梅雨入りかという時期に台風

コンロンカ

コンロンカ

例年だと11日が梅雨入りで、日当たりがいいところではかなり咲いていますが、森の奥でも梅雨を告げる花のひとつ、コンロンカが蕾をふくらませています。

白いのはガクで真ん中に星形の黄色い花が咲きます。

もう一つの梅雨を告げる花、イジュもあちこちで満開ですが、この時期としては珍しく台風6号が明日にかけて奄美群島を直撃しそうで、その後には7号も発生しています。

季節外れのイジュの花が昨年末からあちこちで咲いていたのですが、もしかすると、梅雨入りの時期、本来イジュが満開になる時期を予見していたのかもしれません。通常の花の時期に台風があたるので、花が散らされて実がならない、それなら早めに。考えすぎでしょうか。

Send to Kindle

GWも終わり、梅雨入り間近?

フナンギョの滝

フナンギョの滝

初日はちょっと雨が残りましたが、概ねお天気に恵まれたGWも今日で終了。

今朝もマングローブカヌーツアーへ行ってきましたが、人もまばらでした。

写真は帰り道に立ち寄ったフナンギョの滝。

GW前の雨の影響がまだ残っていて水量はいつもより多めです。国道沿いでは梅雨を告げる花、イジュがあちこちで咲き始めていて、コンロンカの白いガクと黄色い花、そしてクチナシの白い花がたくさん咲いています。

明日は雨の予報で、その後も曇りや雨の予報が続いてますが、例年だと11日の梅雨入りです。そろそろでしょうか。

Send to Kindle

林道沿いでカクチョウラン開花

カクチョウラン

カクチョウラン

この時期、森の中でひときわ目立つ大きな花のランがカクチョウランです。屋久島・種子島以南に分布します。

街中の庭先等、日当たりがいい場所ではすでに満開となっていますが、金作原原生林等の森の中ではこれから。しかし、少し日当たりのいい林道沿いでは咲き始めました。

写真は林道沿いの斜面で咲き始めたカクチョウラン。GW直前に市役所が金作原への林道沿いの整備として草刈りをしてくれましたが、ちゃんとカクチョウランなど貴重な植物は残してくれています。

なお、カクチョウランを始め、多くの野生動植物は鹿児島県の条例によって保護されています。詳しくは鹿児島県の「指定希少野生動植物の保護について」をご覧下さい。

その他、GWの初日等に撮影した写真は金作原原生林ツアーのアルバムに掲載しています。あわせてご覧下さい。

Send to Kindle

ツアーお申込時のお願い

こちらのお申し込み方法で明記していますが、各ツアー紹介記事のコメントではツアーお申込みは受け付けておりません。また、お申込みの際にご記入いただくメイルアドレスを携帯電話のメイルアドレスとする際はPCからのメイル受信を許可しておいて下さい。

残念ながら本日もコメント欄にお申込みの書き込みがあり、申込み方法について返信しましたが、メイルの受信拒否、記入されていた電話にもご連絡しましたが、繋がらず、留守番電話にもならないという状況でした。

お心当たりの方、ツアー申込みよりお願いいたします。

Send to Kindle

GW始まりました

昨日、激しい雨となりましたが、GW初日の今日は朝まで雨が残っていたものの、午後からは雨も上がり、今後1週間の予報は晴れとなっています。

おかげ様で、連休中はほぼ毎日、午前・午後と金作原原生林ツアーのご予約をいただいています。まだ、若干の余裕もありますので、その他のツアーを含め、まずはお電話にてお問い合わせ下さい。

なお、5/4は「ぱしふぃっくびいなす」、5/7は「コスタビクトリア」と大型客船が奄美市名瀬に寄港します。金作原原生林へのバスツアーも予定されています。主要観光施設も混雑が予想されます。ご注意下さい。

Send to Kindle

湯湾岳はヤクシマスミレが満開

ヤクシマスミレ

ヤクシマスミレ

一昨日から今日までの3日間、団体さんのウォーキングツアーで、初日が金作原原生林、昨日は加計呂麻島、今日は湯湾岳を歩いてきました。

加計呂麻島ではソクシンランが道端でたくさん咲いていて、梅雨を告げるコンロンカも咲き始めてます。

また、湯湾岳への宇検村への道路沿いでは同じく梅雨を告げるイジュのつぼみがたくさん目立ちました。

湯湾岳の山頂近辺ではナンゴクホウチャクソウやサクラツツジなど、平地や低地ではすでに終わった花が少し残っていましたが、その中に屋久島と奄美大島は湯湾岳山頂近辺だけのヤクシマスミレが満開となっていました。

Send to Kindle

ケンムン公園(宇検村新小勝)

ケンムン公園

ケンムン公園

先日、団体さんの添乗で宇検村へ行ったところ、新小勝(あらんがち)トンネルの住用側にある道端のガジュマルが公園として整備されていました。

先月だったか通りがかった時にちょうど工事をしているところで、工事関係者の方に話は伺っていましたが、砂利がひかれて、ベンチと説明板も設置されています。

300mほど住用側のほうには山水が湧き出ているところも整備されていました。

宇検村のホームページには特に説明はありませんでしたが、宇検村のFacebookページで写真が紹介されています。

Send to Kindle

「鹿児島の自然調査事業報告書I~V」をPDFで配布

奄美の自然

奄美の自然

Twitterで知ったのですが、鹿児島県が1994年から1998年に発行した「鹿児島の自然調査事業報告書I~V」をPDFとして配布しています。

鹿児島県の自然を南薩・北薩・奄美・大隅・熊毛の5つの地域毎に調査したもので、確か一般販売はされずに図書館や教育機関関係に配布されたものです。

今回、すべて印刷物からスキャンしてPDFにしてありますが、ちゃんとOCRも行われているので文字検索も可能です。

例えばイシカワガエルは数年前に沖縄とは遺伝子レベルで別種としてアマミイシカワガエルとなっているなど、多少異なる点がありますが、それでも奄美そして鹿児島の自然を知るためにいい資料だと思います。

サイズの関係か複数ファイルに分割されているので、1つのファイルにまとめて利用したほうが便利そうです。

Send to Kindle

ギンリョウソウの群落

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

金作原原生林の手前、奄美中央林道沿いにギンリョウソウの群落がありました。

まるで森のなかにエノキタケが生えてるように見えないこともないです。

今年はこの群落以外にも去年は咲いて無かった場所にたくさんギンリョウソウが出ているようです。

Send to Kindle

大和村観光ガイドブック「巡るぐるぐる大和村」

大和村観光ガイドブック

大和村観光ガイドブック

昨日の加計呂麻島のガイドマップにつづいて、今日は大和村の観光ガイドブックのご紹介です。

今日、会社にどーーんと届いていました。

「巡るぐるぐる大和村」というタイトルでB5サイズ、32ページ。かなり厚みのあるしっかりした紙質です。

2年前に宇検村のガイドブック「Iラブ宇検村」を手がけた一般社団法人SHall we Designが作成してます。

集落紹介として全集落を1ページづつ紹介していて、他には地図、夕日スポット案内や観光スポットの紹介、巻末には各種情報としてカレンダーやお店一覧も掲載されています。

入手先としてはどんなところがあるのかと、大和村のホームページを開いてみたところ、新着情報に”大和村の新しい観光パンフレットを掲載しました。(2015/04/07)”とあるのでクリックしてみたところ、なんとPDF版が表示されました。まずはPDFをご覧になって下さい。(上記リンクもPDFにリンクしています。)

「Iラブ宇検村」もそうかもしれませんが、観光ガイドブックというよりは島在住の方で大和村を知らない人むけのガイドブックかもしれません。

ちょっと残念なのが「Iラブ宇検村」のPDF版が宇検村のホームページには見当たらなかったこと。こちらもPDF版があると、島在住で宇検村を知らない人、今年転勤でいらっしゃった方に知ってもらうためにいいと思うんですけどね。宇検村もしくはShall we Designの方、いかがですか?

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ