生物/ツマムラサキマダラ

分類
マダラチョウ科
全長
49mm
分布
奄美諸島以南
食草
キョウチクトウ科(テイカカズラキョウチクトウ),クワ科(オオイタビ?,ガジュマル)など

 以前は奄美には生息していなかった蝶ですが、1970年代に八重山諸島、90年代に北上し92年以降に沖縄諸島、1999年に奄美諸島で確認され、現在では薩摩半島、四国の室戸岬、千葉県などでも記録されています。
 羽を広げると鮮やかな紫色をしています。

ツマムラサキマダラ

 アサギマダラリュウキュウアサギマダラ同様に、秋口にヤマヒヨドリバナに集まって吸蜜しているところをよく見かけます。

 羽を閉じているところ。

ツマムラサキマダラ
最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2008-05-27 (火) 15:55:15 (4218d)