カクチョウラン

カクチョウラン
カクチョウラン(撮影:4/21)

 撮影した21日から今朝までは、この季節にしては北風が強く、気温が低かったのですが、お昼からは南風になるようです。
 散策路、森の木陰では蕾が膨らみ始めている程度で、写真の株は知名瀬林道終点の開けた、陽当たりのいい場所でした。
 そろそろ森の木陰でも咲き始めているんじゃないでしょうか。
 種子島・屋久島以南に自生する国内最大の花のカクチョウランです。
 漢字では鶴頂蘭、花弁の上(頂き)の白い部分が鶴が羽を広げているように見えることからついた名前だそうです。
 残念ながら香りはありません。

Send to Kindle

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ(撮影:4/21)

 そろそろ花の時期を終えるギンリョウソウ。
 金作原原生林内で、今シーズンは大きな群落が2つ消滅してしまいました。1つは散策路、1つは知名瀬林道終点から散策路スタート地点までの間です。
 ここ3年ほど連続して咲いてくれている群落が継続していることと、一度消えた群落地が復活したのが救いですが。
 写真は知名瀬林道終点から散策路途中の斜面の群落。バスの団体さんの場合は知名瀬林道終点からの散策で、今シーズンは出ないな、消滅したのかなと思っていたら、かなり遅くに咲き始めていたようです。
 来年も出てきてくれるでしょうか。

Send to Kindle

チャボイナモリ

チャボイナモリ
チャボイナモリ(撮影:4/21)

 屋久島・奄美大島以南。
 小さな花です。
 オキナワウラジロガシへの尾根伝い、割と陽当たりのいい林床に群落を作っていますが、不思議と他の場所ではみかけません。

Send to Kindle

オキナワトベラ

オキナワトベラ
オキナワトベラ(撮影:4/21)

 これまで「琉球弧 野山の花」では単にトベラとあった(新しい「琉球弧・植物図鑑」も同様)のですが、「琉球の樹木」によると、トベラは本州からトカラ列島に分布し、奄美群島から先島諸島まで分布するものはオキナワトベラとなっていました。
 葉先が少し尖っている、葉の縁が丸まってない、花柄が長い、等の特徴が違うようです。
 また、小笠原に分布するシロトベラというものに近いとか。
 ちなみにトベラは「扉」が語源のようで、葉をちぎると独特の臭いがあり、節分の時にオニを避けるために扉に挟んだから、ということらしいです。奄美大島でも山羊に食べさせると臭いが強くなるともいわれます。
 そして雌雄異株。
 この株はオキナワウラジロガシへの尾根伝いにあって、毎年咲くのですが、実を見たことがないなと思っていたのですが、花をよく見ると雄花でした。
 雌花は真ん中にふっくらとした子房がありますが、写真の花は雄しべが4つほど並んでいるだけです。

Send to Kindle

フトモモ

フトモモ
フトモモ

 コロナ騒動で、ここ10日ほど金作原原生林にも行ってませんでした。
 色んな花が咲き始めているし、リュウキュウアカショウビンも南から渡ってきているという話もネットでみかけたので、今朝、出かけてみました。
 残念ながら早朝から冷たい北風が吹いていて、アカショウビンの声は聞こえず。
 でも、少しづつ色んな花が咲き始めていますので、今日から連続して花をご紹介します。
 まずは、外来種というか野生化した果実ですが、花火のようなフトモモの花。
 金作原原生林へ向かう農道沿い、川沿いで野生化している木にたくさんの花が咲いていました。甘~い香りがします。

Send to Kindle

5月6日までのツアー受付中止

 本日、「新型コロナウイルス感染症の「緊急事態宣言」を受けての共同メッセージ」として、奄美大島の市町村長および各種団体からの共同メッセージが発表されました。
 当社としても先日から一部ネット上からのツアー申込は受け付けないようにしておりましたが、上記共同メッセージにより、5月6日まではツアー受付を中止することといたしました。
 ご理解のほど、お願いいたします。
 既に受け付けている分については、お客様とご相談の上、検討する予定です。
 また、5月6日以降についても状況によって判断し、サイト上にて告知いたします。

Send to Kindle

板付け舟

板付け舟
板付け舟

 今では島ではただ一人の船大工、坪山良一さんの制作した板付け舟です。
 舟漕ぎ競争用としてオーダーされた舟で、1月末から作成していて、その間、ちょこちょこと立ち寄らせてもらい、舟造りの色んな話を聞かせてもらいましたが、完成したというので再び工房を訪れてみました。

 坪山さんのお父さんは、奄美のシマ唄の唄者としても有名、「唄う船大工」こと坪山豊さんです。その技術を継承されています。

 坪山さんは伝統の板付け舟だけでなく、現在ではscofitsというブランド名で競技用のシーカヤックやサーフスキーを制作しています。

板付け舟

 後ろからみると船の微妙な曲線がきれいです。
 制作中にお聞きした話はとても面白く興味深い内容でした。
 原材料として主に宮崎で生産される飫肥杉(おびすぎ)がどんな特性があるのか、その杉が奄美大島でも栽培されていて、どんな材を選んで使うのか。
 いかに木を割れないように逆らわないように曲げていくのか。
 そして、加工・制作で行われる技術が宮大工の技術に共通していること、その他にも細かいテクニック等々。
 作業中はゆっくりと材を曲げていくために、間違ってぶつかったりすると、作業が振出しに戻るどころか材が割れてしまうこともあるということで、誰でも見学できるというわけではありませんでした。

 坪山さんのお父さん(豊さん)が作成した板付け舟は奄美博物館にて展示しています。機会があれば、是非、じっくりと見て下さい。

Send to Kindle

新緑の森

新緑の森
新緑の森

 数日前の大荒れのお天気から一転、昨日から気持ちいい青空が広がっています。

 金作原原生林へ向かう山道から見渡す森は新緑に覆われています。
 原生林の散策路脇ではアマミイシカワガエルも姿を見せてくれました。

Send to Kindle

イルカンダ(ウジルカンダ)咲く

イルカンダ(ウジルカンダ)
イルカンダ(ウジルカンダ)

 今日(3/12)のマングローブカヌーは満潮の時間が早かったので、スタートを30分早めてのツアーとなり、カヌーを終えた後、時間があったので、イルカンダは咲いてないかと見に行ってみました。
 奄美市住用支所前、国道58号線から旧三太郎峠へと進み、西仲間集落のはずれの川沿いの木に毎年イルカンダが咲く場所があります。
 ちょうど咲き始めのようで、周囲にはたくさんの蕾が下がっていました。

Send to Kindle

山は新緑に覆われつつあります

新緑とマングローブ
新緑とマングローブ

 朝夕はまだ少し肌寒い(といっても12度以上ありますが・・・)ですが、ここ1週間ほどで、山は新緑がかなり進みました。
 マングローブから見上げる森も御覧のような新緑です。

Send to Kindle

shop.amami.com(通販)

オリジナルキャラクターなどの通販コーナー

shop.amami.com

Jumbo Tours 奄美大島への旅

H.I.Sで奄美大島へ

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ