加計呂麻島は晴天

安脚場戦跡公園から大島海峡

安脚場戦跡公園から大島海峡

台風15号が近づく中、加計呂麻島ツアーへと行ってきました。

古仁屋から加計呂麻へ渡ろうとすると台風からの湿った空気の流れ込みのせいか白っぽく雲も多かった空も昼食の際に20分ほど土砂降りが降って、その後はご覧のような晴天。

お天気良すぎてちょっと疲れてしまうほどでした。

心配していた台風15号は昨日までの予報より西よりを通っていくようです。しかし、明日の午後から明後日にかけては雨の予報。夏休みも終わって少しゆっくりしなさいということでしょうか。

加計呂麻での写真は以下のFacebookページのアルバムに掲載しています。ご覧ください。

Send to Kindle

マンリョウの花

マンリョウの花

マンリョウの花

センリョウ等のように、お正月に飾られるマンリョウの実が早くもついているなと思ったら花が咲いていました。

白い小さな花です。

場所は湯湾岳の山頂近く。センリョウも実がついていますが、花を確認することはできませんでした。

先日からの雨で湯湾岳の植物もホッと一息ついたようです。

道端のコケがみずみずしくてきれいでした。Facebookページのアルバムでどうぞ。

 

Send to Kindle

ようやく恵みの雨にヒマワリの花

ヒマワリ

ヒマワリ

6月末から快晴続きで7月はついに降水量0、そして8月に入っても晴天が続いていましたが、ようやく昨日から雨がやってきました。

ところが、雨を運んできたのは2つの熱帯低気圧。雨雲が渦を巻きながら次々と湿った空気を運んできて、あちこちで激しい雨となっています。

今日の午後、南部の瀬戸内町では1時間で50mmを超える雨が降っているようで、こうなってくると恵みの雨とばかりは喜んでばかりはいられません。特に山道の走行には十分注意して下さい。

今日の午前中は時折降る土砂降りの中、マングローブカヌーへご案内後に北部のホテルへ。屋入トンネルを空港方向へ抜けて、大島紬村の入り口を通り過ぎたあたりで左手から鮮やかな黄色が目に飛び込んできたので何かと思ったら一面のヒマワリの花でした。

多分、サトウキビ畑を休ませている間に鋤きこんで肥料とするためのヒマワリでしょう。昨日からの雨で元気になったのかもしれません。

Send to Kindle

奄美大島探検図、訂正PDFとバックナンバー利用のお願い

夏休み直前から配布を開始した「奄美大島探検図 Vol.31 2013年夏号」ですが、誤りがありましたので、修正してPDF版には反映させておきました。

関係者の方々にはご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません。

また、上記「奄美大島探検図」のページには追記しておきましたが、奄美大島探検図の配布は基本的に広告をいただいている店舗で行なっていますが、ホテルやレンタカー等、大量に配布する店舗では、最新号を作成した際に回収した前回号も配布をお願いしています。

これは、最新号が出来たからと言って破棄するわけにもいきませんし、内容は大きく変わるわけではなく一部の店舗情報等が削除・追加になるだけですので、利用にあたって大きな問題があるわけではありません。

そのため、特に地図としてだけのご利用の際はバックナンバーのご利用もお願いしています。

ご理解をお願いします。

Send to Kindle

感謝!アマクロトラスト目標額達成!

目標額までもう少しということで締切を延長していたアマミノクロウサギトラストキャンペーンですが、8月2日に目標額の2千万円を達成したそうです。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

http://www.ntrust.or.jp/trust_project/amakuro/newpage2.html

上記のキャンペーン結果のページには命名された森の名前の地図も掲載されています。

奄美新聞の記事によると、年内には案内板も設置予定ということですので、今度、森を見てきたいと思います。

Send to Kindle

「すももっこ」と「うん・・・まま、すもも。」(大和村:すもものコンポート)

すももっこ

すももっこ

今日は湯湾岳コースへ行って来ました。

7月は観測史上初というぐらいに晴天が続いているのですが、不思議と昨日・今日と空気が澄み渡っていて、森の風も湿っぽくないので、お客さんとご相談の結果、午前中で7合目から登ってみました。

山頂では北には喜界島や横当島、南には徳之島まで見渡すことができました。

さて、タイトルの「すももっこ」と「うん・・まま、すもも。」、これはなにかというと大和村の大和まほろば館で作られている大和村の特産品、スモモを使った加工品です。

「うん・・・まま、すもも。」がスモモのコンポートで、これを天日で丁寧に乾かした(というより水分を飛ばした)ものが「すももっこ」です。

大和村のFacebookページなどで作っているところは見ていたのですが、発売開始のアナウンスや値段などがわからなかったので、帰り道に訪ねてみたところ、”ありますよ”の一言で出て来たのが「すももっこ」。これで500円。

冷やして食べると美味しいですよ、と言われたので、じゃあ冷やしたサイダーにポトンと入れて、と言うと、”それならこちらのほうが”と出て来たのが「うん・・・まま、すもも。」、たっぷり入っているので高いのかと思いつつ聞いてみると、これで600円!安!

「すももっこ」は十分在庫があるそうですが、「うん・・・まま、すもも。」は残り少ないそうです。

ビンの中にはプリプリのスモモとトロットロッのすもものシロップ。

コップに焼酎とこのシロップ入れて炭酸で割ったら・・・・・ッゲー、ヤムラランド。

 

Send to Kindle

今日から奄美まつり

8月に入り、今日から奄美まつりです。

既に先週末に龍郷町のふるさと祭りが行われましたが、今月中に奄美大島の全市町村のお祭りが行われます。

ということで、さぼってましたが、カレンダーに祭りの予定をアップしました。

しかしながら、困ったことに市町村のサイトにお祭りのプログラムをアップしているところが少なく、奄美市の奄美まつりぐらいです。

奄美市の笠利町でのあやまる祭りと住用三太郎まつりに関しては、奄美市の市政だよりのPDFにありますので、そちらをご覧下さい。

その他の市町村は関連するであろう情報をリンクしていますが、詳細については主催者にお問い合わせ下さい。

まぁ、地元のイベントということもあるのでしょう。観光客の方はレンタカーでお祭りに行く場合には交通規制や駐車場なども事前に確認しておいたほうがいいと思います。

Send to Kindle

アマミノクロウサギ

アマミノクロウサギ

アマミノクロウサギ

昨夜の夜の野生生物観察コース、こんなのは初めてというぐらい目の前でのんびりしてくれるウサギがいました。
体毛の特徴などよくわかると思います。

Send to Kindle

湯湾岳の花々

アデク

アデク

昨日は湯湾岳へご案内に行って来ました。

9合目から登ると山頂近辺はちょうどイジュの花がピークを迎えています。

その他にもシシアクチやヤマヒハツなどの小さな花々が咲いていて、モロコシソウの黄色い小さな花もありました。写真はFacebookページをご覧下さい。

ボードウォークの側に咲いていたのが写真の花。図鑑で調べてみるとアデクのようですが、湯湾岳の山頂近辺の植物は葉の形が図鑑と微妙に異なるものもあるのでちょっと自信がありません。

アデクの花のアップ

アデクの花のアップ

でも、アデクはフトモモ科、グアバ等ともも同じ種類です。花をよく見るとフトモモ科の特徴である花びらが無くて、オシベがたくさん立っているのがわかります。

(写真はちょっと明るさ調整しています。)

山頂のやぐらの上から見える花々もこの連休で終わりでしょうか。

Send to Kindle

森は涼しいですよ

ハゼノキの木陰

ハゼノキの木陰も

梅雨が開けて夏の日差しが降り注いでいますが、森の中はご覧のように木々が木陰を作ってくれています。

春先に新緑が綺麗だったハゼノキも夏の日差しに緑が綺麗です。

意外な数字ですが、実は梅雨明け前の6月半ばから最高気温は30度を越えていますが、まだ猛暑日はありません。気象庁の7月の気象統計情報(リンク先は別の月も見れます)によると最高気温は7月6日の34.2度。

昨日も晴天のもと、午前中はマングローブカヌーに行きましたが、水面を渡ってくる風は気持ちよく、午後からの金策原原生林も多分30度を下回って26・7度ぐらいじゃないでしょうか。

先日までアブが多くてちょっと大変でしたが、昨日はパタッと姿を消していました。

台風7号も奄美群島へは直接の影響も無く、サーファーを喜ばしているだけのようです。

奄美は快適な夏が続いてますよ!

Send to Kindle

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

し~ま


▲このページのTOPへ