交通/島内/道路事情

Table of Contents

地図上の道路について

舗装された林道

 ガイドブックや配布されている島内地図によっては、国道・県道以外の道も詳細が掲載されていますが、林道に関しては記載されているからといって車で通れる道とは限りませんので注意して下さい。
 右の写真は金作原原生林への比較的安定した林道ですが、それでも草木が道路に突き出ていて、道端は側溝が草で覆われて見えません。脱輪の危険があります。

未舗装の林道

 ほとんどの林道は地元の人もあまり利用しません。未舗装の道が多く道路幅も狭く草木が道に飛び出しているところも多いです。
 右の写真は未舗装の林道です。これでも比較的きれいな道ですが、路肩に車が入ると出れなくなく可能性があります。
 また、がけ崩れで通行止めになっている場合も多く、特に梅雨時期や台風シーズンなど雨の多い時期には入ってみたら行き止まりということもあります。
 レンタカー会社ではこのような林道に入らないようにお願いしているところもあります。なお、万一故障やキズがついた場合は修理代金やレッカー料金のほかに営業補償として2万円ほど請求されるようです。
 当社(観光ネットワーク奄美)で配布している「奄美大島探検図」では、このような林道は掲載していません。

集落内

 集落内を通行する時はスピードを控えましょう。
 島内全体がそうですが、地元の車はそんなに速度を出していません。そんなに急いでも時間はあまりかわりません。
 特に集落内は歩道がほとんどない状態で家がありますので、人や自転車・車の飛び出してくる危険があります。
 また、集落内の路地には車で進入しないほうがいいでしょう。
 非常に狭い上に行き止まりであったり車が曲がれないような曲がり角があります。

生き物通行注意

野生生物飛び出し注意

 林道だけでなく、国道や県道でも山道では野生生物が出てくることがあります。
 特に夜間はアマミノクロウサギなどの野生生物が道路上に出ている場合があり、車で轢かれてしまう事故が多発しているため、画像のような標識があります。
 また、ハブの危険がありますので、山道では車を停車して降りるのは避けたほうがいいでしょう。
 街中では犬や猫が道路に飛び出すこともあるので注意が必要です。

金作原へ車で行く際の注意

 地図上の道路についてに書いているように金作原原生林へ、車で行くことはあまりお勧めできませんが、どうしても行くという場合には以下の点に注意して下さい。

原生林エリアは一般車両通行禁止
 2013年より金作原原生林を所有・管理している森林管理署が一般車両の通行を禁止とする看板を設置しました。
 これは新たに一般車両通行禁止としたわけではなく、国有林への車両通行は本来、許可が必要なところを、特に問題にしていなかっただけです。
知名瀬からの道以外は通らない
 金作原へは何本かルートがありますが、奄美市名瀬の知名瀬集落からの道以外は悪路です。(Google Map:知名瀬
対向車に注意
 道は知名瀬集落から農地を通っていき、途中からは車1台ぐらいの幅しかありません。
 農家の方の車もよく通るのでスピードを出し過ぎないように、対向車が来てもすぐに停まれるスピードで走行して下さい。
路肩注意
 奄美中央林道までは舗装路が続いていますが、路肩の側溝が草で覆われて見えない場合があり、対向車を避けるために急にハンドルを切ったり、あわててバックすると脱輪の危険があります。
 また、道路上でも落ち葉などが積もっていて雨などで濡れているとスリップする危険があります。
通行時間帯
 知名瀬からのルートは当社(観光ネットワーク奄美)や他のガイド会社も利用しており、団体ツアーの場合は中型バスも通行します。
 ほとんどのツアーの場合、午前の部が09:00から11:00の間に知名瀬から金作原へ向かい、11:00から13:00の間に下りてきます。午後の部は13:30から15:30に上り、15:30から15:30が下りです。
 この時間帯の流れに合わせないと対向車とかちあってしまうことが多いということになります。
バックに自信がない場合は辞めたほうがいい
 車1台ぐらいの幅の道ですが、慎重に履行すれば普通車同士でしたら履行できます。
 しかし、この道は団体ツアーなどで中型バスも通行します。そうなると、数百メートルおきには待避所がありますが、待避所までひたすら車をバックさせないといけません。
 先に書いたようにフタのされていない側溝やぬかるみなどにはまる危険がありますので、車をバックさせて運転することに自信がない方はまず辞めたほうがいいです。
携帯電話は圏外
 金作原近辺は携帯電話が圏外となる場所が多く、万一トラブルになっても助けを呼ぶことができません。
 日中はガイドの車以外はほとんど車が通らない場所です。
 万一車が動かなくなった場合には歩いて帰ることになります。
 その場合、暗くなってからはハブの危険がありますので、暗いうちは歩かないように、夜があけるのを待ってから、ということになります。(参照:FAQ/注意事項/奄美といったら毒蛇ハブが心配です

添付ファイル: fileP1020820-m.JPG 1685件 [詳細] fileP1020818-m.JPG 1665件 [詳細] fileP1030641-m.JPG 1621件 [詳細]
最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2014-07-27 (日) 17:36:58 (1848d)