奄美大島探検図 Vol.30 2013年新春号、印刷開始&PDF公開

15年目を迎えた「奄美大島探検図 Vol.30 2013年新春号」は印刷に出し、今月25日頃には配布を開始します。

配布に先立ち、PDF版を上記リンクにて公開しました。全ページを1つにまとめたもの(約16MB)も用意しています。

ご利用下さい。

Send to Kindle

リュウキュウアサギマダラの集団越冬

リュウキュウアサギマダラ奄美自然観察の森でヤッコソウとオキナワテイショウソウを見た後、ここ数日、冷え込んできているので、もしかしたらリュウキュウアサギマダラの集団越冬が見れるんじゃないかなと、毎年観察している海岸線の森に行ってみました。

気温が12度を下回ると垂れ下がった木の枝などで集団になって越冬するのです。

曇り空からだんだんと青空になり、日差しも差し込んで気温が少し上がってきたので、どうかなと思いつつ森に入ると、あちらこちらにアサギマダラの集団、そしてヒラヒラと飛び回っている個体もありました。

明日以降は気温が少し上がっていくようですが、数日は観察でsきそうですよ。

クワズイモの森集団越冬が見られる森の小道は以前からクワズイモが多かったのですが、ちょうど良い感じに生い茂っていました。

残念ながら一部、葉っぱが切り払われた後もありましたが、しゃがんで見ると、ご覧の通り。

クワズイモの森です。

Send to Kindle

ヤッコソウとオキナワテイショウソウ

ヤッコソウリピーターの方を大島北部にご案内してきました。

まずはヤッコソウをご希望でしたので、龍郷町・長雲峠にある奄美自然観察の森へ。

残念ながらヤッコソウの花はピークを過ぎたようでちょっと黒ずんできていました。(写真はちょっとピントが甘いです。すいません。)

オキナワテイショウソウも咲いていると聞いていたので、偶然にお会いした管理人の方に尋ねると近くに咲いているよということでしたので探すとすぐ近くにありました。

先日の役勝川にあった渓流型のオオシマハグマと比較してみると葉っぱの感じと花の付き方が異なりますね。

付近には合計で4株ほど見ることができました。

遊歩道沿いにはアリモリソウの白い花があちこちに咲いていました。

 

Send to Kindle

役勝川エコロード植物観察会

今日は奄美大島エコツアーガイド連絡協議会のガイド自主研修会、第4回「役勝川エコロード植物観察会」に行ってきました。

11時にマングローブパークに集合して現地へ移動。参加者は約30名。講師は奄美花ガイドの山下弘さん。
役勝トンネルを宇検村方面に抜けて篠川方面への橋、役勝橋を渡ってすぐ右手の空き地に車を止めてスタートです。

オオシマハグマコースは役勝トンネルが開通(平成17年開通)した数年前まで使われていた県道ですが、トンネル開通後はほとんど車が通ることもなく、のんびりと散策しながら山下さんの植物の説明を聞きました。

山下さんのお話によると、この役勝川エコロードは役勝川(奄美大島第2の河川、全長15Km)の役勝橋から新八津野橋までの旧県道(約2Km)のことです。
八津野の森(エコロードから役勝川の対岸の森)は先日の国立公園検討会でも金作原、神屋と同様にコアゾーンとなっている森です。

コース途中からは役勝川に降りて河原も散策。
写真は山下さんによるとまだわからない部分も多いのですが、オキナワテイショウソウの渓流型の植物でオオシマハグマという名前の花です。(トリミング・明るさ調整してます。)

折り返し地点ではお弁当を食べての約3時間の散策でした。
季節ごとに色んな表情が楽しめそうです。ご希望の方はご案内しますよ。

他の写真はFacebookページのアルバムでどうぞ。

 

Send to Kindle

奄美大島探検図Vol.30 2013年新春号編集中

「奄美大島探検図 Vol.30 2013年新春号」は12月25日の配布開始に向けて、現在編集作業中です。

確認用PDFのページを設置しました。

広告を掲載いただいているお店・会社の方はご確認をお願いします。

Send to Kindle

アイランダー2012、行ってきました

奄美群島ブース11月24日・25日と東京・池袋サンシャインシティ文化会館で行われた「アイランダー2012」に参加してきました。

奄美群島広域事務組合が毎年ブースを出しているのですが、移住支援をお手伝いしている関係で、移住相談と観光情報担当として、昨年に続き2回目の参加です。

詳しい情報は移住支援サイトねりやかなやさんのブログにアップされると思います。写真は初日、開始前のブースの様子です。開催中はドタバタで写真を撮るのを忘れてました。

左半分の焼酎試飲コーナーは大人気で、ひっきりなしでお客さんが訪れてくれました。

移住相談も立て続けに・・・・とはいかなかったのですが、昨年よりも、真剣に移住を検討している方のご相談が多かったような気がします。

昨年はほとんど何も準備せずに参加で反省点も多かったので、今年は事前に打ち合わせしたはずが、それでも終わってみると反省点・課題点が山積み。せっかくやるんですから、たくさんの情報をお届け出来るように、来年はさらに準備万端で参加できればと思っています。

Send to Kindle

明日からアイランダー2012

明日・明後日(24日・25日)と東京・池袋でアイランダー2012が開催されます。

会場の案内などは、公式サイトをご覧下さい。

昨年に引き続き、当社からも参加して、奄美群島のブースで観光情報や移住支援などのご案内をしますが、両日11時からはブース内にて11時から20分ほど簡単ですが奄美の自然講座を行います。

また、14時50分頃からはステージにて奄美の島唄と与論献奉講座が行われます。

パンフレット類もたくさん取り揃えてますので、是非お越し下さい。お待ちしてます。

Send to Kindle

奄美大島探検図Vol.30 2013年新春号、広告募集中

1月と7月、半年に一度発行している「奄美大島探検図」、12月末に配布のためにVol.30 2013年新春号の広告募集を開始しました。

昨日は北大島(笠利町・龍郷町)、今日は南大島(住用町・瀬戸内町・宇検村・大和村)に営業で廻ってきました。

11月29日が原稿締切となっています。新規の掲載もこの期日まで受け付けていますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。

半年に1度ですから、Vol.30ということは最初の発行から15年です。よく続きました。
最初はA4の半分の片面、当社事務所近辺から始まったこの地図も現在は32ページ。加計呂麻島まで含めて奄美大島全体となっています。Vol.30では広告以外の情報も少し工夫しようかと考えています。

順調にいけば配布開始は12月25日頃を予定しています。
よろしくお願いします。

Send to Kindle

移住体験ツアー、無事終了

ムチムレ16日から3泊4日で、奄美大島の移住体験ツアーをご案内してきました。

細かい内容は移住支援サイト「ねりやかなや」にレポートがあがると思いますので、ご覧下さい。(追記:レポをアップしました。1日毎になっています。初日はこちら。)

初日の龍郷町芦徳集落での交流会も盛り上がりましたが、写真は2日目の宇検村芦徳のムチムレの様子です。

他の地域でのムチムレ(モチモレとかモチムレとか色んな記述があるようですが、芦徳ではこれが正しいということでした)は男性が浴衣を着て女装し、手ぬぐいで顔を隠して踊るのですが、芦検集落は20代の男性陣が好きなように仮装して踊るのです。

集落内を踊っては移動、そして移動の際に家々からお酒やお菓子などをもらってあるきます。唄は年配の女性陣、集団の後ろからは中学生たちがねこ車でもらったお酒やお菓子を運んでいました。

その様子はまるでハロウィンみたいです。色んなお祭りがあるもんです。

Send to Kindle

今日から移住体験ツアー

今日から4日間の日程で奄美大島の移住体験ツアーが始まります。

今日は奄美パークをスタートして龍郷町芦徳集落へ、2日目は笠利町を訪問して大和村、そして宇検村。3日目は瀬戸内町から住用町、そして名瀬へ。

各地で先輩移住者から話を聞いたり住居を見学したり、お祭に参加したり。

最終日は希望によって各自ご案内の予定です。

ツアー途中の様子はFacebookページに随時アップしますので、そちらをご覧下さい。

Send to Kindle

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ