加計呂麻島伐採問題、その後 #savekakeroma

タイトルにある”#savekakeroma”は本ブログの更新情報をTwitterに流す時のハッシュタグです。

12日に町へ主に地元で集めた第一次署名提出をお知らせしましたが、その後、目立った動きはありません。

しかし、何もしていないわけではなくて、地元の方々は仕事の合間に活動を行っています。先日は地元新聞で報道されましたが、加計呂麻島の観光関係業者の会が町へ申し入れをしています。これは鹿児島ローカルテレビのニュースでも報道されました。

また、お母さんが加計呂麻出身の歌手のUAさんがコンサートで伐採問題をとりあげ署名を呼びかけたそうです。

蜻蛉日記:2月14日 加計呂麻の森林伐採

しかしながら、「森林伐採に反対する加計呂麻住民の会 」ではパソコンを扱えるスタッフが少なく、なかなかホームページなどで活動をお伝えすることが難しいということでした。

なんとか会のホームページを立ち上げて、現地の状況などをお伝えしたいところですが、しばらくお待ち下さいとのことです。

奄美大島に住んでいても、加計呂麻の現地の状況はなかなかわかりません。
しかし、現地の方々がなるべく地元でのトラブルが無いように配慮しながらがんばってらっしゃいますので、新たな情報が届くのを静かに待ちたいと思います。

会の方は、新しい情報はなかなか出せないけれども「奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG」さんのカテゴリ「チップ工場」にある説明会の内容について有識者の方々の意見を多く集めたいということでした。

専門知識をお持ちの方で、この説明会の内容のここがおかしいというのがあれば、コメントにてご意見を下さい。

よろしくお願いします。

この問題についてはsavekakeroma@ウィキをご覧下さい。反対署名用紙もダウンロードできます。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ