モダマのつぼみ

5月末から6月にかけて花が咲き、11月ごろから巨大な枝豆のようなサヤができるモダマ。 不思議なことに奄美大島の奄美市住用町の東仲間にだけ生えています。 数年前の台風で痛めつけられ、回復しつつも花の時期の直後に台風が当たったことで巨大なサヤは見ることが出来ませんでしたが、昨シーズンは久しぶりにサヤを実らせてくれました。 そして、今シーズンのつぼみが御覧のようにたくさんできていました。今年も期待できそうですよ。… [more]

モダマのつぼみ モダマのつぼみ

タンカンの花

今年は大豊作となったタンカン、2月に出荷の始まって今も店頭に並んでいますが、知名瀬の金作原原生林へ向かう農道沿いのタンカン畑ではタンカンの花が咲き始めています。 この花から来年2月に収穫するタンカンとなります。 その他の様子はFacebookページやInstagramにも掲載していますので、ご覧ください。… [more]

タンカンの花 タンカンの花

春の花の季節

今年はいつもの場所には咲いてないなと心配していたギンリョウソウですが、あちこちに顔を出し始めました。 写真の1輪も金作原原生林の散策路の斜面に毎年咲いているポイントです。数が少なくいつも1輪か2輪。 今年は1輪だけ咲いてくれました。ちょうど目線の高さなので無理せずに花のようすを見ることができます。 1月末からは日当たりのいい林道にエゴノキが咲き始めていて、森の奥でもたくさん咲き始めました。 エゴノキは北海道から沖縄まで広く分布していて、関東では5月頃です。金作原原生林の散策路で数年前から気づいたのは花びらの数が図鑑では5枚とあるのですが、花びらの数が異なる花が1本のエゴノキに咲くということ。 現在見つけたバリエーションは4枚から8枚まで5つのパターンがあります。金作原原生林のブログにすべての数のバリエーションの花を掲載しましたので、御覧ください。島内の金作原原生林以外の場所もそうなのか、島外ではどうなのかは不明です。ご存知の方は教えて下さい。ちなみに屋久島からは通常5枚、たまに6枚があるとのことでした。 その他の様子はFacebookページやInstagramにも掲載していますので、ご覧ください。… [more]

春の花の季節 春の花の季節

オオシマウツギの花、イルカンダは?

午後からマングローブカヌーへ。しかし、年配の方で体力に自信が無いということで遊覧船となり、その後、マングローブの先の山間湾へと足を伸ばしました。 山間集落に向かうマングローブ沿いの道に紫のシミ。石抱きガジュマルを見た帰り道に立ち寄ってみるとイルカンダ(別名:ウジルカンダ)が咲いていましたが、なにせ木の高い場所に絡んだ蔓に咲いていて、見えにくいです。 そらならモダマへ行くついでに旧三太郎峠越え、その入口である西仲間集落の峠の入り口のあるイルカンダを見に行くと、一部では咲いていましたが、これからの小さな蕾がびっしりぶら下がっていました。これは今月中から末ぐらいに満開になるんじゃないでしょうか。 三太郎峠では写真のオオシマウツギが咲き始めていました。加計呂麻島では満開、金作原原生林ではまだまだです。 その他の様子はFacebookページやInstagramにも掲載していますので、ご覧ください。… [more]

オオシマウツギの花、イルカンダは? オオシマウツギの花、イルカンダは?

フェリーかけろま再開、しかし旧船&旧港、そして時刻&料金変更

昨年12月に就航したフェリーかけろまの新造船、実は数日後に着岸の際のトラブルで運行ができなくなり、海上タクシーによる代船が運航していました。 ようやく昨日(30日)から運航が開始されましたが、諸事情により新造船ではなく旧船、そして海の駅のフェリー発着場は使用ができないため、海の駅が出来る前に使用していたAコープ前の旧港です。 これらは瀬戸内町ホームページに掲載されています。 しかし、瀬戸内町の知り合いからFacebookを通じて教えてもらったのですが、第6便の古仁屋・生間間の運行時間が変更となり、これまでより45分遅く(古仁屋16:00-生間16:20,生間16:30-古仁屋16:50)なり、料金もこれまで生間は瀬相より安かったのですが、生間も瀬相と同じ料金の360円(これまでは270円)となります。 お知らせが掲載されました。(2017/4/3) これらの情報は現時点(2017/3/31… [more]

フェリーかけろま再開、しかし旧船&旧港、そして時刻&料金変更 フェリーかけろま再開、しかし旧船&旧港、そして時刻&料金変更

奄美大島の位置 奄美大島(あまみおおしま)は鹿児島から沖縄に連なる琉球弧の中間に位置します。
亜熱帯性常緑広葉樹が広がる山々と川、そして島を取り巻く黒潮とサンゴ礁の海、豊かで特異な自然とその自然に育まれた動植物、そして琉球と古代日本の文 化・民俗が息づく島です。
「あまみ便り」は奄美大島の観光ガイド会社、観光 ネットワーク奄美から観光・自然・文化・歴史など総合情報を提供するサイトです。
最近の話題はブログ、Facebookページ(観光ネットワーク奄美,金作原原生林)、Instagram(knamami)にて、その他は画面上部のメニューからどうぞ。

GW中のツアー予約状況について

今週末からゴールデンウィークが始まりますが、GWの4/29から5/8の期間、おかげさまでたくさんのご予約をいただいています。 そのため、申し訳ありませんが、この期間の湯湾岳コースとカケロマ島散策コース、フリータイムコース […]


「エプタ」80号で奄美特集

知り合いの方が持ってきてくれたのですが、「ヒノキ新薬」という会社の発行する企業文化誌「エプタ」の2017年1月発行の80号で奄美が特集されています。 書店では見たことがありませんが、こちらの「エプタ」公式サイトからも購入 […]


フェリーかけろま再開、しかし旧船&旧港、そして時刻&料金変更

昨年12月に就航したフェリーかけろまの新造船、実は数日後に着岸の際のトラブルで運行ができなくなり、海上タクシーによる代船が運航していました。 ようやく昨日(30日)から運航が開始されましたが、諸事情により新造船ではなく旧 […]


金作原原生林の林道にゲート設置

7日に国立公園となり、そのコアゾーンである金作原原生林を通る林道も一般車両通行禁止とするためにゲートが設置されました。 この手前には逆U字型の車止め柵も設置されます。 このゲートおよび柵は写真の知名瀬側と反対側の朝戸側の […]


本籍か現住所が奄美市でWebを学びたい方!「奄美だよ!全員着席!」

奄美市は昨年から島で働きやすい環境をということで、色々と企画していますが、今日の地元新聞、そして奄美市のホームページに掲載されていました。 奄美市:平成29年2月20日株式会社Schooのサービスを活用し「奄美だよ!全員 […]


Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

32人の購読者に加わりましょう

LINEで友だち追加

下記QRコードかID:@knamamiで友だち追加するとブログ更新情報をLINEにお届けします。

し~ま


Follow Me on Pinterest
▲このページのTOPへ