ハゼノキの紅葉

ハゼノキの紅葉

ハゼノキの紅葉

昨日も書きましたが、今シーズンは紅葉・黄葉が目立ちます。

今日撮影した金作原原生林の写真、ハゼノキは春先に新芽のきれいな場所ですが、高い場所なので紅葉している様子がなかなか撮影できませんでした。

今日はすっきりと晴天。お昼前に光の加減で紅葉している様子を撮影することができました。

今日も新芽を幾つか撮影してきました。Facebookにてご覧下さい。

Send to Kindle

森は新芽がたくさん

フカノキの新芽

フカノキの新芽

午前中は金作原原生林へ行ってきました。

昨年12月から急に冷え込んでいましたが、森の中はサクラツツジが咲きだしていますし、新芽もたくさん出てきています。

今年は1月31日が旧暦のお正月ですから、春の訪れは例年よりも早いのかもしれません。

写真はフカノキの新芽。不思議な模様です。(ちょっとピントが甘いのですがご容赦下さい。)

金作原原生林のブログとFacebookページでは他にもたくさんの写真を掲載しています。併せてご覧下さい。

Send to Kindle

クワズイモの森に野生化したパパイヤ

パパイヤの雄花

パパイヤの雄花

午後からのお客さんを迎えに北部のホテルへ向かうついでにちょっと早めに海岸線沿いの森へ行きました。

もしかしてリュウキュウアサギマダラの集団越冬が見れないかと思ったのですが、お昼前からお天気が回復して気温が下がったためか、まったくいませんでした。

しかし毎年観察しているこの場所はクワズイモが道沿いに密集していて、雰囲気のいい場所です。パパイヤも野生化していて、いい高さに雄花が咲いていました。

Send to Kindle

高知山のヒカンザクラが開花

ヒカンザクラ

ヒカンザクラ

昨日(3日)は今年初めてのカケロマ島散策コースへ行ってきました。

昨日は海上タクシーの定期船がお正月休みということで、11時40分のフェリーに乗船。時間があるので、その前に高知山展望台へ行ってきました。展望台手前の駐車場にはヒカンザクラがあるのですが、少しだけ咲き始めていました。

昨日はあいにくの低気圧通過でお昼から雷を伴った雨、という予報だったので心配しましたが、幸い降りだしたのは帰りの15:55に生間港をフェリーが出港するころから。古仁屋を出発して名瀬に到着までは土砂降りでしたが、ホテルへ到着するころにはまた雨は止み、傘はほとんど必要なくすみました。

 

Send to Kindle

2014 謹賀新年

年賀2014

年賀2014

新年あけましておめでとうございます。

ここ数年では珍しく、個人的に元旦がお休みとなり、ちょっと遅い本日のご挨拶となりました。

奄美大島は元旦から穏やかなお天気に恵まれています。

今年は今年度内ですから3月までに奄美大島をはじめ奄美群島が国立公園化される予定です。また、世界自然遺産への登録に向けた動きも加速しそうです。

本年もよろしくお願いします。

Send to Kindle

オヒルギの種

オヒルギの種

オヒルギの種

今日は午後からマングローブカヌーツアーへ行ってきました。

一昨日・昨日と冷たい雨に強烈な北風が吹き荒れていて、金作原原生林でさえ、辛い状況でしたが、今日は朝になってから風も収まり、午後には青空が広がってきました。

マングローブも太陽が久しぶりに顔を出してくれてポカポカ。

オヒルギは夏に咲いた花、ガクの中から種が成長していましたが、驚いたことに近くには咲く前の蕾がありました。これはこの後咲くんでしょうか。オヒルギの狂い咲きというのは初めてです。

ツアーの様子などは個人のInstagramにもアップしています。あわせてご覧下さい。

Send to Kindle

必見!「田中一村写生の世界展」

「田中一村写生の世界展」

「田中一村写生の世界展」

奄美大島探検図 Vol.32 2014年新春号」は出来上がったものの、印刷に出した日が遅れた関係と地図が到着した日からツアーが立てこんでいたために、奄美市名瀬の市街地の主要店舗および北部への配達までとなりました。申し訳ありません。南部については年明けに配達に周りますが、瀬戸内町古仁屋の海の駅、「半潜水船せと」(カケロマリゾート)さんの窓口には届けてあります。

北部へ配達の際に甘立ち寄った奄美パークでは田中一村記念美術館特別展「田中一村写生の世界展」をやっていたので立ち寄ってきました。(最後のリンク先のブログ記事に詳細が記載されています。)

一村の写生はこれまで常設展示コーナーに数点展示されていましたが、それらを一堂に見ることができますし、初めて見るものもありました。

特別展示に関しては入場無料です。

完成された絵では見ることのできない、一村の繊細な観察眼と下絵のラインをじっくり見ることができますよ。お近くを通る際には是非!オススメです。

Send to Kindle

ケンムンの滝へ

ケンムンの滝

ケンムンの滝

先日までの数日は雨の影響もあって少し暖かかったのですが、今日から再び冷え込んでいる奄美大島です。といっても最低気温14度ですが。

そんな今日の午前中、奄美市住用町川内にある、通称「ケンムンの滝」に行ってきました。川内集落の先、川内川の支流にあたるところの上流です。

昨日までの雨で沢が増水していることもあり、沢沿いの山道を登っていきましたが、これがなかなかの急斜面。
寒いというのでTシャツにフリース+ウインドブレーカーという格好で約30分後に滝にたどり着くころには汗だくになってしまいました。

滝の手前には沢を跨ぐゲートのような大きなガジュマルがそびえ立ち、その奥に落差10mを超える滝がありました。

ご注意:山中には道らしい道はありません。一緒にいったガイド仲間と探りながらでした。また、気温が低いとはいえハブの危険があります。

Send to Kindle

「奄美大島探検図 Vol.32 2014年新春号」編集終了

奄美大島探検図 Vol.32

奄美大島探検図 Vol.32

予定より2日ほど遅れましたが、昨日、探検図の編集作業が終了し、印刷へと回しました。

なんとか10日後の12月27日は配布できるかと思います。同時にPDF版を公開しています。

今回は屋久島と奄美大島の間にあるトカラ列島、十島村のご紹介を追加しました。十島村全体とはいきませんので、まずは先日行ってきた宝島と小宝島へのアクセス情報などを掲載しています。

Send to Kindle

車椅子が人力車に変身

昨日の午後は奄美の観光地のバリアフリー状況を調査している方々を金作原原生林へご案内してきました。

車椅子の方はお一人で、ご利用の車椅子もノーマルなタイプのようです。

実は車椅子のお客様をご案内したという記憶があまり無く、あの砂利道を車椅子が果たして自走できるのか、補助の方にどれぐらい負担がかかり、速度はどんなものか、ちょっと見当がつきませんでした。

今回は他のお客様はいらっしゃらなかったので、無理の無いペースでのご案内でした。

案の定というか砂利道では車椅子の前輪が引っかかってしまい自走するにも補助の方が後ろから押すにも前輪が邪魔をしてしまいます。結局、補助の方が車椅子の前輪を浮かせるような形で押すことになりました。これはなかなか腰に負担もかかりますし、バランスをとるのが難しそうです。

でも、”これは人力車のアームがあれば大丈夫だね”という話が出たので、お尋ねすると、車椅子を人力車のようにできるオプションがあって、それであれば無理なく前輪を浮かせて、腰で引くことができるので、金作原がん性林の砂利道や砂浜でも全然大丈夫だというお話でした。

そこで、早速探してみると、そのものずばり、”JINRIKI”という、けん引式車いす補助装置がありました。

http://www.jinriki.asia/

(続く)

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ