信者 シマ巡り2011-2

 下げたメッシュに餌らしき袋が2つ。透明のプラスチックでロート上のものにプラスチックのコップ。
 でも、コップには水抜きの穴がないので、水が溜まってしまってます。
 一昨日は無く、昨日、金作原へ行ったスタッフによると昨日も確認したとのこと。
 ずーーと雨が降っていたのですが、何を捕獲したいんでしょうか。

 ぶら下がっている餌らしき袋を見たのですが、なんだかよくわかりません。(クリックすると拡大します)

送信者 シマ巡り2011-2
送信者 シマ巡り2011-2

 いずれにしても金作原原生林は国有林。森林管理署が管理していていっさいの動植物の採取は禁じられています。
 今日はお休みのようなので、明日にでも森林管理署に通報しておきます。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ