季節外れのイジュの花

イジュの花

イジュの花

マングローブカヌーの帰り道にモダマとフナンギョの滝へ寄り道しようと奄美市住用町東仲間集落の手前の道路脇にイジュの花が咲いていました。

実はこれが最初ではなくて昨年末から島内のあちこちで咲いていたのは見つけていたのですが、かなり高い場所であったり、道路から遠く離れていたので撮影できませんでした。

この木は幼木というほどではなくて高さは3mほど。開けたところにあるためか、下のほうにも枝がって、ちょうどいい高さで花が咲いていました。

ということは、幼木かどうかも関係なく、場所も関係なく、狂い咲きしているようです。通常は5月初旬に咲く花。どうして今シーズンはこれだけ長い期間狂い咲きしてるんでしょうか。不思議です。

ついでにお知らせ。ガイドブックのページに「地球の歩き方 奄美大島」を追加しました。

Send to Kindle

オオシマウツギが咲き始めました

オオシマウツギ

オオシマウツギ

朝から快晴、そして穏やかな南風。午後からのマングローブカヌーツアーに出かける頃は気温も上がり、Tシャツで行ってきました。

ここ数日の暖かさで山はどんどん新緑に覆われてますが、マングローブの帰りに立ち寄ったフナンギョの滝への林道沿いではオオシマウツギが咲き始めていました。

近くではホウロクイチゴも咲きだしています。来週頭は少し寒の戻りがあるようですが、春は加速しているような気がします。

ツアーの様子はツアー紹介ページにそれぞれアルバムを設置してアップしていますのでご覧ください。

ここにも3月のマングローブカヌーの様子を張っておきます。

あわせてFacebookもご利用ください。

Send to Kindle

マングローブ河口の山は新緑、そして夏鳥の声

マングローブ河口の山は新緑

マングローブ河口の山は新緑

2日前の朝、玄関を出た途端に何か空気が昨日までとガラッと変わった感じがしました。気温というより肌に当たる空気が暖かくなったかんじです。

お天気は今朝まで雨続きでしたが、気温もあがり、今日の午後からのマングローブでは住用川河口近くの山はご覧の新緑です。

メイン水路の奥まで入ってのんびりしていると、さらに奥から鳥の声、まさか!?と思っていると、もう一度聴こえてきたのは間違いなくサンコウチョウの声。夏鳥の声です。

カヌーを漕ぎだす時には頭上で冬鳥であるサシバの声が聞こえたのですが、ちょうど冬鳥と夏鳥が入れ替わる時期なんですね。

アカショウビンの声ももうすぐかな?

Send to Kindle

奄美群島イベントカレンダー「さばくる」

メニューに「カレンダー」としてGoogleカレンダーを使った「奄美カレンダー」なるものを設置していましたが、奄美群島イベントカレンダーとして「さばくる」というサイトが充実しているので、リンクすることにし、「奄美カレンダー」は廃止しました。

運営は奄美群島情報サイト「しーま」さんです。投稿された情報を編集部で確認して登録する方式をとってるようです。

 

Send to Kindle

タブノキの新芽と花

タブノキの花

タブノキの花

昨日はあいにくの雨でしたが湯湾岳コースへ行ってきました。

アランガチの滝へ行こうとすると、川沿いの対岸から張り出したタブノキの枝先に新芽と花が咲いていました。

いつもは頭上で咲いているので、なかなか見れないのですが、可愛い花です。

地元新聞でリュウキュウハナイカダの花が紹介されていたのですが、湯湾岳7合目(宇検村側)の展望台への遊歩道沿いでは、まだ蕾(というか新芽が開きかけ)でした。また、カンアオイも蕾だけで開花はもう少し先のようです。

他の写真はツアーの「アルバム」およびFacebookでご覧ください。

Send to Kindle

加計呂麻島ではオキナワチドリが咲き出しました

オキナワチドリ

オキナワチドリ

久しぶりにカケロマ島散策コースで加計呂麻島へ行ってきました。

1月末に古道の視察に行きましたが、ツアーとしてはちょうど2ヶ月ぶりです。

ちょうど前日にkakeroma.comさんがFafcebookで”オキナワチドリが咲き始めてますよ”というので、安脚場戦跡公園へ向かうと、公園へ登る道路沿いでたくさん咲いていました。

いちばんのオキナワチドリのお花畑が砲台跡の広場です。写真のオキナワチドリも、その1箇所の群落で、よく見ると芝生の間からたくさんの蕾が頭をもたげていました。

この場所を歩くときには注意してくださいね。

他にはビロードボタンヅルやリュウキュウウマノスズクサも。

何より前日まで雨、そして翌日も雨の予報という中、奇跡の晴天となった1日。楽しんでいただけたようです。

他の写真はツアー紹介の「アルバム」やFacebookにてご覧ください。

Send to Kindle

ホエールウォッチングが盛況のようです。(リンク集更新)

アクアダイブコホロさんブログでは連日ホエールウォッチングの様子が掲載されています。

今日はFacebookでコホロさんのツアーで古仁屋のウェブ・映像作成のiLandさんが撮影したクジラのブリーチのYouTubeビデオが紹介されていました。こちらです。

奄美大島では数年前からダイビング業者を中心に「奄美クジラ・イルカ協会」という集まりで、島の周辺でのクジラの出現データを収集していて、そのデータを元にかなりの確立でクジラが観察できているようです。上記協会のサイトにはホエールウォッチングを実施している業者さんのリンクもあります。

このサイトの「リンク集」に上記協会を含めて自然関連団体のリンクが無かったので追加しておきました。他にも少しだけ情報更新しています。

Send to Kindle

宮古崎つつじウォーク、タイワンヤマツツジの復活を

宮古崎ツツジウォーク

宮古崎ツツジウォーク

大和村国直が元気です。

先日は地元新聞でも紹介されていましたが、地元の方々が色々と体験型ツアーを企画されていて、より大和村国直を知ってもらおう、訪れてもらおうと努力しています。(詳しくは「島魚・国直鮮魚店」をご覧下さい。)

そして、そういった国直を元気にする活動の原点といってもいいかもしれませんが、「第6回 宮古崎つつじウォーク」が3月8日に行われます。

宮古崎は大和村の思勝湾の右側、国直集落の先に突き出た岬ですが、このイベントは単に宮古崎を散策しましょうといだけでありません。

この宮古崎は奄美大島の中でも珍しく熊笹で覆われた岬で、かつてタイワンヤマツツジがたくさん自生して鮮やかな赤い花が岬を染めていたそうです。しかし、盗掘によってその数を減らしてしまいました。

このイベントは国直集落で増やしたタイワンヤマツツジの苗を参加者全員で植えて、かつての宮古崎の景色を復活させようという趣旨で行われています。

奄美大島の中でも特異な景観を持つ岬、そして、その岬をかつての姿に蘇らせる活動に参加してみませんか?

 

Send to Kindle

湯湾岳、リュウキュウミヤマシキミ開花

リュウキュウミヤマシキミ

リュウキュウミヤマシキミ

昨日はほぼ1ヶ月ぶりに湯湾岳へ行ってきました。

朝から気持ちいい青空が広がり、もう終わってしまったかなと思いながら立ち寄ったハイビスカスロード(奄美市住用町から宇検村への道路)沿いのヒカンザクラはなんとか間に合いました。

7合目から登ってみるとユワンツチトリモチはもう終わりでしたが、昨年末から硬いつぼみだったリュウキュウミヤマシキミがようやく咲き始めていました。1月頃にたくさんみかけたコウショウノキの花も少し残っています。

帰り道の大和村・フォレストポリス、水辺の広場のサクラもちょうど満開でした。

青空の下の風景や花々は以下のギャラリーでどうぞ。

これまで通り、Facebookページにも掲載しています。本ブログよりも先に写真を掲載することが多いのでチェックして下さいね。

Send to Kindle

知名瀬のスモモが咲き始め

スモモ

スモモ

金作原原生林へ向かう農道沿い、奄美市名瀬の知名瀬集落奥のスモモ畑では花がポツポツと咲き始めていて、つぼみがたくさんあるので、旧正月(2/18)を過ぎて暖かくなったら一気に満開となりそうです。

Send to Kindle

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ