十島村、平島へ行ってきました

千年ガジュマル

千年ガジュマル

7月の口之島から期間が空きましたが、一昨年からの「十島村・奄美大島間観光交流人口促進事業」による十島村視察の最後の島、平島へ10/28-29の1泊2日で視察にいってきました。

十島村ホームページ平島の紹介ページ、1番下にPDF版の紹介がありますのでご覧いただくとわかりますが、山の上に小さな集落が1つだけの島です。

港からはちょっときつい坂道を歩いても15分ほど。集落内も写真の千年ガジュマルの有る集会道路をぐるっと歩いても30分ほどです。

他の島でも港で釣りが楽しめると聞いていたのですが、同行した奄美磯釣り連盟の方は、港で高級魚ハージンや2キロ余りのカスミアジやツノマルを釣ってました。トカラ列島内でも釣り客には評判の島らしいです。

また、集落の中心にあるコミュニティセンター内の「あかひげ温泉」は宝島と同じくボイラーで沸かさないといけないので隔日ですが、硫黄臭のほとんど無い、いい温泉でした。

宿泊した「たいら荘」はお部屋から夕日がばっちり楽しめます。そしてなによりお昼も夜も食事が平島の海の幸満載で美味しかった。

いい島でした。その他の写真は下記のFacebookページにてどうぞ。

Posted by 観光ネットワーク奄美 on 2015年10月29日

Send to Kindle

Yahoo!カーナビに網野子トンネルが

Yahoo!カーナビ

Yahoo!カーナビ

最近のほとんどのレンタカーにはカーナビがついているのですが、中には地図がアップデートされていなくて、3月に開通したばかりの網野子トンネルは反映されていない場合もあるようです。

ツアーに参加されたお客さんからは、”カーナビで突然、道が無いところを通行しているようになってびっくりした”などといった話を聞きました。

スマホの普及で、iPhoneやAndroidを使って地図が見れますから、GoogleMapはどうかと思いましたが、網野子トンネルはまだのようです。iPhone/iPadのマップはどうなんでしょうね。

ところが、Android/iOS(iPhone/iPad)用のYahoo!カーナビというアプリは、網野子トンネルがちゃんと反映されていました。

ちなみに画面は、目的地として当社の電話番号を入力して、ちゃんと会社の場所がゴールとして出たのですが、横着してGPSを起動せずデフォルトの東京から当社までの車での所要時間と有料道路料金、フェリーを使っての距離です。この金額は恐らく車のフェリー代は含まれてませんね。あと燃料代金も。

奄美大島をレンタカーで周る方はお手持ちのスマホにインストールして、使い方を調べておくといいと思います。

Send to Kindle

奄美では勢いの無いセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

金作原原生林へ向かう途中の農道沿い、セイタカアワダチソウの毒々しい色の花が咲き始めています。

外来種で全国的に広がってしまい、一時期は大変問題にもなって、要注意外来生物に指定されているようで、今日の南海日日新聞の記事(残念ながらWeb版には未掲載)でも住用町地区で駆除作業が行われたようです。

しかし、奄美大島では爆発的に増えておらず、この場所も数年前から見かけますが、ほとんど広がっていません。Wikipediaの記述でも、沖縄本島と久米島の一部で小規模とあります。

何故でしょうね。気温が高いからという話も聞いたことがあるのですが、Wikipedeiaでも平成に入って勢いが無くなったのは土壌の栄養分の低下が指摘されていますが、奄美大島から南では土壌が痩せているからというのが理由なのかもしれません。

Send to Kindle

EOS8000Dのカタログに奄美大島の写真

EOS8000Dカタログ

EOS8000Dカタログ

Canonの一眼レフ、EOS 8000Dのカタログに奄美大島で撮影された写真が使われています。

Canon EOS 8000D Special Site

上記Special SiteのTravel Photo Galleryにも奄美大島の写真があります。

右の写真はカタログの表紙、お近くのカメラ店や家電店でご覧下さい。カタログは上記Special Siteのメニューからリンクしているの商品情報ページの1番下にあるPDFページへのリンクからダウンロードすることができます。

さて、カメラのお値段は・・・なかなかのお値段です。Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 付属 EOS8000D18135ISSTMLK

Send to Kindle

金作原の主(ヌシ)?ヒメハブ

ヒメハブ

ヒメハブ

先週の土曜日に金作原原生林の散策路脇、樹の根元にヒメハブがいたのですが、ほぼ毎日、同じ場所に、そして今日も同じ場所にいました。

恐らく移動してないんでしょう。

ヒメハブは小さいのでカエル類を餌としていると言われていますが、水辺でもありませんし、カエルが出そうな場所でもないのですが、何を待っているのでしょうか。

先日、マングース駆除を行っているマングースバスターズの成果として、昨年のマングース捕獲数が71匹と二桁まで少なくなったという報道がありましたが、その結果として色んな生き物が帰ってきたということなのかもしれません。

Send to Kindle

10月の加計呂麻島

加計呂麻島、渡連海岸

加計呂麻島、渡連海岸

10月に入ってしまいましたが、奄美大島はずーーと快晴が続いています。

今日の加計呂麻島、渡連集落の浜もご覧のように夏のような景色。

でも、北風に乗って海を越えてきたのか、アサギマダラが優雅に飛び、帰り道に立ち寄ったマングローブでは冬の渡り鳥、サシバのピーークィーという甲高い声が響いていいました。白いサキシマフヨウの花もアチコチで目立ちます。秋になりました。

Send to Kindle

リュウキュウスズカケ

リュウキュウスズカケ

リュウキュウスズカケ

昨日から台風21号からの湿った風が流れ込み、蒸し暑い奄美ですが、全体としては今年は秋が早いようです。

マングローブへ行く途中に立ち寄ったフナンギョの滝のそばにリュウキュウスズカケが咲いていました。検索すると奄美新聞の去年の記事では10月23日にリュウキュウスズカケ開花の記事があります。

ここはいつもだとアリモリソウの可愛い花を楽しむことができる場所です。

バックにフナンギョの滝を入れてみたのですが、ボケてわからないですね。

Send to Kindle

わくわくバニラ、東京-奄美が2,980円から!

わくわくバニラ

わくわくバニラ

今日(9月25日)の19:00予約スタートです。(リンク先は予約ページです)(9月27日 23:59まで)

バニラエアの「わくわくバニラ」、東京(成田)ー奄美大島が、最安値で2,980円。

この時期、山の高いところではヒカンザクラが咲き始め、湯湾岳山頂近辺ではユワンツチトリモチの赤いマシュマロのような花が咲いています。サクラツツジも咲いているでしょう。

ここ数年はホエールウォッチングも好評のようですよ。(奄美クジラ・イルカ協会のサイトをご覧下さい。)

冬の奄美大島へも是非!

Send to Kindle

「フェリーかけろま」9/24からのドッグ入りは延期で通常運航(追記:10/1からドック入り)

(9/29:追記)10/1-10/14でドック入りするそうです。瀬戸内町観光物産協会さんのブログより。

9/17に”「定期船せとなみ」「フェリーかけろま」運航注意(9/20-10/7)”という記事で今日(9/24)から「フェリーかけろま」がドッグ入りのため、代船運航となり車は渡せませんよとお知らせしましたが、台風21号の影響でドッグ入りは延期となり、通常運航になっているそうです。ご注意下さい。

昨日の瀬戸内町観光物産協会Facebookページで知りましたが、瀬戸内町観光物産協会のホームページおよびブログには記載が無く、瀬戸内町のホームページにも情報はありません。

それどころか”「定期船せとなみ」「フェリーかけろま」運航注意(9/20-10/7)”からリンクしていたお知らせページ自体が無くなっています。

まぁ、今日のドッグ入りは無くなったから間違いではないのですが、町営船なんだから瀬戸内町のホームページにわかりやすく掲載して欲しいな。

Send to Kindle

「すもも」かき氷

すもものかき氷

すもものかき氷

昨日の湯湾岳コースの帰り道、奄美野生生物保護センターへ立ち寄る前に、お客さんは女性お二人だっというのもあって、”すもものソフトクリーム、どうですか?”とお聞きしたところ、”食べたい!”ということで「大和まほろば館」(Facebookページ)へ。

お客さんはソフトクリームでしたが、前回の湯湾岳コースでも食べたので、今回はすもものかき氷にしました。

かき氷にはすももの濃縮ジュース(かな?)がかかっています。そのままの味で甘ったるくありません。その上にちょこっと練乳。これがちょうどいい甘さになってます。そして1番上にドーンと丸々1個のすもも。砂糖煮されてますが、これもしつこい甘さではないです。

ソフトクリームが350円。そして、このかき氷が250円!(税込み)

近くを通るときは是非!

受け取る時、食べる時に上にのっかった「すもも」を落とさないように要注意です。

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

H.I.Sで奄美大島へ

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ