生物/ガラスヒバァ

分類
ナミヘビ科ヒバァ属
全長
65cm〜118cm
分布
奄美群島・沖縄諸島 固有種
hiba1.JPG
hiba2.JPG
                        Photo by Koshima

水辺に数多く生息する毒ヘビ。
体は細長く、黒や黒褐色で 不規則に明色の横縞や斑点が入る。
和名の由来は、沖縄の方言で「カラスヘビ」の意。
(ただし、シマヘビの黒化型個体・カラスヘビとは無関係。)
強い毒を持っていますが、後牙類であるため 咬まれても毒牙まで届かないことが多いようです。 だからといって、油断は禁物。
添付ファイル: filehiba2.JPG 1577件 [詳細] filehiba1.JPG 1718件 [詳細]
最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2010-06-14 (月) 16:41:57 (3470d)