絹の女弦を少し太く

この記事は「奄美の三味線に絹の弦」の続編です。

鳥羽屋さんから届いた糸を早速、三味線に張ってみましたが、翌朝見てみると女弦が糸かけの結び目で切れていました。

実は糸かけの結び方は我流でしたので、ちょっと調べてみると簡単でさらに確実な方法がありました。例えばこちらです。

しかし、数日後に三味線教室へ持ち込み弾いていると、こんどは糸くりの途中から切れてしまいました。これは強度不足のようです。

鳥羽屋さんにご報告&ご相談したところ、最初のものよりも少し太めの単線(実は単線ではなく片撚り絃、和三味線の三の糸だそうです)と、奄美三味線の女弦と同じ太さの撚り線(四子撚り、和三味線の二の糸)を送ってくれることになりました。

奄美の三味線の女弦はテトロンの単線ですが、もしかすると、単線というのはテトロンでは太くなるので単線というだけで、太さによっては撚り線もありですし、撚り線のほうが強度があるかと考えて鳥羽屋さんにご相談したのです。

台風11号で届くまでに時間がかかりましたが、2日前にようやく届き、早速、張ってみました。

ちなみに、中弦と男弦はこの間ずっと使っていましたが、音程も安定してますし、切れることも傷ついている様子もありません。

まずは少し太めの単線を使ってみました。新しく張った女弦は、張った当日はまったく安定せず、少し引くたびに延びるのでしょう。音程が下がります。

しかし、翌日には安定しました。3分ほど弾いてもほとんど下がりません。
ちなみに音程の高さはシマ唄での5、和楽器調子笛では10、F#です。

こちらが新しい女弦を張って演奏した「朝花」です。


練習中にふと気づいたのですが、小さな音で弾いても音が響くような気がします。そう思って最初は強めに、後半を弱めに弾いてみた「行きゅんにゃ加那」です。

 

いかがでしょう。演奏の下手さはおいておいて、音色です。

もう一つ気づいたのは、弾いている時に指に当たる感触が柔らかいこと。なかなかいいですよ。

もうしばらく使い込んでみます。切れることがあれば、今度は撚り線をつかってみます。

Send to Kindle

週末はゾンビ台風12号に注意

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴ

一度は熱帯低気圧になった台風12号が復活し、さらに西へと進路を向けています。

一昨日から1日毎に進路が西へと変わり、昨日の予報では奄美大島直撃、今日の予報ではさらに西へと進み、奄美大島の南を通過する予報となっています。

今後も進路が変わるかもしれませんが、いずれにしても週末は台風12号に要注意です。

写真は台風前の快晴となった金作原のヒカゲヘゴです。

Send to Kindle

大浜海浜公園行きバス、夏休み中運行(情報更新)

市役所前大浜行きバス時刻表

市役所前大浜行きバス時刻表

奄美市名瀬の市街地から車で10分ほどにある大浜海浜公園ですが、いつもは路線バスは運行していません。市街地のバスは本数が多いのですが、大浜海浜公園入り口のバス停は平松町の先で大和村方面へのバスしか停車しません。本数が少ないです。また、山道を登ったところにあり、ここから大浜海浜公園へは坂道を歩いて降りていく必要があります。

でも、夏休み中は子どもたちが海水浴へ行けるように、ということで大浜海浜公園行きのバスが運行しています。

しまバスの運転手さんのブログで告知されていましたが、残念ながら時刻表はブログにもしまバスのホームページにも掲載されていませんので、取り急ぎ、当社事務所前、市役所前バス停の時刻表を掲載しておきます。しまバスの運転手さんのブログに時刻表が掲載されました。

しまバスさんのサイト時刻表乗り換え案内が掲載されました。

しまバスさんにはせめて乗り換えとなる平松町と大浜海浜公園の時刻表をネットでも見れるようにリクエストしましたのでしばらくお待ち下さい。追って更新します。

Send to Kindle

奄美大島探検図 Vol.35配布開始

Vol.35

Vol.35

奄美大島探検図、最新号のVol.35 2015年夏号が出来上がりました。

台風11号の影響もあって週明けになってしまうかと思っていましたが、なんとか夏休み前ぎりぎりで届きました。

PDF版はさきほど奄美大島探検図で公開しました。

これから配達に廻ります。

Send to Kindle

ようやく梅雨明け

クワズイモとヒカゲヘゴ

クワズイモとヒカゲヘゴ

昨日、奄美地方はようやく梅雨明けとなりました。例年より16日遅い梅雨明けです。

といっても奄美大島以南はとっくに明けていたとおもうんですが。森の中は気持ちいい風が吹き抜けていました。

Send to Kindle

フナンギョの滝へは徒歩で

フナンギョの滝

フナンギョの滝

午後からのマングローブカヌーツアー、満潮の時間が少し遅いので先にフナンギョの滝へ行ってきました。

奄美市住用町の川内集落内を通りしばらくいくと舗装路が終わり、未舗装の林道に入りますが、林道の入り口に先日までは無かった、「通行止め フナンギョの滝へは歩いて行けます」の看板が設置されていました。

念のため、車を停めて歩いてフナンギョの滝へ向かうと以前よりかなり未舗装の道が荒れてます。これは普通乗用車で入るのは無理でしょう。

歩き始める時にフナンギョの滝の上部が少し見えるのですが、その左側の山が崩れているように見えます。

滝の下から見上げると写真のように滝の左側(写真で中央)の上のほうから山が崩落していました。下の岩場も左側に崩れたような形跡があり、滝の水が飲めるように設置されていたパイプも無くなっていました。

滝周辺には車をUターンするようなスペースは少なく、路面の状況も悪く、石も散乱していますので、くれぐれも車で滝まで行かないようにしてください。

今年の夏の台風等でさらに崩れることがなければいいのですが。

Send to Kindle

奄美の三味線に絹の弦

続編もどうぞ、「絹の女弦を少し太く

はじめに

当社(観光ネットワーク奄美)では、奄美の自然だけでなく、文化や歴史についてもご案内していますが、管理人個人の趣味も兼ねて奄美の民謡である「シマ唄」もご案内しています。

この記事は、そんな管理人の素朴な疑問、”奄美の三味線の弦は昔は何だったのか、そして、今の弦が黄色で化学繊維なのは何故か”と、以前から思っていたところに、Facebookで蚕の話題を見かけたところから始まったお話です。

そして、最終的に今の奄美では使われていない、絹の弦を手に入れることができました。
その音がこちらです。(プレイボタンは左端にある三角マークです)


そして、一般に使われている化学繊維の弦の音がこちらです。


どちらも同じ三味線、竹バチを使っています。

それほど徹底した調査ではなく、ネットでの検索、メイルでの問い合わせ、個人的な体験や蔵書からの調査結果です。まだまだ推測の域を出ず、勘違いの部分もあるかもしれません。
間違い等があればご指摘下さい。また、もし、他の情報をお持ちの方は是非お願いします。 more

Send to Kindle

台風11号に要注意

折れた枝

折れた枝

台風9号は沖縄本島と宮古島の間を抜けていくようで、奄美市名瀬でも場所によって昨夜はかなり風雨が強くあたりました。

午前中も金作原原生林ツアーを予定していたので、念のために先に林道チェックへ行ってみると、心配したほどではありませんでしたが、写真のように折れた枝が林道に落ちている場所もあり、この周辺では立ち枯れた松が強風に揺られていて、いつ倒れてもおかしくないような状況でした。

台風三兄弟の末っ子、11号がそのまま北上していくかと思っていたのですが、なにやら西に向かってきそうです。

気象庁の台風5日進路予報を見ると・・・・、昨夜と予報が変わってますね。どうやら進路が不安定なのかな。しかし、数日は要注意です。

Send to Kindle

台風三兄弟

メヒルギの花

メヒルギの花

十島村も気象庁の区分けとしては「奄美地方」ということで、奄美地方はまだ梅雨明けしてないことになっていますが、早くも南の海では台風発生。それも3個も。

確か、昨年も早めの台風襲来で、ようやく梅雨明け宣言したのでした。

今朝のマングローブカヌーでは、梅雨時期の降り方ではなく、夏の雨。トンネルを抜けるたびに降っていたり、降ってなかったり。カヌーを漕いでいても、ザァーと通り雨が何度もやってきました。

夏の花であるメヒルギの花も咲いてました。(カヌー上から片手でスマホ撮影なのでピンぼけです。すいません。)

気象庁の台風情報サイトによると台風9号が沖縄から奄美群島に進んできています。気象庁の5日後の進路予想を見ると、米軍の予報と同じく9日から10日かけて奄美大島を直撃!予想と進路、外れてくれないでしょうか。

今後の台風の動きに注意が必要です。複数の台風が影響しあって、予想が変わり易くなるような気がします。

Send to Kindle

十島村・口之島へ行ってきました

コウとガジュマル

コウとガジュマル

一昨年から「十島村・奄美大島間観光交流人口促進事業」に関わっていて、十島村の島々を視察に行きましたが、3年目の今年は残り2島、口之島と平島に視察に行く予定となっています。

奄美大島探検図の作業中であるのですが、なかなか行く機会がない島々ですので、無理をいって6月30日から7月1日の2泊3日に日程で口之島へ行ってきました。

前日まで口之島から屋久島にかけて雨を降らせていた梅雨前線が、口之島へ向かうフェリーと入替るように南下して奄美大島へ。おかげで口之島へ向かう途中はかなり揺れましたが、口之島では快晴!とはいかないものの、雨はほとんど降りませんでした。

フリイ岳や横岳など見晴らしのいい場所もご案内いただけたのですが、残念ながら曇り空、あるいは霧の中でした。

写真は集落内の湧き水、コウと呼ばれるところです。集落の中心になります。

予想以上に見どころの多い島で、特にセランマ温泉の施設と泉質の良さにびっくりしました。集落から車で20分ほどですが、2年ほど前に新しく施設と作りなおしたそうで、きれいな施設でした。

さらにびっくりしたのが、温泉から海岸への遊歩道沿いのガジュマル。Facebookページにアップしていますので、是非、ご覧下さい。

十島村、最北端の口之島までは奄美大島名瀬からフェリーで約10時間。往復するにはちょっと遠いでしょうか。しかし、口之島から鹿児島までは約4時間ちょっと。鹿児島からの下りは夜中から明け方ですが、口之島から鹿児島へはお昼すぎから夕方にかけてです。
奄美大島から鹿児島間のフェリーは往復共に夜中ですから、口之島から鹿児島へ行くことで、昼間の海、屋久島や錦江湾を昼間見ることができます。
奄美大島から口之島へトカラの島々を見て、口之島で一泊、そして鹿児島へ、という旅もいいんじゃないでしょうか。

口之島へ行っている間、南下した梅雨前線が奄美群島で大雨を降らせたようですが、口之島から奄美大島へ向かう時には梅雨前線が北上。口之島を出発した後に諏訪之瀬島・口之島は大雨だったようですね。

 

セランマ温泉から海へ遊歩道があります。川の流れで一部崩れていますが、その途中にあるガジュマルが見事!

Posted by 観光ネットワーク奄美 on 2015年6月30日

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ