マングローブパーク内を路線バスが通るようになります

マングローブパーク内のバス停 ニュース
マングローブパーク内のバス停
マングローブパーク内のバス停

マングローブパーク内のバス停

今日は「奄美大島探検図」配布のため、南大島を廻ってきました。天気予報は晴れにも関わらず、朝から奄美市名瀬は雨。晴れたかと思うと、・宇検村といわゆるカタブリ(局所的な雨)の連続でした。沖縄の南にある台風なりそこないの熱帯低気圧からの湿った空気の影響でしょうね。瀬戸内町も蒸し暑く、住用町も直前に土砂降りがあったようです。

住用町の道の駅・マングローブパークへ行くと、施設内、国道から入ってすぐの駐車場の奥、マングローブ館の手前に目新しいバス停がありました。マングローブパークの方によると今日設置され、明日から使用されるとのこと。

これまでマングローブパークのバス停は国道沿いにあったのですが、明日(20日)からは名瀬・古仁屋間の両方向の路線バスが国道からマングローブパークのロータリーのようになっている駐車場に入り、一番奥のマングローブ館の前で乗降可能になるそうです。今日のような暑い日や雨の日にマングローブ館の中で待つことができるので便利です。(駐車場やマングローブ館の配置についてはホームページをご覧ください。)この情報は「しまバス」さんのホームページには掲載されていないようですが、詳しくは後日、ホームページ等でご確認下さい。

夏休み期間中(7月21日から8月31日)は大浜海浜公園行きのバスも運行するそうです。詳しくは「奄美の女性バス運転手」さんのブログ記事をどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました