生物/ヒメハブ

分類
クサリヘビ科
全長
30cm〜80cm
分布
奄美諸島、沖縄諸島(固有)
ヒメハブ

ハブとついていますがホンハブからすると毒性は弱く、腫れたりめまいがする程度で死亡例もほとんどありませんが、'間違ってかまれた場合はすぐに病院に行くようにしてください。'
 三角の頭とずんぐりとした体が特徴で、WikiPedia.ja:ツチノコに似ていると言われています。
 近い種として沖縄の先島(石垣島・西表島など)のWikiPedia.ja:サキシマハブやトカラ列島のWikiPedia.ja:トカラハブがあります。
 主にカエルを食べていますので、水の多いところにいることが多く、雨の日などには路上にいることもあります。
 川べりや水辺に行くときには注意してください。

hime1.JPG
hime2.JPG

                        Photo by Koshima

添付ファイル: filehime2.JPG 1497件 [詳細] filehime1.JPG 1548件 [詳細]
最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2010-06-14 (月) 15:58:14 (3359d)