この後、どうするんでしょう。(ガラスヒバァ)

フォトギャラリー
アカマタ
アカマタ

アカマタ

今日はカケロマ島散策コースへ行ってきました。

いつもは1組2名ぐらいのツアーですが、今日はさすがにGW、3組8名となり車ごと加計呂麻島へフェリーで渡りました。古仁屋の海の駅では予約していないレンタカーのお客さんが窓口で乗れないことを告げられしょんぼり。帰りの生間港でも車の乗船のキャンセル待ちをしている車が数台ありました。GWに限らずフェリーに車を乗せる場合は必ず予約しましょう

昼食後に安脚場の戦跡公園を散策中、雨水を貯めていたところで前回訪れた時にはオットンガエルがいたので今日はどうかなと覗いてみました。

するとヘビらしいものが金網からぶら下がってます。死んでるのかなと棒でつっつくと首をもたげて攻撃態勢、ガラスヒバァでした。

でも、なんか変です。写真でわかるでしょうか。垂れ下がった金網の網の目に身体が引っかかっています。ヘビが後退することはできるはずがありませんから、金網の向こうから頭を入れ、なんとか強引にここまで身体を通したものの、ここでひっかかっているようです。
棒でつっつくのですが、暴れても身体は金網から抜ける様子はありません。

もしかしたらお腹がすいてスリムな状態でここまで身体が進んで、水の中のおたまじゃくしを先に欲張って食べてしまいお腹がつっかえたのかもしれないですね。

さて、この後、ガラスヒバァはどうなるのでしょうか。

どなたかレポートしてくれませんか。気になります。

追記:原ハブ屋奄美さんから、アカマタではなくてガラスヒバァだと指摘がありました。正直、ちょっと自信なかったんですよね。ガラスヒバァにしては大きかったんですよ。ご指摘ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました