マングローブで季節外れのエゴノキの花

エゴノキ ツアー
エゴノキ

一昨日、「奄美大島探検図 Vol.38 2017年新春号」を印刷へと出し、PDF版も公開したので、1日お休みをはさんで、今朝は今月初となるマングローブカヌーへ行ってきました。

ここ数日は強い北風が吹き荒れて雨も降っていたのですが、今朝はピタリと風も止み、雲もどんどん無くなっていき、青空。そして日差しがあたるとポッカポカのいいお天気でした。

川岸にはイボタクサギやツワブキ等も咲いていましたが、役勝川の川岸、流れに根元をえぐられたエゴノキが水面に倒れ掛かっているのですが、健気に花を咲かせていました。

関東では5月、奄美大島では2月に咲く花です。今シーズンは秋口にも咲いていて、もう枯れてしまうかなと思っていたのですが、再び小さな葉っぱを出して花を咲かせています。なんとか子孫(種)を残そうと、季節も関係なく咲いているんでしょうか。

その他の様子はFacebookページInstagramにも掲載していますので、ご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました