植物/ギンネム

e0027916_16414581.jpg

[場所]加計呂麻島

[撮影]2005/10/03

[分布]小笠原・奄美大島以南

[原産]熱帯アメリカ

[別名]ギンゴウカン

[科]マメ科

 道端でよく見かける植物で図鑑によると緑肥植物として日本に導入されたらしいですが、根がしっかり張り、繁殖力が強いということで道路工事の際に斜面を固めるために植えられたと聞いています。
 実がサヤエンドウのようですが食用になるらしいです。
 早速、昨日かじってみましたが実になってすぐじゃないとダメなんでしょうか。筋張っていておいしいもんではありませんでした。
 出たばかりの若い実ならいいのかな。
 加計呂麻島の諸鈍から野見山→於斉への道沿いにたくさん生えています。

[花期]10月

[花色]白色

[分類]帰化植物

Table of Contents

花:2007/05

e0027916_1516207.jpg

[撮影]2007/05/06

[場所]奄美市知名瀬 農道

 緑肥植物として導入された熱帯アメリカ原産の木です。  白いボンボンのようなものが花です。

[花期]5月

[花色]白色


最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2008-03-23 (日) 16:32:06 (4134d)