ヒカゲヘゴをパノラマで

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴ

台風11号が過ぎた後、すっきりと青空とはいかず、雨が降ったりやんだりの連続でしたが、今朝の金作原原生林は晴れてくれました。

写真はメインスポットのヒカゲヘゴです。上下のコントラストがおかしいのはスマホの標準カメラでパノラマモードで撮影したためです。

スマホはAndroid(F-01F)で、標準カメラにオプション機能としてパノラマモードがあります。通常は横にパノラマ撮影するのですが、オート回転を停止して縦にパノラマ撮影してみました。

下からずーーと見上げていくと全体としてこんな感じです。

他にも撮影していますので、金作原原生林のFacebookページでご覧下さい。

Send to Kindle

バニラエアが来年3月まで飛ぶよ!

明日のネタにとっておこうかとも思ったのですが、あまりに嬉しいので。

バニラエアが冬期スケジュールをサイトに掲載、その中に奄美大島路線もちゃんとあります!

Vanilla Air:バニラエアの冬期運航スケジュール(10/26以降ご搭乗分)、8/9より販売開始!

コミコミバニラが7,000円~、シンプルバニラが5,500円~。

ページを見ると下の方に気になる記述があるので見てみました。

Vanilla Air:「シンプルバニラ」運賃ルール変更のお知らせ

手荷物の扱いが変更となって「シンプルバニラ」が現在のものよりも安くなるようです。

Facebookで知ったのですが、すでにコメント欄では奄美大島から成田経由で北海道へ、なんていう話題も出てきてます。

Send to Kindle

高解像度降水ナウキャスト

以下のブログ記事で知ったのですが、気象庁のサイトがより精度の高い降水情報ページを提供開始しています。

OCTBA:ゲリラ豪雨の予報も精度アップ!気象庁が「高解像度降水ナウキャスト」提供開始、スマホからも確認可能

従来の「降水ナウキャスト」は、降水域の分布を1km四方で予測していましたが、新たに提供を開始した「高解像度降水ナウキャスト」では、5分ごとに30分先まで、250m四方の細かさで予測します。

「高解像度降水ナウキャスト」http://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

昨日のニュースとかでも流れていましたが、より細かい(つまり高解像度なんですね)降水情報が提供されてます。

上記ブログにありますが、さらに便利なことに、自分のエリアを記憶させることができ、他にも色々設定が可能。

手元の環境で確認しましたが、PCだけでなくAndroidでもiPadでも使えました。(なお、ブラウザはすべてChromeです。)さらに、Androidでは「高解像度降水ナウキャスト」のページをホームへアイコンとしておけるので、アプリのように呼び出すことも出来て便利です。iPad(iOS)でできるかどうかは不明ですが・・・・

奄美大島では記事にあるような「ゲリラ豪雨」ではなくて、夏の間は普通にスコールのような局所的な雨が多いので、スマホあるいはタブレットに設定しておくと便利ですよ。

Send to Kindle

リュウキュウハグロトンボ

リュウキュウハグロトンボ

リュウキュウハグロトンボ

昨日は久々に湯湾岳コースへ行ってきました。

台風12号の影響がまだ残っていて、スタートしたばしゃ山村さんから島の南部を見ると分厚い雨雲がかかっていました。

ところが住用町のマングローブ原生林に寄り道して車降りるとそれまでの雨が止んでます。その後もアランガチの滝やその手前のガジュマル、昼食後に向かった湯湾岳の7合目と9合目、そしてマテリヤの滝と雨が降らないだけではなくて、最後には青空に強烈な夏の日差しとなりました。

写真はマテリヤの滝でじっとしてくれていたリュウキュウハグロトンボです。夏場、水辺に見れるトンボですが、マテリヤの滝周辺は特に多いです。

台風12号の影響で林道はあちこち崩れていました。台風11号の進路が心配ですが、台風後は道路が崩れていることが多いので、安易に林道へ車を乗り入れないようにお願いします。

Facebookページにはこの日の写真をたくさん掲載しています。また、一昨日(8/2)の晩に行われた奄美まつりの八月踊りの写真や動画も掲載しています。御覧下さい。

Send to Kindle

台風11号に注意!

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴ

台風12号は暴風圏も無く、かなり遠くを通るので影響が少ないと油断をしていたら沖縄本島を過ぎてから暴風圏が出来て、さらに東寄りに少し進んだというのもあって、昨日(8/1)は前日のお昼に収まった風雨が明け方からだんだん強くなり、今日の早朝の返しの風もかなり強かったです。

準備できていなかった方も多かったようですね。ちょっと珍しいパターンでした。

午前中に金作原原生林への林道をチェックし、午後からはツアーを催行しました。一部、強風が当たって枝が折れたような場所もありましたが、ご覧のようにメインのヒカゲヘゴもほとんど影響を受けていませんでした。

ですが、安心できません。台風11号が後を追うように琉球列島に向かってます。しかも、大きい。予報では5日に琉球列島のはるか南にある段階で930hPaと非常に強い台風となっています。

台風情報は以下の情報を参考にしています。

台風予想進路図(気象庁発表)
気象庁が発表する3日先までの予報です。ほぼ3時間毎に更新されています。
米国海軍研究試験所:台風情報
NRLが多分米軍海軍研究試験所だと思います。太平洋の台風は左メニューの”West Pacific”、今回の台風11号は”11W.HALONG”です。
気象庁:防災情報
この中の台風情報です。気象衛星の地域を4分割(北西)とすると台風11号の目がくっきりとしているのがよくわかります。

こういった情報をこまめにチェックしましょう。テレビから流れる台風情報だけに頼っていては間に合いませんよ。

Send to Kindle

台風により奄美まつり日程変更

奄美まつりの提灯

奄美まつりの提灯

毎年、8月の第一日曜日が最終日となるように開催されている奄美市の夏祭り「奄美まつり」が今日から開催となり、当社事務所前の支庁通りも写真のように提灯がセットアップされています。

しかし、今年はどうやら台風の多い年のようで、今月は既に台風8号がかすめていきましたが、台風12号が琉球列島に近づいていて、まだ沖縄の南にあるというのに昨夜からかなりの強風と雨です。提灯も風で煽られています。

奄美まつりの日程も早々と変更が決定しました。奄美市のホームページによると、1日に予定されていた「花火大会」が4日に、2日に予定されていた「舟こぎ競争」が16日に変更となっています。2日に予定されている八月踊りは悪天候の場合、例年ですと延期ではなくて中止となる可能性が高いです。

気象庁の台風情報によると、12号の後ろからは11号が追いかけてくるようです。しばらく注意が必要です。

Send to Kindle

桜の根から芽

根から出た新芽

根から出た新芽

昨日は約2ヶ月ぶりに加計呂麻島へ行ってきました。

快晴の元、なるべく大きく廻りたいというお客さんのご希望でしたので、渡連で昼食の後、スリ浜・呑ノ浦・瀬相経由で西阿室・花富経由で於斉・佐知行経由で諸鈍、そして生間というコースです。

写真は呑ノ浦の島尾敏雄文学碑にあるヒカンザクラ。

硬い地面の上をヒカンザクラの根も地表を這っているのですが、よく見ると根から新芽が出てるんです。たくましいです。

加計呂麻島に渡る前の高知山含め、Android携帯のカメラのパノラマ機能を使って写真を撮影してみました。Facebookのアルバムでご覧下さい。

Send to Kindle

快晴のマングローブにメヒルギの花

メヒルギの花

メヒルギの花

今日の満潮は朝の7:58で干潮が13:27。

ということで午前中にマングローブカヌーへご案内してきました。急いで漕ぎだしたのですが、今日は大潮なのでグングンと潮が引いて行き、メイン水路に入るもやっと。

後半は1番先端へ行き、干潟に上陸してシオマネキや水路を徒歩で散策しました。

写真は徒歩で散策できたから撮影できたメヒルギの花。

いつも撮影したくてもカヌーの上ではちょっと無理です。

Facebookページにはその他の様子の写真もアップしてます。

Send to Kindle

コクトくんトートバッグ、出来ました

トートバッグ奄美市公式キャラクターのコクトくんとロビンちゃんを使ったトートバッグを作りました。

間には奄美デザイン企画さんから頂いたI Love Route 58。2つのパターンをそれぞれ使い2種類作りました。(プリントは片面だけです。)

サイズは幅30cm、高さ36cm、奥行き14cm。取手は45cmあるので肩にかけることもできます。

素材は厚みのあるポリエステルの生地なので耐久性に優れていて、内側はPVC加工されているので防水性もあります。

買い物バッグに使えますし、耐水性があるということでお子さんの水着や運動着入れにどうでしょうか。

販売は当面、当社事務所のみの販売で税込み2300円です。

Send to Kindle

ハマボウの花

ハマボウ

ハマボウ

13日の梅雨明け以来、連日ジリジリと焦げそうな強烈な日差しと局所的な土砂降りが続いてます。

強い日差しの下、マングローブでは写真のハマボウが涼し気な黄色い花を咲かせていました。

マングローブカヌーツアーでは細い水路に入ると木のトンネルで木陰になるのでいいのですが、それ以外の場所は隠れる場所の無く、容赦なく日差しが照りつけます。

暑いから半袖・短パンがいいかというと、奄美の夏の日差しでは、かえって肌を露出すると熱いというより”痛い”です。

ですので、できるだけ肌を露出しない服装がいいでしょう。また、帽子は風で飛ばされないように、意外と盲点なのが首の後ろです。帽子や長袖でしっかり日差し対策をしていても、首の後ろがむき出しだと日焼けしてしまい、体調を崩すことが多くなります。タオル等で覆うようにしたほうがいいでしょう。UVカットしてくれるサングラスもあったほうがいいです。

また、バドル(カヌーを漕ぐ道具)を持ち上げる際に自分に、あるいは船内に水を入れてしまうことも多く、汗で濡れるということもありますが、着替えは準備しておいたほうがいいでしょう。足元も使い慣れたサンダルがあればいいです。(サンダルはツアー参加時にお貸しすることもできます。)

直射日光があたるときついですが、木陰に入ると水面を涼しい風がわたってきます。快適ですよ。

ちなみに暑いといっても気象庁が発表している連日の奄美大島の最高気温は31度から32度ほど。奄美へ避暑にどうぞ!

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ