ハマボウの花

フォトギャラリー
ハマボウ

13日の梅雨明け以来、連日ジリジリと焦げそうな強烈な日差しと局所的な土砂降りが続いてます。

強い日差しの下、マングローブでは写真のハマボウが涼し気な黄色い花を咲かせていました。

マングローブカヌーツアーでは細い水路に入ると木のトンネルで木陰になるのでいいのですが、それ以外の場所は隠れる場所の無く、容赦なく日差しが照りつけます。

暑いから半袖・短パンがいいかというと、奄美の夏の日差しでは、かえって肌を露出すると熱いというより”痛い”です。

ですので、できるだけ肌を露出しない服装がいいでしょう。また、帽子は風で飛ばされないように、意外と盲点なのが首の後ろです。帽子や長袖でしっかり日差し対策をしていても、首の後ろがむき出しだと日焼けしてしまい、体調を崩すことが多くなります。タオル等で覆うようにしたほうがいいでしょう。UVカットしてくれるサングラスもあったほうがいいです。

また、バドル(カヌーを漕ぐ道具)を持ち上げる際に自分に、あるいは船内に水を入れてしまうことも多く、汗で濡れるということもありますが、着替えは準備しておいたほうがいいでしょう。足元も使い慣れたサンダルがあればいいです。(サンダルはツアー参加時にお貸しすることもできます。)

直射日光があたるときついですが、木陰に入ると水面を涼しい風がわたってきます。快適ですよ。

ちなみに暑いといっても気象庁が発表している連日の奄美大島の最高気温は31度から32度ほど。奄美へ避暑にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました