2週連続、今度は台風19号(観光施設休館情報も)

台風養生

台風養生

先週末の18号に続いて、今週末は台風19号。

写真のように2週連続で事務所は台風養生となりました。

一時は900hPaととんでもない規模の台風で、奄美大島直撃コースでしたが、当初のコースより西に寄り、この後、沖縄本島を直撃して東シナ海に抜けて、奄美大島の西の海上を北上するようです。

気象庁の「解析雨量・降水短時間予報」による台風の北の方に雨雲が集中しているようで、このままだと、奄美大島に雨雲がかかるということは少なそうです。とはいえ、島の西を通る時には風がかなり強く当たるので注意が必要です。

同じ奄美市でも、自宅の朝仁新町は昨夜からずーーと強風の音が響いていて、今朝の台風対策作業は出来ないんじゃないかと思うぐらいでした。幸い事務所のある幸町エリアはまだ風が当たっていないので作業ができました。

予報では明日から明後日にかけて東へ曲がりながら進んでいくので風雨が強い時間がかなり長くなりそうです。

観光施設も昨日の段階で休館・閉園のお知らせが届いています。

・奄美海洋展示館、11日(土)午後からと12日(日)終日は臨時休館

・奄美博物館,歴史民俗資料館,宇宿貝塚史跡公園は 10/11(土)午後~13日(月)午前まで臨時休館

・奄美体験交流館、■10月11日(土)、12日(日)→閉館 ■10月13日(月)→開館

・黒潮の森マングローブパーク 10月11日(土)~12日(日) 休業
※ホール、トイレ、休憩所は利用可

・奄美パーク 10月11日(土)~12日(日) 閉園

・タラソ奄美の竜宮 10月12日(日) 休館
(状況によっては11日(土)も休館になる可能性有り)

Send to Kindle

2年ぶりにモダマの莢が出来ました

モダマの莢

モダマの莢

奄美市住用町東仲間のモダマ自生地、2年前の夏に台風15号で大きなダメージを受けてから実がつくことがなく、おおきな莢も見ることは出来ませんでした。

少しづつですが回復してきたモダマ自生地ですが、昨日、ガイド仲間がFacebookにモダマが出来てるよと投稿があったので、今日のマングローブカヌーツアーの帰りに立ち寄ったところ、久しぶりに莢が出来ていました。確認できたのはこの1つだけですが・・・

まだ種は大きくなった無いのでペラペラの状態ですが、これから大きくなってくれるでしょう。

ところが心配なのが台風19号。奄美大島直撃コースをとっています。またちぎられなければいいのですが。

Send to Kindle

(11/20)ユニーバーサルツーリズムセミナー in 奄美

ユニーバーサルツーリズムセミナー in 奄美

ユニーバーサルツーリズムセミナー in 奄美

(追記:締切が11月7日に延長されました。サイトはこちら

11月20日に奄美市名瀬にある大島支庁にて、鹿児島県・公益社団法人 鹿児島県観光連盟の主催で「ユニバーサルツーリズムセミナー IN 奄美」として「ユニバーサルツーリズムに対応したバリアフリー観光地づくり」が開催されます。

受講料は無料ですが、事前申し込みが必要です。右画像のパンフレットPDFの2ページ目に記入の上、ファックス(10月10日必着)でお申込み下さい。定員80名で、定員に達し次第締め切ります。

基調講演は日本バリアフリー観光推進機構 理事長の中村元さんです。

日本バリアフリー観光推進機構というのはどういうのかと調べてみました。

ホームページはこちらで、「全国バリアフリー旅行情報」というサイトを運営されています。日本バリアフリー観光推進機構と「バリアフリーの旅」については上記サイトからリンクされている「旅バリ」という冊子(PDF)が詳しく、今回のセミナーでもこの冊子を一読しておくといいかもしれません。

上記サイトを見ると、残念ながら鹿児島県ではまだ情報がありません。

しかし、検索してみると今回のセミナーのパネルディスカッションのパネラーのお一人、喜井さんの「かごしまバリアフリー相談センター」のサイトがありました。奄美大島の情報も一部ですが掲載されてます。

Send to Kindle

次は台風19号(Google災害情報マップ)

台風18号は奄美大島でも一部の集落で屋根を飛ばしたり、かなりの広い地域で停電となり、今日の午前中にようやくすべての停電が復旧したようです。

今朝は金作原原生林と原生林への林道の影響を調査&林道の清掃に行ってきましたが、さほど大きな影響はありませんでした。

天気が回復したのもつかの間、台風19号が18号に似たような進路で琉球列島に向かっていて、今週末は再び台風対策が必要そうです。

台風情報については気象庁米軍の予報などをご紹介していましたが、Google災害情報マップというページも便利そうです。

チェックして早めの対策を。

Send to Kindle

新しくなった大熊展望公園

大熊展望公園

大熊展望公園

先月、奄美市名瀬の大熊から有良・芦花部へと抜ける山道の途中にある大熊展望公園が新しくなり、10月から利用可能という記事をネットか地元新聞かで見かけていたので、なにもこんな日に行くこともないのですが、台風18号の波がどんだけ名瀬湾に当たっているのかも見たくて行ってきました。

以前は写真左のガジュマルの木に木製の階段と展望台が設定されていましたが、一部腐食して危ない状況でした。

今度は盛り土をしてガジュマルの隣、以前の展望台よりは少し低いのですが、ゆったりと東屋もベンチも設置されて安全に見学できるようになってます。

また、駐車場からは車いすの方も利用できるようにスロープが設置されていました。

さて、台風18号はこの後、今夜から接近、明日の朝未明からお昼ぐらいに奄美大島の東を通過していきます。
現時点で街なかはそんなに風を感じなかったのですが、海沿いではかなり風が吹き付けてきていました。要注意です。

Send to Kindle

今週末は台風18号に注意!

台風16号が予想よりも奄美大島を大きく離れた場所を通過して、これでもう台風も終わりかなと思っていましたが、10月に入り、台風18号が発生して西へと進んでいます。

気象庁の予報によると、5日夜から6日かけて奄美大島に再接近するようです。

5日には南大東島を通過、935hPaとかなり大きな台風なので注意が必要です。

ところで、台風16号の時もそうだったのですが、米軍の予想(左のメニューWest Pacificの18W.PHANFONEをクリックシて下さい。)では気象庁の予報よりも東寄りを通るとなっていて、かなり気象庁の予報と違います。

台風16号の時には結果的に米軍予想の通りとなったのですが、今回はどうでしょうか。できれば米軍予想のほうに進んでくれるといいのですが。

いずれにしても今週末にかけて注意が必要です。

Send to Kindle

クモの季節

オオジョロウグモ

オオジョロウグモ

今朝の金作原原生林で撮影したオオジョロウグモです。

これから秋は、このオオジョウロウグモを始め、色んなクモがあちこちにたくさん網を張り、冬の産卵に向けて一生懸命餌を採ろうとしています。

これからの季節は特に海岸線沿いが多いのですが、道路沿いの電線の間にたくさんのクモが巣を張っています。それだけ昆虫も多いということなんでしょうが、そのクモもまた鳥達の餌となります。

オオジョウロウグモは奄美大島以南の南西諸島に生息していて、撮影したこの個体も10cmほどの大きさがありましたが、過去には昆虫ではなくてシジュウカラを捕食している例もあるようです。

Send to Kindle

マングローブでハブ!

マングローブ樹上のハブ

マングローブ樹上のハブ

今日は午後からマングローブカヌーへのご案内。

台風16号の影響で昨夜から明け方にかけて雷が轟いていたので、どうなるかなと思いながらでしたが、現地についてみるとパラパラと小雨が時折降るものの大丈夫でした。

潮の上がりが遅いので先にメイン水路へ入っていきました。

お客さんの先頭を進んで行くと、ふとゾワッという感じがするので見上げてみると何かいます!ヤツです。ハブです!

通常、餌となるカエルやネズミが居ない場所にはハブは居ません。マングローブは当然、カエルもネズミも居ませんからハブもいるはずは無いのですが、大雨の後は流されたハブが居る場合もあると聞いたことはありますが、実際に見たのは初めてです。

大雨で流されて満潮になり地上を進むこともできずに樹上に登ったのでしょう。

樹上のハブの拡大

樹上のハブの拡大

場所はマングローブメイン水路のほぼど真ん中、それも水路のほぼ中央に突き出た枝です。

よく見ると尻尾の部分を枝に絡めて、しがみついているようにも見えます。

とは言っても、これがカヌーの上に落ちては大変です。といって、ハブがいるから注意とお客さんに言うとパニックになる恐れもあるので、静かに横を通るように案内、他のツアーの団体もすぐにやってきたので、ハブのことは教えずに誘導しましたが、不審に思われたかもしれません。

マングローブ茶屋さんに電話連絡したところ、ハブ捕獲棒を持ったスタッフがやってきて無事に捕獲してくました。

しかし、私達が来る直前に樹上に登ったとは考えにくく、他のカヌーツアーの方々も通ったはず。カヌーに落ちたりして被害者が出なかったのが不思議なぐらいです。

Send to Kindle

この秋、FDAチャーター便の奄美ツアーが各地から

FDAはこれまでも奄美大島へチャーター便のツアーを行ってましたが、この秋、10月・11月にかけて日本各地から奄美大島へチャーター便を利用したツアーが企画されています。

こちらで把握しているのは以下の分です。
山形県の庄内空港と広島空港が今回は初です。これを機会に一度いかがですか?

2014/10/23(木),29(水)出発
JTB:県営名古屋(小牧)空港発着 美しき南の楽園 奄美大島・加計呂麻(かけろま)島 3日間

2014/10/25(土),31(金)出発
庄内交通グループ:庄内空港発着 ふれあいツアー(PDF、3コースあります)

2014/10/27(月)出発
阪急交通社:静岡空港発着 奄美大島・加計呂麻島2島めぐり 3日間

2014/11/08(土)出発
H.I.S:県営名古屋(小牧)空港発着 FDA直行チャーター便で行く!東洋のガラパゴス 奄美大島

2014/11/21(金),27(木)出発
ひろでん中国新聞旅行:広島空港発着 チャーター便で行くイモーレ!!奄美大島3日間
Send to Kindle

諸鈍のデイゴが元気です。でも。。。。

デイゴ

デイゴ

久しぶりに加計呂麻島ツアーへ行ってきました。

ところが、いつものように11時15分の生間港行き定期船(エリザベス号)に乗ろうと港へ行き、昼食をお願いしている来々夏ハウスさんに確認の連絡をすると、11時15分の定期船は9月から廃止になったというお知らせ。えっーーーーー。まったく知らなかった。と、嘆いても仕方ないので11時40分の町営フェリー(実際には検査ドック入りなので代替船の海上タクシー)まで待ちぼうけとなってしまいました。

来々夏ハウスさんではいつものお魚の唐揚げや刺し身の美味しいランチをいただき、お客さんお二人、学生さんは約1時間海水浴。

その後、安脚場・徳浜・渡連と廻りました。その様子の写真はFacebookページのアルバムでどうぞ。

諸鈍ではAndroid携帯の縦パノラマで1番奥の1番古いと言われているデイゴを撮影してみました。どうでしょうか。是非クリックして拡大表示シてみてください。

定期船の突然の廃止ともう一つ、がっかりだったのは並木の途中にある祠のような形のデイゴが、半分朽ち落ちてしまっていました。なかなかいい写真撮影ポイントだったんですけどね。

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ