オーストンオオアカゲラが帰ってきた(?)加計呂麻の森

先日、森林伐採に反対する加計呂麻住民の会(以下、住民の会)の方々にお会いした時に、加計呂麻の森に生息している希少動物の話も出ました。

 瀬武の神社に登った時もアカヒゲが多いところという話も聞いていましたが、そういえば昨年5月13日に地元新聞・南海日日新聞で加計呂麻島で始めてオーストンオオアカゲラが確認されたという記事がありました。諸鈍小中学校の校長先生が撮影したそうです。

 環境省自然環境局の生物多様性センターにもオーストンオオアカゲラは加計呂麻島には生息していないとされています。
 しかし、存続を脅かしている原因とその時代的変化についての部分を読む限りでは、加計呂麻島も生息していなかったのではなく、生息が確認される前に伐採された森から姿を消し、加計呂麻の森が復活してきたことによって帰ってきたと見ていいんじゃないでしょうか。

 今日の地元紙でも自然保護5団体が瀬戸内町に申し入れをした記事が紹介されています。

徒然なる奄美:加計呂麻島伐採問題3/27の記事

 また、住民の会の方からの情報で知ったのですが、「生物多様性基本法」というのがあるそうです。以下はWWFのサイトより抜粋です。
生物多様性基本法が成立!

 今回成立した「生物多様性基本法」は、これまでの日本に無かった、野生生物や生息環境、生態系全体のつながりを含めて保全する、初めての法律です。
もちろん、すでに国内には、「鳥獣保護法」や「種の保存法」「特定外来生物法」など、生物多様性の保全にかかわる数々の法律があり、施行されています。

  しかし、「鳥獣保護法」はあくまで駆除や狩猟などの対象となる鳥獣に対象が限られており、「種の保存法」や「特定外来生物法」も、それぞれ絶滅が懸念される少数の生物の保護や、特に被害が大きいと認められている一部の外来生物のみを扱ったもので、到底、生息環境を含めた野生生物の包括的な保全を実現できるものではありません。

 その点、生物多様性基本法は、これらの自然保護にかかわる法律の上位に位置する「理念法」であり、各法律の施行状況を確認し、必要であればその改正や状況の改善を求めることができます。

 また、生物多様性の保全に配慮しながら、自然資源を持続可能な方法で利用することや、環境を脅かす可能性のある事業などが開始される前に、問題を「予防的」に解決すること、またそれらの実施に際して一般市民の意見を考慮することなど、国際的には広く行なわれていながら、日本ではまだきちんと導入されてこなかった重要な政策が、この法律によって実現される可能性が高まることになりました。

 考えてみると当然のことですよね。
 鳥や哺乳類だけで生きていけるわけではなくて、餌も住処も必要です。
 1種類の生き物だけを守ろうとしても環境全体を守らないといけません。

 オーストンオオアカゲラだけじゃなく、もしかしたらアマミノクロウサギも・・・
(以下の話は架空の話です)

 昔々、大島では道路がどんどん出来て騒がしくなっても加計呂麻島は静かなゆっくりとした時間が流れていました。森も海も穏やかで人々と動植物ものんびり暮らしていました。
 ところがある日、バリバリと山が切り開かれてしまいました。
 住処となる森を無くした生き物たちは相談します。
 ”騒がしくて狭いけど、加計呂麻よりは住処となる森はまだ大島に残ってるようだよ。みんな引っ越そうか”
 鳥たちはさっさと渡っていきました。
 でも、アマミノクロウサギは飛ぶことも泳ぐこともできません。
 そこで、餌を求めて大島海峡を泳いでいくことがあるリュウキュウイノシシに相談します。
 ”私を背中に乗っけてつれてってくれませんか”
 こうやって加計呂麻の森からアマミノクロウサギは姿を消しました。
 ところがある日、大島に暮らしていたアマミノクロウサギにオーストンオオアカゲラから伝言が届きます。
 ”加計呂麻の森が元に戻ってきてるよ。自分たちは暮らせるぐらいになったから、君も戻ってこないかい。リュウキュウイノシシ君には伝えてあるから、今度渡って来たときに乗っけてもらいな”
 アマミノクロウサギは嬉しくて、いつ渡れるんだろう、帰れるんだろうと加計呂麻の森を望む大島海峡近くの森に足しげく通うようになりました。
 最近、大島海峡近くの山でアマミノクロウサギを多くみかけるのはその為かもしれません。
 いつかリュウキュウイノシシの背中に乗って加計呂麻の森へ帰っていくアマミノクロウサギを見ることができるかも。

Send to Kindle

島で土地売買って大変なんです

 徒然なる奄美さんが住民グループ「森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」が瀬戸内町役場にチップ企業が地権者から購入したチップ工場用地の売買のありかたについて質問、意見交換したという今朝の地元新聞の記事を紹介しています。

徒然なる奄美:加計呂麻伐採問題3/25の記事

住民グループ側の「企業が土地の権利相続人全員の同意を所得したのか疑わしい」と言う部分が気になります。

 確かに。
 島の土地売買、売買が割と頻繁に行われている市内や住宅地はいいんです。
 これが山林や放置された耕作地・田んぼとなると大変。

 私個人の話をすると祖父母・父母と亡くなり、笠利町にある土地は私が管理者となり固定資産税も払っていますが、なにせ昔のこと。登記をちゃんと変更していないので、名義は私ではありません。
 登記を私に変更しようとすると、登記上の人は既に亡くなっていて、登記上の名前は1世代どころか3世代ぐらい昔の人です。これを遡って、誰が相続権利があるか調べ、すべての相続権利を持っている人の了解をもらいって印鑑をもらわないといけないのです。
 当然ながら相続権利を持っている人は島内に全員いるわけではなく、住所さえわからない人もたくさん出てきます。
 農地改良工事の際にも分厚い承諾書が届き、全部印鑑をもらわないといけない場所についてはあきらめて、農地改良工事から外してもらいました。

 農地改良工事や地籍調査をしている方からも、島の場合は口約束で売買を行って、登記をきちんとしている例は少ないということでした。

 今回のチップ工場用地は元・田んぼだったところでかなり昔で放置されていたようです。
 購入となると当然、登記の変更が必要です。
 住民の会の方々はこの点をついているんでしょう。

Send to Kindle

町議会一般質問

 3月10日から行われた瀬戸内町議会の一般質問のテープ起こしが「~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会」(以下、住民の会)の方を中心に行われて、ブログにアップされています。

瀬戸内町議会一般質問の要約・その1(3月10日分)

 上記記事には林健二議員と安和弘議員の質問の要約と詳細へのリンクがあります。
 関心のある方は是非ご覧下さい。
 安議員の質問内容について何点か指摘します。

一般質問より

加計呂麻のパルプが盛んに切り出されていた頃私よく覚えております。まだ、私も確かに十代の頃でしたが、あの頃はホントに盛んにパルプは切り出され、本島側でもやってましたが、あの頃確かに水が満々と川に流れてましたし、今で言う赤土の汚染もさほどなかったのではないのかな、という思いはしております。

私自身見たわけではありません。しかし、以下の記事をご覧になると”赤土の汚染もさほどなかった”と言えないでしょう。
旅、島、ときどき、不思議:加計呂麻島の海が、再びこんな風にならないといいのだが

一般質問より

正にこの加計呂麻の本当の悲哀というものを知っているのは、加計呂麻に住んでらした今のお年寄りの方々。そして加計呂麻を後にして内地の方へ出稼ぎに行った人たち。この人たちが本当に加計呂麻の悲哀を知っているのであります。

 では、加計呂麻島に憧れてなんども足を運んでくれている人たち、加計呂麻島を遠く離れて暮らしている出身者が今の加計呂麻にどんな想いをもっているのか知っているんでしょうか。
 例えば、今日の「新生大島新聞」の”加計呂痲島の森林伐採問題(6) ”ではこんな話が紹介されています。

 加計呂痲島の森林伐採問題は日増しに反対の声が大きくなっているようだ。私の知り合いに加計呂痲出身で、本土で事業の成功して、たくさんの財産を築き、現在はふるさとの加計呂痲に戻って悠々自適の生活をしている人がいる。

 その方は東京奄美会でも活躍して、瀬戸内町関係者の人からも尊敬を集めて良く知られた方である。その方がふるさとに戻って、美しい自然の中で気持のよい生活をしている時に、それを壊そうという動きを知って、怒り心頭になっているという。

 加計呂痲出身で東京で活躍している人は、ほとんどが同じ気持ちのようだ。ふるさとを後にして、遠く離れた都会で精励恪勤して、ひとかどの人になった人達は加計呂痲の素晴らしさに気づいて、これを守るべきだという考えに達するのである。そういう人達は、成功してから物心両面からふるさとに恩返しをしていく。

一般質問より

1月29日、チップ工場設立の説明会が瀬相でもたれたと聞いております。その翌日が土曜日で日曜をはさんだ月曜日には早速反対の旨の要望が町に提出されたと写真入りで新聞の報道がありました。何か報道機関を同道して出向いた感があり、ぞっとするものを覚えました。
我々議会が、何も知らないうちにあれよあれよと言う間に3度も4度も5度も新聞紙上を賑わし、町民からどうなっているんだと聞かれた時返事のしようもなく、ある意味で憤りを感じました。
2月18日の奄美新聞紙上にIターン者を中心にした署名活動という事が報じられていましたが、長い歴史の中で加計呂麻と苦楽を共にして来た従来の加計呂麻の人たち、人口が4か町村合併当時の10分の1になった今も、必死に耐えて来たこの方たち、の気持ちもこの署名活動の方達と同じ気持ちなのでありましょうかと、いう疑問は私は持っております。

反対署名活動の中心となっているのは加計呂麻島の住人の方たちであり、島民の7割近い反対署名というのを把握してるんでしょうか。わざわざ”Iターン者を中心に”というところが意図しているのは何でしょうか。
一般質問より

ただ、インターネットの事を悪く言いたくありませんが、私はあの扱い方知りません。ですから私は娘や息子たちが聞かせます。またチップ工場が出てたよ。内地からまたチップの反対しようねとまた内地からきとったよ。いいとか悪いとかの問題じゃなく、使う人の質の問題だと思っております。折角大事な文明の利器ですから、いい方に使って頂きたい。思います。

 この後、無我利道場の話を引き合いに出していますが、”内地からまたチップの反対しようねとまた内地からきとったよ”ということを無我利道場の時と同じだとアピールしてるんでしょうか。
 今回の反対運動のために押しかけてきている人は、私が把握しているだけですが、いないと思います。
 ネットで反対の意思を表明するに十分な資料を見ることができますから。
 そのネットも”折角大事な文明の利器ですから、いい方に使って頂きたい。”ということは悪い方に使っているという認識なんでしょうね。この議員さんは。

 「住民の会」の方々もそうですし、私もそういう考えですが、なにがなんでも反対の署名をして下さいというつもりはありません。
 まずは事実を知って、チップ工場が出来、伐採が行われたとしたら加計呂麻がどうなってしまうのか。暮らし、仕事、観光、そして将来。色んな面で考えて欲しいということです。
 その上で意思表示をすればいいと思います。

 知ることができず、いつの間にか決まってたからしょうがないかという、これまでの島の暮らしだったかもしれませんが、ネットのおかげで色んな事が個人でも知ることができます。そして考えて意思表示することができるのが今です。

 住民の会の方々と協力者の方々のおかげで11日の一般質問も近日中にアップされると思います。

 追加情報として伐採予定民有林には呑之浦の住所がほとんどです。島尾敏雄文学碑から見える山々が伐採されてしまったら。悲しい風景になってしまいますよね。

Send to Kindle

「アースデイ鹿児島2010」

 2010/4/17(土),18(日)に「アースデイ鹿児島2010」@テンパークというイベントがあるようです。
 検索してみたところ「アースデイ」というのは4月22日を「地球の日」として毎年この期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われているそうです。
 日本の「地球の日」のサイトはこちら(http://www.earthday.jp/)です。
 しかしながら各地のイベントはそれぞれで告知をしているようで、鹿児島の主催者からのネット上の告知は見当たりません。
 唯一、今年の内容についてはMBCのサイトにありました。
MBCラジオ:SOUND EX:2010/4/17 sat – 18 sun 「アースデイ鹿児島2010」@テンパーク

■4月17日 11:00 – 22:00 / 18日 10:00 – 16:00
◆入場無料 雨天決行
<ブース>情報ブース・ショップブース・フードブース
<ステージ>ライブパフォーマンス・ショップインフォ+活動インタビュー
<フォーラム>「エネルギー問題」、「環境と農と食」、「ライフスタイル」

 ”テンパーク”というのもどこかわからないし・・・天文館にあるんですかね。ググったのですが、今ひとつわかりません。
 アースデイ鹿児島のサイトはこちらです。残念ながらトップページは2009年のものですが、企画書がPDFで公開されているようです。

 加計呂麻島の伐採問題について、知ってもらう、署名を集めるいい場所かなという連絡があったためです。

 ご存知の方、コメントにてお願いします。
 

Send to Kindle

黄砂

 朝から島はすっぽりと黄砂に包まれてます。
 お昼になってもすっきりしない空でおがみ山から見る名瀬の市街地もご覧の通り。

送信者 島内めぐり

 この黄砂は明日まで残りそうです。
 なんか街中は大島高校のグランドで風に土ぼこりがたったときのようなホコリっぽい感じです。

Send to Kindle

加計呂麻島・瀬武集落へ行ってきました

 先日の休日に加計呂麻島へ行ってきました。ツアーで行くとどうしても自由時間がとれないので、工場予定地の瀬武を見たかったのと住民の会の方々に会ってお話を聞きたかったのです。
 加計呂麻島は新緑がさらに進み、立ち枯れしたリュウキュウマツは枝が落ち始めていて、照葉樹の新芽に飲み込まれつつあるようにも見えました。
 早速、瀬武集落へ行ってみると、元々リュウキュウマツが無かったのか、それとも西からマツクイムシの被害が進んだので既に立ち枯れしたマツは消えたのか、いずれにしても立ち枯れのマツが不思議なほどに見当たらないのが印象的でした。

 山道を下り瀬武集落に入るとすぐ、山裾が削られブルーシートが掛けられたところがありました。その奥が工場予定地だそうです。となりの草原は元は田んぼだったところで、地盤が弱く工場は建られないそうです。
 写真はそこを少し通り過ぎたところから振り返ったところ。

送信者 加計呂麻島・瀬武

 工場予定地から続く森はご覧のようにコンモリと照葉樹の森が続きます。

送信者 加計呂麻島・瀬武

続く集落の真後ろの森もご覧のような景色が続きます。

送信者 加計呂麻島・瀬武

桟橋には工場の機材と思われるものがブルーシートを掛けられて置いてありました。

送信者 加計呂麻島・瀬武

 先の写真のとなりに置いてあった機材です。

送信者 加計呂麻島・瀬武

 集落裏の森の新緑がきれいです。
 この写真の右手のこんもりとしたところは神山らしく最近整備された階段ができていました。
 神社があり、境内のリュウキュウマツはマツクイムシ対策の薬剤を注入したあとがありました。

 午後から住民の会の方々やネットで情報交換をしている方々とお話をしましたが、やはりお会いして話さないとわからないことがたくさんありました。
 まだ公開できない情報もありますので、書けませんが、近日中には議会での答弁や資料が明らかになってくると思います。

Send to Kindle

浦上青年団の活きた八月踊り

昨日はNPO法人ディ!が主催する”奄美伝統文か体験ツーリズム「シマ唄・八月踊り 体験モニターツアー」”にガイドとして1日同行しました。

松元良作くんに唄者としてお願いして、製糖工場見学や長雲峠でシマ唄を聞いたり、染め体験をしたりと、シマ唄に関わるものを中心に体験ツアーです。

しかし、圧巻だったのは夕方に体験してもらった浦上青年団による八月踊り。

八月踊りを続けている集落でも「青年団」といいながら、結構年配者が多かったり、20・30代が中心でも、リーダーは年配者の場合が多いのです。

八月踊りについて簡単に説明すると、集落によって違いはありますが、たいていが男女の2組に別れ、男性陣と女性陣が唄の掛け合いをします。
掛け合いですから、相手がどんな歌詞かで返事の歌詞も変わっていきます。
団体でやるのですが、男女共にリーダーとなる一人が次の歌詞を決めて、唄い出し、他のメンバーは唄い出しを聞いて同じ歌詞を一緒に唄うわけですから、リーダー次第で掛け合いが成り立つかどうか決まるのです。

ところが浦上青年団は35歳までと決まっていて、この世代だけで八月踊りをやっているわけです。こういうのは今残っている集落はどれぐらいあるんでしょうか。私は他に例を知りません。笠利の集落にはあるのかな。

さらに懇親会の後はお決まりで六調でみんな踊って盛り上がるのですが、これも度肝を抜かれました。

チヂンがリズムを刻み出し、三味線が鳴り出して、さぁ誰が唄うのかと思いきや、なんと踊っている青年団全員で六調を唄い出しました。すごい迫力です。

町内会の広報のために撮影に来ていた年配の方や懇親会の時にメンバーに話を聞きましたが、小さい頃から参加していて高校生になると大人と同じように参加するとのこと。高校を卒業するとどうしても一度はシマを離れるけど、”シマに帰って来たい”という思いと場所を守っていきたいとのことでした。素晴らしい!

毎年、奄美まつりでは特別に盛り上がっている浦上地区です。今年も注目ですね。

Send to Kindle

湯湾岳の新緑はもうすぐ

昨日の寒い強風はようやく止み、日差しがさすと暖かい日となりました。

久々に湯湾岳へと行きましたが、住用のモダマの根元近くではウジルカンダが既に咲き始めています。(ブログ「シマ巡り」)

湯湾岳の新緑は宇検村側の七合目の展望台近くまで上がってきていました。あと半月ぐらいで新緑に覆われるでしょう。山頂の展望台から見下ろした大和村側には伐採のあとが痛々しいですが、ここにも新緑がゆっくりと傷跡を覆ってきています。で

加計呂麻島の伐採問題ですが、瀬戸内町議会がはじまり、新聞記事でも議会の様子が連日報じられています。「徒然なる奄美」さんのブログに今日の新聞記事が掲載されています。

Twitter上では今日の議会の様子から新事実も伝えられていますが、まだ確認がとれていないので掲載しません。しかし、誘致促進にあたってはやはりおかしな話があったようです。

Twitterに関しては「ビジネス・ツイッター」という本がお勧めですので、「道具箱」で記事を書きました。関心のある方はご覧下さい。

Send to Kindle

あまみ庵が一時閉店、縮小へ

奄美の郷土誌専門店、「あまみ庵」が閉店というニュースをTwitterで見てビックリ。見落としていましたが、新聞広告が出ていたようです。

送信者 島内めぐり

ホームページを見ると、店舗縮小のために一時閉店。
そのための閉店セールのようです。
現在は写真の1階にある郷土誌コーナーを縮小して2階のコミック・ゲーム等のコーナーも縮小してまとめるそうです。
そのために特売セールをやっています。掘り出しものがあるかもしれませんよ。 more

Send to Kindle

パシフィックビーナス寄港

昨夜からの雨が続く予報でしたが、朝になると雨もあがり薄曇りのお天気となりました。
午前中は今朝寄港したパシフィックビーナスのお客さん30名を金作原へご案内。
パシフィックビーナス、何度見てもやっぱりでかいです。

送信者 島内めぐり

今度は飛鳥2も寄港予定ですが、さらにでかいですよ。

森の中は気温の上昇とともに蒸発していく昨夜の雨水が霧のように包んでいました。
昨日の屋久島は土砂降りだったそうで、この後、沖縄・本部、そして座間味でホエールウォッチングと10日ほどのクルージングだそうです。
夕方6時の出港前、5時からお見送りセレモニーも行われます。お近くの方はどうぞ。

Send to Kindle

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ