海と山、ヘツカリンドウの花の違い

海辺のヘツカリンドウ フォトギャラリー
海辺のヘツカリンドウ
海辺のヘツカリンドウ

海辺のヘツカリンドウ

今日は強風の中、加計呂麻島ツアーへ行ってきました。当然ながら今年初。

昨日は強風でカケロマフェリーが欠航となったようです。今日の明け方も風の音がすごかったのでどうなるかと心配したのですが、無事催行できました。

強風のおかげで、花富と西阿室の間のタカテルポイントからは徳之島が見えるぐらい空気はクリアでした。

最初の写真は安脚場戦跡公園の日当たりのいい歩道に咲いていたヘツカリンドウ。大きな花を咲かせています。

山中のヘツカリンドウ

山中のヘツカリンドウ

ところが、おなじヘツカリンドウでありながら、これが山中になると、花茎がヒョロヒョロと伸び、葉も細くなりますが、左の写真のように花も細くなるのです。

年末の29日に湯湾岳へ行った時に、ほとんどの株は花が終わっていましたが、唯一咲いていたものです。

どうしてなんでしょうか。

蜜を吸いに来る昆虫の数の違いかな?

 

タイトルとURLをコピーしました