植物/ヒリュウシダ

e0027916_11273394.jpg

[場所]金作原

[撮影]2005/08/29

[分布]屋久島以南

[科]シシガシラ科

 長さが60cmから1m50cmぐらいになる大型のシダで、奥に見える濃い緑色の葉が開ききった葉っぱです。
 写真の中央にある端がクルッとまいているのは新芽。
 明るい緑色というより赤色に近い鮮やかな色をしています。
 早朝や霧雨の後は先端の巻いている部分に雨水がガラス玉のように並んできれいです。
 手で触るとなんとも不思議な弾力ですよ。

[分類]低地・山地

Table of Contents

新芽:2006/10

e0027916_17495850.jpg

[撮影]2006/10/9

[場所]奄美市名瀬 林道

 葉全体は60cmから150cmぐらいにまでなるかなり大型のシダで、開ききると濃い緑色ですが、新芽は緑というよりあざやかな紅色をしていて、まだ先のほうがクルッと巻いてます。
 しかしススキの穂もでて、落葉樹も落葉しかけているというのに、シダ類の新芽というのは季節に関係ないのでしょうか。


最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2008-03-23 (日) 17:12:25 (4196d)