WE(WiFi Everywhere) in AMAMI

2009 年 1 月 29 日

WiFi(無線LAN)って何?

Filed under: — mizuma @ 6:30 PM

(*ewords)と書かれているのは「IT用語辞典 e-Words」の解説にリンクしています。詳しくはリンク先をお読み下さい。

無線LAN(*e-words)というのは文字通り、無線で接続したLANのことです。
色んな規格がありましたが、標準となった規格にWiFi(*e-words)というブランド名が付けられました。

現在、入手できる無線LANの商品には標準規格準拠の意味でこのWiFiと記述されていてメーカーが異なっていても接続することができます。(メーカーによっては若干の相性があります。)

無線LANの構成は通常の有線LANとほぼ同じです。

有線LANの場合、パソコンにLANカードを取り付け(最近のパソコンはほとんどが内蔵されています)てLANケーブルで繋ぎますが、1対1で繋ぐことはほとんどなくハブ(*e-words)と呼ばれるLANケーブルの集線装置に繋ぐことで、複数台のパソコンやネットワーク対応プリンタが接続でき、パソコン同士がデータを共有したり、プリンタを共有することが可能になります。
さらにこのネットワークにルーター(*e-words)を接続することで、ネットワーク内のパソコンがインターネットに接続できるようになるわけです。

無線LANの場合にはケーブルが必要ありません。
パソコン側に子機となる無線LANカードを取り付けます。(最近のノートパソコンなどではほとんど内蔵されています。)
そして有線LANの場合の集線装置であるハブに相当するベースステーションと呼ばれる装置がパソコンの無線LANカードからの信号を中継します。
ベースステーションはハブに有線で接続されます。ハブにルーターが繋がっていれば、パソコンの無線LANアダプタ→ベースステーション→ルーターという経路でインターネットに繋がるわけです。
ベースステーションにはハブとルーター機能が内蔵されているタイプもあります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Powered by WordPress