カケロマ島散策ツアー

今日は久々にカケロマ島散策コースへ行って来ました。
お天気はあいにくの曇り空、昨夜からの雨が続く予報でしたから、まぁよしとしないと行けないでしょうが、ちょっと残念でした。

加計呂麻島へ渡る前に高知山展望台へ寄ってみると、ヒカンザクラがちょこっとだけ咲いてました。本格的な開花はもう少し後になりそうです。

加計呂麻島の安脚場の戦跡公園ではサザンカがあちこちで満開でした。

サザンカ

来々夏ハウスさんの昼食はこんな感じ。

お天気がよくなくてお魚の入手がなかなか難しいそうです。

Send to Kindle

奄美大島探検図 Vol.28配布

「奄美大島探検図 Vol.28 2012年新春号」が一部(5000部)出来上がってきましたので昨日は北部、今日は南部に配布してきました。市内の主要宿泊所にも配布しています。
今日は大和村から宇検村、瀬戸内町、住用町と廻りましたが、先日の水害以来、初めて嘉鉄から先、蘇刈・ヤドリ浜へ行きました。
道路はなんとか通れるようになっていますが、想像以上の崩れ方ですね。
大和村から湯湾岳を越えて湯湾集落、宇検村役場横への山道は途中から湯湾岳からの川が流れて鬱蒼とした渓谷になっています。
確か滝があったはずと探してみると沢に降りる道がありました。
さっそく降りて見たのがこちらの滝。
湯湾渓谷の滝

3段のなかなかの滝です。

周囲の木々にはたくさんのオオタニワタリが着生していました。

オオタニワタリ

Send to Kindle

奄美日本復帰58年の集い

復帰

復帰記念

Send to Kindle

瑠璃実の木

 奄美大島探検図やホームページのリニューアルなどで、なんだかんだと1ヶ月近くぶりの金作原ツアーでした。

ルリミノキ


 トクサランはすでに終わりに近いのですが、ルリミノキが名前の通り、瑠璃色の実をたくさんつけていました。
 残念ながらお正月の飾りにつかうのか、切られてしまうことが多いんです。

Send to Kindle

ヘツカリンドウ


 海岸線から山中まで見ることができます。
 生えている場所によって花びらの太さが異なる不思議な植物です。

Send to Kindle

amami.comをWordPressでリニューアル

 とりえずではありますが、amami.comをWordPressでリニューアルしました。
 といっても、これまでの「あまみ便りblog」(http://www.amami.com/blog/)をベースにしていますので、ブログ記事を「あまみ便り」のコンテンツの一部として見れるようにしたということです。
 「奄美大島の紹介」はまだまだですが、まずはツアーのご紹介と申し込み、問い合わせ&資料請求ができるようになりましたので、暫定リリースです。
 これ以上に奄美大島の情報を提供していきますので、よろしくお願いします。

Send to Kindle

カツオノエボシをダシにする!?

 本ブログをCMSとしてamami.comのサイト構築途中ですが、食に関して面白い話題があるのでご紹介。
 先日、奄美自然学校さんのブログで「危険!」という記事があり、知名瀬海岸にカツオノエボシが打ち上げられていることが紹介されていました。
 Wikipediaによると、

非常に強い毒をもち電気クラゲの別名があり、刺されると強烈に痛む。刺されたヒトの死亡例もある。

 という、大変危険なクラゲです。
 しかも、死んだ個体でも毒針は物理的に反応して発射されるので、触ることは危険です。(対処法などは上記リンクをご覧下さい。)
 Twitterで紹介したところ与論島出身と思われる方から返事がありました。

@kiyamakouzou

大量に打ち上げられているなら是非収穫に行きたい。ご承知とは思うが、名前に負けない程、カツオ出汁が出る。鰹節と同じ方法で良い、強烈な美味です。是非、試食を。日が経ったものは脱色しています。できるだけ青いものを箸で収穫。冬場、浜辺の美味。

どの地域の食習慣なのかお聞きしたところ、次の返事。

昭和34,5年頃までは殆どの家で利用していたと思う。名前がある事から与論だけの特別な食習慣ではないと思う。例えば、サンゴ礁のかけらもたまには煎じて出汁を子供に飲ませなさいと父から聞いた事があります。これはヨウ素で解毒作用があり、 デキモノに良いと聴いています。

 びっくりです。
 ググッてみましたが、危険という記事はあってもダシにするというのは見つかりませんでした。Wikipediaの名前の由来にもカツオのダシに味が似てるとは書いてませんしね。
 与論島以外の地域でもダシにするところあるんですかね。

Send to Kindle

マングローブ清掃作業

 今日は奄美大島物産協会と奄美大島観光協会、奄美群島観光連盟の合同で今年秋の水害でゴミが入り込んでしまったマングローブの清掃作業でした。
 明け方から、物凄い風雨でできるのかと心配していましたが、朝には雨は少し残っているものの風が止んでくれたので、実施。
 個人的事情で午前中は行けなかったのですが、午後から参加してきました。
 徒歩でゴミ拾いをする組とカヌーで水路まで入る組の2組に別れ、私はカヌー組のほうへ。
 二人艇に一人で乗り込もうとしたところ、大島紬村の社長が行くと言うので一緒に乗船しました。
 水路の中にはかなり大きなゴミやブルーシートが泥をくるんで大変なことになってましたが、悪戦苦闘しながら撤去。
 船乗り場へ戻ろうとすると、怪しいカヌーが近づいてきます。

送信者 シマ巡り2011-12

 通常、座って漕ぐ一人乗りカヌーに立ち上がって漕いでいるのは白畑瞬君。
 さすがです。とてもこんな真似できません。良い子の皆さんは絶対にしないですください。
 カヌーの世界大会に出る彼だからできる芸当です。

 集まったゴミはご覧の量。

送信者 シマ巡り2011-12

 トラックの約3台分。ガスボンベや洗濯機といった大物もありました。

Send to Kindle

「奄美大島探検図 Vol.28 2012年新春号」暫定PDF公開

「奄美大島探検図 Vol.28 2012年新春号」、なんとか原稿が出揃ってきて最終チェックの段階となってきました。
今回も作業途中のPDFを公開しますので、(2011-12-13)最終版の全ページをアップしましたので、関係する方はご確認をお願いします。

Send to Kindle

ブログのデザイン変更作業中

 「奄美大島探検図 Vol.28」は原稿がまだ届いてなかったり、作業済みレイアウトを確認してもらったりと、忙しいんだか、時間を持て余してるんだか、わからない状態です。
 それならば、同じパソコンに向かい合っている間にちょっとWordPressをいじってみようかということで、デザインが中途半端な状態ですが、どうかスルーして下さい。

 いえ、ね。バナナマフィンさんが、サイトリニューアルしてて、よく出来てるなーと思ったらWordPressだったわけですよ。
 なんかね。悔しい刺激を受けたわけです。
 したらば。(バナナマフィンさん風に)

Send to Kindle

Jumbo Tours 奄美大島への旅

オリオンツアー

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ