沖縄梅雨入り、奄美はまだ

ノボタン

ノボタン

沖縄が梅雨入りしました。気象庁の梅雨に関するページはこちらです。

今日の奄美大島は朝から雨が降ってますが、夕方には止みそうで、しばらくは晴れの予報です。

例年だと11日頃ですから、もうしばらくですね。

既に咲き始めていますがコンロンカや、あちこちでつぼみがたくさん出ているイジュ、そして昨年の写真ですがノボタンなど、花々が元気な季節を迎えます。

Send to Kindle

この後、どうするんでしょう。(ガラスヒバァ)

アカマタ

アカマタ

今日はカケロマ島散策コースへ行ってきました。

いつもは1組2名ぐらいのツアーですが、今日はさすがにGW、3組8名となり車ごと加計呂麻島へフェリーで渡りました。古仁屋の海の駅では予約していないレンタカーのお客さんが窓口で乗れないことを告げられしょんぼり。帰りの生間港でも車の乗船のキャンセル待ちをしている車が数台ありました。GWに限らずフェリーに車を乗せる場合は必ず予約しましょう

昼食後に安脚場の戦跡公園を散策中、雨水を貯めていたところで前回訪れた時にはオットンガエルがいたので今日はどうかなと覗いてみました。

するとヘビらしいものが金網からぶら下がってます。死んでるのかなと棒でつっつくと首をもたげて攻撃態勢、ガラスヒバァでした。

でも、なんか変です。写真でわかるでしょうか。垂れ下がった金網の網の目に身体が引っかかっています。ヘビが後退することはできるはずがありませんから、金網の向こうから頭を入れ、なんとか強引にここまで身体を通したものの、ここでひっかかっているようです。
棒でつっつくのですが、暴れても身体は金網から抜ける様子はありません。

もしかしたらお腹がすいてスリムな状態でここまで身体が進んで、水の中のおたまじゃくしを先に欲張って食べてしまいお腹がつっかえたのかもしれないですね。

さて、この後、ガラスヒバァはどうなるのでしょうか。

どなたかレポートしてくれませんか。気になります。

追記:原ハブ屋奄美さんから、アカマタではなくてガラスヒバァだと指摘がありました。正直、ちょっと自信なかったんですよね。ガラスヒバァにしては大きかったんですよ。ご指摘ありがとうございました。

Send to Kindle

24日にエフエムたつごう開局

エフエムたつごうロゴ

エフエムたつごう

以前から龍郷町の役場近くに「らじおさぽーた」と書かれた建物があってコミュニティエフエムの開局準備中と聞いていましたが、最近、龍郷町浦の島育ち産業館(エブリワンの向かい)に「エフエムたつごう」と大きな看板が設置されていました。

今日の地元2紙には、この看板の設置と24日開局の記事が掲載されています。

新聞記事中に「エフエムたつごう」のウェブサイトに関しての記述が無かったので、探してみたところ、しーまブログブログがありました。

最近の記事は「すぐリク」という”すぐにリクエストした曲が流れる”という番組の告知が連続していますが、内容は一緒だし、1ページだけ作って左サイドのメニューにおいておけばいいんじゃないかな、と余計なことを思ったり。
まぁこれから試行錯誤でしょう。期待しています。

「エフエムたつごう」の運営元であるNPO法人「らじおさぽーた」の情報が無いなと思い、探してみると、メイルアドレスおよび「すぐリク」のページのドメイン、fm-s.orgが「らじおさぽーた」のサイトでした。

これで奄美大島内は全市町村、コミュニティエフエムがカバーとなりました。(大和村は奄美エフエムの中継だけですが、今年度から奄美エフエムで「リッスントゥーミー!ひらとみー♪」という大和村の情報番組を持つそうです。)
各市町村の番組も相互に流していますから、楽しみです。

(ロゴマークは「エフエムたつごう」ブログの記事の画像を直接リンクしています。)

Send to Kindle

湯湾岳は花盛り

ヤクシマスミレ

ヤクシマスミレ

今日は湯湾岳コースへご案内してきました。

久しぶりに快晴でしたが、なんか白くモヤがかかったようで、すっきりとした青空とはいきませんでした。

しかし、たくさんの花に出会えました。大和村大和浜集落の県道沿いでは早くもフトモモの花が、湯湾岳の山道入り口ではもう終わったと思っていたソメイヨシノが、山道では同じくもう終わったと思っていたサクラツツジが、そして足元には写真のヤクシマスミレが小さな花を咲かせていました。

帰り道に立ち寄ったマテリヤの滝の歩道の上にはケラマツツジが鮮やかな赤い花が咲いていました。

そして最後に立ち寄った奄美野生生物保護センターは先日リニューアル式典が行われたというのを新聞記事で読んでいましたが、すべての展示物が公開されていて、すばらしくいい展示になってます。

しかもラッキーなことにリニューアル記念品はもう無いだろうと思っていたところ、エコバッグかタオルの1点をもらうことができました。

ホームページも準備作業中と聞いていましたが報道ではまったく掲載されていなかったので、問い合わせたところ同時に公開されているとのこと。

奄美野生生物保護センターのホームページ

ちょこっと覗いてみましたが、なかなか充実した内容のようですよ。色んなお知らせが掲載されることを期待したいと思います。

Send to Kindle

ベニバナトケイソウ(マングローブ混雑予想)

ベニバナトケイソウ

ベニバナトケイソウ

今日の朝はマングローブカヌーツアーに行ってきました。

変則的ですが30分早めにスタート。大潮で満潮が朝7:20だったためです。

なんとかギリギリ水路に入れましたが、さすがにGWのということで、帰り際にマングローブパークのカヌーのお客さんと入れ替わりになりました。

明日は先日の記事でご案内したようにクルーズ船が入港しますので、マングローブやあちこちの観光施設は混雑が予想されます。

マングローブカヌーを検討している方は潮位も混雑具合も考えると、ちょっと早めに行ったほうがいいようですよ。

写真はカヌーを利用させてもらっているマングローブ茶屋さんの庭先に咲いていたベニバナトケイソウ。多分、花を楽しむための園芸種で実は食べられないと思います。果物としてのトケイソウは別の種類でパッションフルーツ、別名はクダモノトケイソウと言われたりします。

Send to Kindle

5月はクルーズ客船が連続して入港します

カレンダーに記載していますが、5月から6月にかけてクルーズ客船が連続して入港します。

クルーズ船の方々向けに多数のツアーが企画されたおり、当社のツアーに参加される方も多いため、寄港日はツアー予約がほぼ埋まりつつあります。

ちなみに5月1日は受付が終了しています。

寄港日にツアー参加を検討されている方はお電話にてお問い合わせ下さい。

金作原原生林へのツアーバスの通行情報についてはこちらのカレンダーも合わせて御覧ください。

http://www.princesscruises.jp/ships/sun-princess/

 

 

Send to Kindle

「のぼり」作りました!

のぼり数年前から増えてますが、今年は5月から6月にかけてクルーズ客船が多数、奄美市名瀬に寄港します。(奄美市:平成26年クルーズ客船寄港予定

クルーズ船で実施するツアーも多数あるのですが、個人のお客さんが直接当社のツアーを申し込みの方も多く、ツアーはクルーズ船の着岸する港から出発の予定です。

そこで集合場所がわかりやすいように右のような「のぼり」を作りました。

事務所前に「のぼり」

事務所前に「のぼり」

事務所入り口前に立ててみました。

初めて作ったので素材がどうかなと1つだけ作製してみましたが、なかなか出来がいいので、複数作製して、当社事務所の目印としても設置しようかと思います。

クルーズ船の寄港する日は、ツアーのバスが金作原方面の林道へも通行します。ご注意下さい。

 

Send to Kindle

GWは宝島へ(1泊2日で行けます!)

トカラへ(新聞広告)

トカラへ(新聞広告)

昨年末から「十島村~奄美大島間観光交流人口促進事業」という十島村の事業に委員として参加しています。

昨年12月にはまず宝島と小宝島の視察に行き、それを元に2月にはモニターツアー(リンク先は奄美新聞の記事)も行われました。

そういった実績を元にしてるんでしょうか、今年のゴールデンウィークには通常ダイヤだと2泊3日必要なところを、1泊2日で行けるダイヤが今日の奄美新聞広告に掲載されていました。

詳しくは新聞広告をご覧いただき、奄美ツーリストサービスさんにお問い合わせいただきたいのですが、宝島だけでなく、小宝島・悪石島の宿泊も掲載されています。

宝島の場合だと船の往復が6,300円+宿が8,000円。早朝6時到着で帰りは翌日の11時ですからたっぷり1日遊べます。

ゴールデンウィークはトビウオの季節です。運がよければトビウオ釣りならぬトビウオすくいができるかも?

Send to Kindle

今年の諸鈍のデイゴは期待できる?

デイゴのつぼみ

デイゴのつぼみ

先月は連続して何度もご案内に足を運んだ加計呂麻島ですが、昨日、ほぼ1ヶ月ぶりにご案内に行ってきました。

加計呂麻島・諸鈍のガイドさん、カケロマドットコムさんが4月5日のブログ記事で「今年の諸鈍のデキゴ並木、蕾がいっぱい♪」とあったので、ちょっと期待していましたが、加計呂麻島への海上タクシー乗り場に向かう途中、コーラル橋を海の駅の交差点に向かう歩道のデイゴをふと見上げると蕾がたくさんついてます。

蕾も無い木も数本あるのですが、これはかなり期待出来そう。

加計呂麻島を廻ると、道路際にはあちこちにコンロンカの白い葉が目立ち、黄色い星形の花も見れるのももうじきでしょうね。

ただし、海岸線では注意が必要です。ヌカカという小さな虫、通称、スケベ虫と言われる虫が出没してます。

小さな虫で気づかないうちに服の中や首筋、髪の毛の中に入り込み、刺されると赤く痒くなります。

幸い、昨日は曇り空で気温もあまり上がらなかったからか被害はありませんでしたが、これからしばらくは海岸線を散策する際はご注意下さい。加計呂麻島だけでなく本島側も龍郷町あたりで被害が出てるようです。

 

Send to Kindle

神屋のアマミセイシカ

アマミセイシカ

アマミセイシカ

久しぶりに神屋ウォーキングツアーに行ってきました。

アマミセイシカがどうかなと探してみましたが、残念ながらピークは過ぎたようで、日当たりがいい場所ではほとんど散ってしまい、山陰にあたる崖下などで散り始めのところでした。

林道の一番奥、住用ダムから沢へ降りてみると、沢沿いの急斜面に満開のアマミセイシカがありましたが、これも風が吹く度に花が次々と散ってしまっています。

他には満開のオオシマウツギ、昨年まで確認してなかった路肩にギンリョウソウ、場所によって満開だったりつぼみのギーマ、そして赤くておいしい実をつけてくれていたリュウキュウバライチゴと、楽しめました。

残りの写真はFacebookのアルバムでどうぞ。下のアルバムの他に2つのアルバム(モダマの森の中のウジルカンダ、新緑の和瀬)も掲載していますのでご覧下さい。

 

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

32人の購読者に加わりましょう

LINEで友だち追加

下記QRコードかID:@knamamiで友だち追加するとブログ更新情報をLINEにお届けします。

し~ま


▲このページのTOPへ