アマミセイシカが咲き出しました

アマミセイシカ

アマミセイシカ

今日は久しぶり湯湾岳コースのご案内で湯湾岳山頂へ登ってきました。

薄曇りのお天気で山を降りるまでではなんとか雨も降らず。
山頂ではリュウキュウミヤマシキミやオキナワシキミの可愛い花が咲いていました。
帰りがけにマテリヤの滝へ寄ると、滝壺脇のアマシバの蕾もびっしり。そしてトイレに立ち寄ったフォレストポリスのキャンプ場では植栽されたものですが、アマミセイシカが咲き始めていました。清楚な花です。蕾の先が青色なところが聖紫花(セイシカ)の由来なんでしょうか。

7合目は今年行ったのですが、なんと昨年9月以来の湯湾岳山頂。山頂近辺ではリュウキュウミヤマシキミやオキナワシキミが咲いていました。大和村のアマミフォレストポリスのキャンプ場ではアマミセイシカが早くも咲いてます。マテリヤの滝ではアマシバの蕾が揃ってきていました。春ですよ!

観光ネットワーク奄美さんの投稿 2016年3月16日

Send to Kindle

高千穂神社のツクシヤマザクラ

ツクシヤマザクラ

ツクシヤマザクラ

最後の寒さでしょうか。寒いです。
が、奄美市名瀬の高千穂神社の境内ではヒカンザクラ、そしてアマミザクラに続いて、最後の桜。ツクシヤマザクラが満開。ちょっとピークは超えているでしょうか。

この土日がラストかもしれません。

気温は低いですが、風もなく、お日様が出るとポカポカ。お出かけしてはいかがですか。

 

Send to Kindle

千年松

千年松

千年松

数年前から加計呂麻島に入ってきたマツクイムシは奄美大島の北部までリュウキュウマツを枯らしています。

奄美市名瀬朝仁には通称、千年松と呼ばれる大きなリュウキュウマツがあり、奄美市の保存樹となっているので手当はされているのでしょうが、久々に近くを通ってみると、やはり少し元気が無いようです。

周囲の山道、道端のリュウキュウマツは枯れ切ったので上の道沿いからこういう風景が見えます。

なんとかふんばってくれるといいのですが。

奄美市名瀬朝仁にある千年松。マツクイムシのためか少し色が悪いような。頑張れ!

Posted by 観光ネットワーク奄美 on 2016年3月4日

Send to Kindle

カヌーだから体感できる川の流れの違い

潮目

潮目

昨日の午前のマングローブカヌーツアー、お天気は良かったのですが、かなり北風が強く吹き付けていました。

幸い、満潮は10時半頃。これならば乗り場の役勝川から北風に押されれるように下っていって、一番先端から細い水路を遡るコースがとれます。

カヌーはどこで漕いでも同じではありません。場所によって流れの差があります。特にカーブしているところでは、カーブの外側に川の流れが集中するので、内側の穏やかな場所を漕いでいました。

ところが河口近くになると流れが穏やかな場所のはずが、カヌーがなかなか進みません。ふと左の水面を見ると写真のようにあきらかに流れの境目(写真の黄色い線、潮目とある場所)が見えます。境目のあちらがわは左の川上から勢い良く川の流れが、一方、手前は海側から満ちてくる海水が、海から川上へ逆流しているのです。川の流れが強いので、あちらがわに上がっていくことができない海水がこちらに集中しているためでした。

このように左右に流れが分かれる場合もありますが、川底の地形によっては上下に分かれる(水面近くを川の流れ、川底に海水が上がる。あるいはその逆もあり)場合もあります。

単に水が穏やかに流れているだけではありません。人力で漕ぐカヌーだから体感できることでもあるので、マングローブカヌーに乗る時には是非観察してみてください。

カヌーツアー、一部ですがコースの様子。この日は北風が強いのと、満潮へ向う途中だったので、役勝川を下り、最初にメイン水路、そして住用川と合流する先、一番先端のマングローブの水路から川上の細い水路を遡るコースをとりました。潮の動きが早く、河口近くでは潮目もはっきり見えましたが、写真でわかるかな。

Posted by 観光ネットワーク奄美 on 2016年2月29日

Send to Kindle

ヒカンザクラからスモモの花の季節へ

スモモの花

スモモの花

山の上から降りてきたヒカンザクラも、そろそろピークを過ぎて終わりが近づいてきました。

入替りに咲き始めたのがスモモの白い花。

金作原原生林へ行く途中、里集落はまだのようですが、知名瀬集落のスモモ畑ではあちこちで咲き始めてます。

ミカンコミバエの影響でタンカンだけでなく6月に収穫を迎えるスモモも島外へ出荷できるかどうか難しいところですが、加工品も色々作られてます。たくさん実って欲しいですね。

Send to Kindle

奄美桜満開

奄美桜

奄美桜

明け方、南風に弱い雨のせいか気温が高く、ポカポカです。

奄美市名瀬井根町にある高千穂神社、社殿前の奄美桜が満開と聞いていたのでいってみました。

満開を少し過ぎ、花びらが散り始めていました。

この後、風は北へ変わるようですが気温はさほど下がらす暖かい日となりそうです。

本土ではこれから花粉症の時期ですが、奄美大島は杉がほとんどなく花粉も飛ばないので花粉症の心配はありません。空港に到着したら、まずは服をはたいて、そして車の窓を全開にしていきましょう。

Send to Kindle

雨の後は山道通行注意

崩れた林道

崩れた林道

昨日の午前中は前夜から降り続いた雨がすごかったのですが、今日の午後、金作原原生林へ行ってみると、林道沿いが崩れていました。

また、道路上にはあちこちに雨で流された朽木や石ころが転がっています。

マツクイムシで枯れてしまったリュウキュウマツが倒れる時に崩れてしまうこともあるようです。

このあたりでも携帯電話はほとんど圏外ですので、トラブル発生時に連絡することもできません。いたずらに林道通行はしないようにお願いします。

Send to Kindle

オキナワチドリ咲く(加計呂麻島、安脚場にて)

オキナワチドリ

オキナワチドリ

今日は今年初めてのカケロマ島散策ツアーへ行ってきました。一昨日は大荒れの天気の影響でフェリーも欠航になっていたので心配していたのですが、久しぶりの青空に風もさほど無く、穏やかな暖かい1日でした。

寒い所から咲き始めるヒカンザクラ、高知山展望台では葉桜に、さすがにそろそろ加計呂麻島もピークを超えつつあります。

加計呂麻島は安脚場戦跡公園の砲台跡にオキナワチドリの群落があるのでそろそろ咲いてないかな、と探してみると2株だけ、小さな花を咲かせていました。(写真はトリミング、レベル補正しています。)

Send to Kindle

バニラエア、奄美へも4往復分の回数券販売

この週末にかけてもバニラエアをご利用のお客さんからのツアー参加が多いのですが、バニラエアが第4弾となる往復回数券を2月15日16:00から販売開始するそうです。

トライシー:バニラエア、国内線全路線で回数券第4弾 札幌4往復で26,800円など

4月6日から6月30日まで搭乗分が対象、一部が除外日となります。多分、GWはダメでしょうね。

4往復分の回数券で、奄美大島線については、いつでも使える「全日券」が49,800円、平日のみ使える「平日券」が38,800円、いずれも50部限定です。

申し込みは、Yahoo!JAPANのデジタルチケットサービス「PassMarket」で先着順に受け付けるので、いつもの購入とは違っているようです。ご注意を。

後半は梅雨に入るとはいえ、植物も鳥たちも元気な時期です。いかがですか?

Send to Kindle

旧正月

白花ヒカンザクラ

白花ヒカンザクラ

今日は旧暦の1月1日、旧正月です。

一昨日あたりから冷え込み、今朝も奄美市名瀬で最低気温9度。昨夜は風雨もきつく、ときおりアラレが屋根を叩くような音もしていましたが、今朝になり少し風も収まりました。

旧正月の頃が1番寒いと言われます。天気予報によるとこれから気温は上がっていくようです。

山の上から降りてきたヒカンザクラの開花、街中でもあちこち満開になってきています。

写真は奄美市名瀬の名瀬運動公園から奄美市名瀬小宿への旧道沿いに咲いていた白花のヒカンザクラです。

Send to Kindle

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ