絹の撚り線の女弦も切れたので補強を試します

この記事は「絹の女弦を撚り線に」の続編です。

鳥羽屋さんから届いた少し太めの単線の女弦も切れたので、もう一つの撚り線の女弦を張ってみました。

ちなみに単線・撚り線といっているのは個人的に見かけと、化学繊維(テトロン)の弦がそうなっているので表現していますが、実際には単線のように見えるのが片撚り、撚り線と言っているのは四子撚りと言うそうです。いずれにしてもどちらも細い絹糸を撚っているわけですね。

ザラザラした触り具合がコバチ(通常は弦を左手の指で押さえて右手の竹バチで弦を弾いて音を出すのですが、コタチは左手の薬指で弦を引っ掻いて音を出す奏法です。ギターのピッキングに相当するでしょうか。)を入れるには引っかかり具合がよく気に入って弾いていました。

ところが、週1の三味線教室で汗だく(教室の師匠も私もエアコンで冷えた部屋では声も出にくいのでエアコンはつけてないのです)で練習していたところ、再びプチーンと不気味な音と共に切れてしまいました。

切れた場所を見ると、コバチを入れる場所。つまり、薬指で弾いている場所です。恐らく、汗に濡れたために撚りが戻り、しかも弾いていますから、ほつれて切れたのでしょう。

翌日、鳥羽屋さんにメイルでご報告したところ、恐らくそうでしょうということでした。

もう一本残っている単線(片撚り線)に張り替えてみましたが、やはり糸繰り(糸巻き)の下の弦が乗る部分(竿に触れないように持ち上げるブリッジ部分)から切れてしまいました。こちらはコバチでほつれる前に、ここから切れてしまっているようです。やはり片撚りよりは四子撚りのほうが強度はあるんでしょう。

それではコバチで弾いた時にほつれにくくしたらどうだろうと、浅知恵とは思いながら、木工用ボンドを塗ってみることにしました。鳥羽屋さんにご相談したところ、木工用ボンドは水溶性なので撚りが戻るのではないかとご指摘を受けましたが、弦を少し張った状態で少しずつ繰り返し塗りました。

さて、明日はまた三味線教室。どうなりますやら。

再び切れてしまうと練習にならないので、念のため、通常の弦(化学繊維、テトロン製)を市内で購入してきました。これはどこのメーカーだろうとお店に聞いたところ、なんと中国製とのこと。ちょっとびっくりです。

Send to Kindle

そろそろ巣立ちの季節

アマミノクロウサギ(画像処理済)

アマミノクロウサギ(画像処理済)

台風13号は奄美へは少しまとまった雨を降らせたぐらいで、ほとんど影響も無く、昨夜の夜の野生生物観察コースも色んな生き物を見ることができました。

写真は道端でじっとしてくれたアマミノクロウサギ。おかげでお客さんもスマホで撮影できるぐらいでした。(この写真はLEDライトのみでフラッシュを使わずに撮影したため、色合いがおかしくなったのでPicasaにて修正してます。)

アマミノクロウサギの子供でしょうか、小ぶりのウサギも見ることができました。

リュウコノハズクのヒナはそろそろ巣立ちのようで、親鳥が餌を運んでくれるのを待ちかねて巣の周囲の枝に留まっていますが、かなり離れた場所、それも1羽づつバラバラで見かけるようになりました。そろそろ巣立ちでしょうか。

また、リュウキュウアカショウビンの巣立ったばかりと思われる小ぶりの個体を電線の上で見ることもできました。

Send to Kindle

台風13号、油断できません

奄美祭り:八月踊り

奄美祭り:八月踊り

(8/5 更新)さらに南よりで一旦勢力は落ちてますが、盛り返すようです。

去年は台風の影響で日程変更となった奄美まつり、今年は無事終了して、夏休みも折り返して後半を迎えます。

奄美まつりの前に発生した台風13号はほぼ真っすぐに西へ進んで台湾直撃の進路をとっているようです。

奄美には影響なさそうだなと思っていたら気象庁の台風情報によると、現在の気圧が900hPa!沖縄・石垣島に影響が出始めそうな7日の予想でも915hPaと強烈です。

気象衛星を見ると目がくっきり。かなりの雨雲を抱えて、さらに台風の東側は風が強いので奄美にも7日から9日かけて影響が出そうです。今後の予報に注意しましょう。

Send to Kindle

奄美まつり

奄美まつり

奄美まつり

早くも7月が終わり、ということは8月の第一日曜日を最終日となるように昨夜から奄美まつりが始まりました。

昨夜は文化センターで「シマあすびの夕べ」が行われましたが、今夜は花火大会、明日は昼間の舟こぎ競争と夜の八月踊りです。

これに伴い、名瀬市街地を中心に交通規制がかかりますのでご注意下さい。詳しくは奄美市の奄美まつりのページをご覧下さい。

Send to Kindle

撚り線の女弦も切れてしまいました

この記事は「絹の女弦を撚り線に」の続編です。

鳥羽屋さんから届いた糸、撚り線も切れてしまいました。

撚り線の女弦に張り替えた3日後が週1の三味線教室だったので、早速師匠に聞いてもらい、実際に弾いてもらいました。

撚り線の女弦で師匠が弾いてくれた「朝花」です。

こちらは師匠の三味線(テトロン線)での「朝花」。かなり弱めに弾いています。

ところがその後、弾いているとブツーーンと切れてしまいました。切れたのはコバチを入れる場所です。(コバチというのは薬指で弦を弾く奏法です。)
単線よりも撚り線がコバチで切れてしまうというのはちょっとびっくりしました。かなり暑い夜で汗だくになりながら弾いていたので、汗で濡れたというのもあるかもしれません。

現在はもう1本の単線を張ってみています。

師匠が思い出してくれたのが、絹の弦の場合、使わない時は緩めていたと聞いたそうで、女弦だけ緩めておくようにしています。

Send to Kindle

快晴続き、日焼け対策を

マングローブ水路

マングローブ水路

台風12号が過ぎ去った後、快晴が続いています。

金作原原生林は森の中、木陰を歩くのでいいのですが、マングローブカヌーは水路以外では隠れる場所がありません。

日焼け対策をしっかりしましょう。こまめな水分補給もね。

  • 肌を露出したほうが暑い、というより日差しが痛いです。特に普段は日差しにあてないような部分(太ももなど)を露出するのは日焼けしてしまい後が大変です。
  • 帽子だけでなく、首筋もタオルなどで隠して焼かないようにしましょう。
  • 日焼け止めは汗で流れる可能性があるので、過信しないように注意しましょう。
  • 目の保護のためにサングラスもあったほうがいいと思いますが、UVカットで無い、単に暗くするだけのサングラスはかえって紫外線が多く目に入る可能性があります。ご注意下さい。
Send to Kindle

絹の女弦を撚り線に

この記事は「絹の女弦を少し太く」の続編です。

鳥羽屋さんから届いた糸、最初のものは切れてしまったので、少し太めの単線にしてみましたが、4日目の朝、切れていました。

そこで、もう一つの撚り線の女弦を張ってみました。

こちらが新しい女弦を張って演奏した「朝花」です。

やはり撚り線なのでちょっとザラザラとして指ざわりが気になりますが、音は単線よりも安定してるでしょうか。

Send to Kindle

古仁屋「あま海」の海鮮丼

海鮮丼

海鮮丼

今日は奄美大島探検図を南大島へ配達に行ってきました。大和村・宇検村・瀬戸内町、そして奄美市住用町の順番です。

快晴に恵まれましたのでFacebookページに写真をアップしましたのでご覧下さい。(記事の末尾にリンクしておきます。)

写真はお昼に寄った瀬戸内町古仁屋の「あま海」さんの海鮮丼。税込み600円で、お味噌汁付です。クロマグロ入りは1200円でしたが、初めてだったのでまずは標準。美味しかったです。次はクロマグロ入りかな。

海の駅から徒歩だと3分ほどでしょうか。座席が少ないのが要注意です。

奄美大島探検図を配達に南大島を廻ってきました。

Posted by 観光ネットワーク奄美 on 2015年7月24日

Send to Kindle

絹の女弦を少し太く

この記事は「奄美の三味線に絹の弦」の続編です。

鳥羽屋さんから届いた糸を早速、三味線に張ってみましたが、翌朝見てみると女弦が糸かけの結び目で切れていました。

実は糸かけの結び方は我流でしたので、ちょっと調べてみると簡単でさらに確実な方法がありました。例えばこちらです。

しかし、数日後に三味線教室へ持ち込み弾いていると、こんどは糸くりの途中から切れてしまいました。これは強度不足のようです。

鳥羽屋さんにご報告&ご相談したところ、最初のものよりも少し太めの単線(実は単線ではなく片撚り絃、和三味線の三の糸だそうです)と、奄美三味線の女弦と同じ太さの撚り線(四子撚り、和三味線の二の糸)を送ってくれることになりました。

奄美の三味線の女弦はテトロンの単線ですが、もしかすると、単線というのはテトロンでは太くなるので単線というだけで、太さによっては撚り線もありですし、撚り線のほうが強度があるかと考えて鳥羽屋さんにご相談したのです。

台風11号で届くまでに時間がかかりましたが、2日前にようやく届き、早速、張ってみました。

ちなみに、中弦と男弦はこの間ずっと使っていましたが、音程も安定してますし、切れることも傷ついている様子もありません。

まずは少し太めの単線を使ってみました。新しく張った女弦は、張った当日はまったく安定せず、少し引くたびに延びるのでしょう。音程が下がります。

しかし、翌日には安定しました。3分ほど弾いてもほとんど下がりません。
ちなみに音程の高さはシマ唄での5、和楽器調子笛では10、F#です。

こちらが新しい女弦を張って演奏した「朝花」です。


練習中にふと気づいたのですが、小さな音で弾いても音が響くような気がします。そう思って最初は強めに、後半を弱めに弾いてみた「行きゅんにゃ加那」です。

 

いかがでしょう。演奏の下手さはおいておいて、音色です。

もう一つ気づいたのは、弾いている時に指に当たる感触が柔らかいこと。なかなかいいですよ。

もうしばらく使い込んでみます。切れることがあれば、今度は撚り線をつかってみます。

Send to Kindle

週末はゾンビ台風12号に注意

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴ

一度は熱帯低気圧になった台風12号が復活し、さらに西へと進路を向けています。

一昨日から1日毎に進路が西へと変わり、昨日の予報では奄美大島直撃、今日の予報ではさらに西へと進み、奄美大島の南を通過する予報となっています。

今後も進路が変わるかもしれませんが、いずれにしても週末は台風12号に要注意です。

写真は台風前の快晴となった金作原のヒカゲヘゴです。

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ