クロマグロ給餌見学(2015/9/1:追記有り)

西古見三連立神

西古見三連立神

(2015/9/1)この情報は記事を投稿した2013年当時のものであり、その後、個人での見学はできなくなりました。さらに今年度(2015年)から修学旅行等の教育目的での見学のみ。「奄美のいしょむん」パンフレットは更新され、問い合わせ先は瀬戸内町観光物産協会(TEL:0997-72-4567)となっています。

(4/2:追記)近畿大学奄美事業所では直接見学の予約は受け付けていません。「まっぷる」に記述されているように予約・お問い合わせは奄美大島観光協会(TEL:0997-54-4991、観光ネットワーク奄美内)までお願いします。

昨日は「まっぷる屋久島 奄美大島・種子島 (マップルマガジン)」に掲載(P84)されていた「奄美のいしょむん」特集の1つ、近畿大学奄美事業場のクロマグロエサやり体験をご覧になったお客さんが、是非見てみたいということでしたので、午前中のマングローブカヌーに続いて、午後から行ってきました。

給餌の時間は決まっているので、それまでせっかくならと、大島海峡の西の端、西古見集落、集落から更に西の端の曽津高崎灯台への途中にある、監視所跡の展望台へ。

きれいに公園として整備されていて、数カ所にご覧のような景色の説明板も設置されていました。

以前、訪れた時にはトイレが問題でしたが、西古見の新しい区長さんにお会いでき、今はいつも開けているとのこと。また、集落から展望台への途中にも新しくトイレとシャワーを作っているところでした。

奄美事業所のある花天集落に行く途中、西古見の1つ手前の管鈍集落にはトカラ馬のマナちゃんが飼育されているので、訪問した後に花天集落へ。

給餌用作業船

給餌用作業船

ガイドブックには「アクセスは海上タクシーで」とありますが、団体ならまだしも、少人数ではそうはいかないので、給餌用の作業船に同乗させてもらいました。

エサは通常、サバだそうですが、この日はサンマでした。

作業している方にお話を伺うと、ヘェーということばかり。

給餌をしたいけすには約80匹のクロマグロが入っているそうで、よく見ると、シマアジや他の魚もウヨウヨ。

稚魚の時に網の目からエサを求めて入ってきて、大きくなってしまい、出れなくなっているとか。

サンマを投げ込むとド迫力でクロマグロが集まってきます。その様子はYouTubeでご覧下さい。

大島海峡の西の方面は魅力はあるのですが、時間と距離がかかるので、これまでコース設定していませんでしたが、このクロマグロの給餌、トカラ馬、そして西古見の風景と巡るコース設定も検討中です。また、せっかくならクロマグロを食べられるお店のコース内に設定したいと調査中です。

興味のある方はお問い合わせ下さい。

Send to Kindle

奄美ガイドブック わたしたちの奄美大島

奄美ガイドブック

奄美ガイドブック

加盟している奄美大島エコツアーガイド連絡協議会の総会が行われ、ガイド認定制度についてなど国立公園化と世界自然遺産登録に向けて色々と動き出しています。

資料として配布されたのがこちらの冊子「奄美ガイドブック わたしたちの奄美大島」という200ページ近いA4の冊子でした。

発行は今月、奄美市の紬観光課です。

内容は前半30ページ近くが「奄美の概略をつかむ」として概要から自然・歴史・文化までまとめられていて、後半は各分野の専門家の方々のインタビューとして「もっと知りたい奄美」、巻末には奄美大島の全集落の紹介と奄美大島に関する数字データです。

これは一般の観光ではなく、一歩踏み込んだ奄美を知る資料として、すごくよくまとめられた本だと思います。

早速、発行元の奄美市紬観光課に問い合わせたところ、現時点で一般販売は未定で、島内の学校関係・図書館、それと観光に関連する団体に配布しているとのことでした。

興味のある方は図書館などでご覧下さい。

Send to Kindle

3/26 NHK 「Nature Island ~奄美群島・世界自然遺産登録に向けて~」

残念ながらNHK鹿児島放送局制作で鹿児島県内のみの放送ですが、奄美群島の自然を1年かけて撮影した番組が明日(3/26)の19:30から19:55に放送されます。

http://www.nhk.or.jp/kagoshima/midokoro/index.html

詳細のページも無くて、たまたまテレビで見て知りました。全国版でも放送してくれるといいのですが。

国立公園化、そして世界自然遺産登録に向けて、今年はこういう奄美を紹介する番組が増えそうです。

Send to Kindle

販売期間限定、東京発着ホテル付き2泊3日で35,800円!

ネイティブシー奄美さんのFacebookページで知りましたが、JALさんが3/21~6/30の宿泊対象期間での特別プランを販売しています。

販売期間は3/18~4/1まで!急げ!

https://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/time_sale/index02.html

九州のところにネイティブシー奄美さんに2泊3日、東京発着の航空チケット付きで、なんと35800円!
(3名1室、食事無し)

これはお得です。

Send to Kindle

奄美市名瀬、LTE開通

今朝、金作原原生林から戻ってくると事務所で”docomoの携帯にLTEの表示!”というので見てみると3Gのところが確かにLTEとなってます。

http://www.nttdocomo.co.jp/xi/index.html?icid=CRP_TOP_rec1_xi

上記のドコモのサイトによると5月までに奄美市名瀬と空港周辺となっていますが、サービスが始まったんでしょうね。

速度は3Gに比べれば速くなったかもしれませんが、速度測定アプリによると下りが約5M、上りが1.5Mです。

どうやらauやsoftbankに比べるとdocomoが一番遅いようです。

まぁ、速度よりも金作原や湯湾岳で通じるようになってくれたほうがいいかな。

Send to Kindle

新緑の季節

新緑に覆われた森

新緑に覆われた森

奄美の森はすっかり新緑に覆われています。

スダジイも新芽に続いて花がやがて咲こうとしていますし、ハゼノキ、イイギリ、イヌビワ・・・、たくさんの木々が一斉に新芽を出してきています。

観光ネットワーク奄美のFacebookページ金作原原生林のFacebookページでも色んな新芽や花々を掲載していますのでご覧下さい。

 

Send to Kindle

5月からのNHK土曜ドラマ、舞台は奄美

5月から始まるNHK土曜ドラマの舞台が奄美だそうです。

土曜ドラマ 『島の先生』#1 「仲間由紀恵 離島の先生に!」 | 島の先生 | ドラマスタッフブログ:NHKブログ

http://www9.nhk.or.jp/drama-blog/

土曜ドラマ 『島の先生』

【放送予定】 5月25日(土)スタート<全6回>

総合 毎週土曜 午後9時00分~9時58分

【  作  】  荒井修子

【音  楽】 吉俣 良

【出  演】 仲間由紀恵 井浦 新 青山倫子 藤本隆宏 ドロンズ石本
今井悠貴 田中美里 朝崎郁恵
国広富之 左時枝 大地康雄 石坂浩二 ほかの皆さん

【制作予定】 3月中旬~6月上旬  奄美群島ロケ、都内ほかで収録

昨年末、それらしい問い合わせがあったのですが、このドラマだったんですね。

上記、ドラマスタッフブログではロケの様子などもアップされるようです。楽しみ。

Send to Kindle

湯湾岳のソメイヨシノ、咲き始め(Twitterより)

奄美市名瀬長浜にある民宿「奄美海風荘」さんのTweetによると、宇検村湯湾岳の7合目にあるソメイヨシノが咲き始めているそうです。

奄美では気温が高いためか、ソメイヨシノは平地では咲くことが無く、湯湾岳の7合目にある公園のソメイヨシノぐらいなんですよね。

今シーズンの冬は気温が低かったからでしょうか。

満開は来週?それとももう少し先?

宇検村のFacebookページでお知らせしてくれると嬉しいのですが。

Send to Kindle

アマミセイシカ

アマミセイシカ

アマミセイシカ

神屋ウォーキングツアーに行って来ました。

昨日の下見は車でざっと通っただけで、今年のアマミセイシカは早くてほとんど終わってると思っていたのですが、歩いてみるとまだまだきれいに咲いているアマミセイシカをたくさん見ることができました。

この他のアマミセイシカの写真はFacebookページにアップしていますのでご覧下さい。

その他にはアマシバの花も咲いていましたよ。

往復約6Kmの林道ウォークの後はマングローブ茶屋さんでお昼をとり、お客さんはまだマングローブを見ていないということでしたので、新設された歩道からマングローブを見てもらった後、モダマ、フナンギョの滝を見に行きました。

少し曇り空で日差しもきつくなく、風も気持ちのいい新緑が映えている山の中のウォーキングツアーでした。

Send to Kindle

今年のアマミセイシカは早かったようです

和瀬のヒカゲヘゴ

和瀬のヒカゲヘゴ

明日予定している神屋ウォーキングツアーのために、午後から神屋原生林を下見に行って来ました。

残念ながらアマミセイシカはいつもより早かったようで、ちょうどピークを過ぎていて、花は残っているものの落ちる直前でした。

それでもサクラツツジやギンリョウソウ等、花々が咲いていて、鳥の声もたくさん聴こえていました。

写真は神屋原生林へ向かう途中に立ち寄った新和瀬トンネルの名瀬側入り口近くの渓谷、国道から見える景色です。

新和瀬トンネルの名瀬側入り口の右手に駐車場があるので、そこに車を停め、名瀬側の方に歩道を歩いて行くとこのような景色が見えます。(駐車場から歩道へは道路を横断しないといけないのですが、車の通行には十分に気をつけて下さい。)

観光ネットワーク奄美金作原原生林のFacebookページにはこの他にもここ数日の写真をアップしていますので、ご覧下さい。

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

H.I.Sで奄美大島へ

オリオンツアー

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ