チップ工場、その後

「奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG」さんがカテゴリ「チップ工場」に説明会でのやりとりを続々とアップしてくれているおかげで、全体が見えてきました。
諸鈍の姉さん、ありがとうございます。

不思議なことに説明会があって地元新聞に記事が出てから、ネット上の全国紙や他の新聞サイトには一切出ていないのは何故なんでしょうね。関心が無い?それともあまりにも情報がなくて記事にしてない?

南日本新聞社さんは2回ほど記事にしたそうですが、サイトには掲載されていません。

一方、加計呂麻ファンの方からは意見が出てきています。
東京シマ暮らし:加計呂麻島の伐採問題によせては数回に分けて、観光としてみた加計呂麻島について書かれています。

説明会のやりとりを見ていると、本当に”いつの時代だ”と思うようなやりとりです。
何かすると”屋久島では。。。”、屋久島と奄美大島・加計呂麻島は生態系が違うことを知らないのか、それとも地元の人はわからないだろうとということなのか。

交通も不便でとても加計呂麻島まで観光に来る人がほとんどいない時代ならありえるのかもしれませんが、「にほんの里100選」に選ばれて、JTBさんや読売旅行さん、朝日旅行さん、風カルチャーさんといった旅行会社がここ数年、たくさんのお客さんを送り込んでくれているのを知らないんでしょうか。

もし、加計呂麻の緑の山並みがえぐりとられてしまったら、もう企画はしてくれないでしょうね。
瀬戸内町のホームページを見ると、青い大島海峡の向こうに緑の加計呂麻島が見れます。
これに憧れて来る方が伐採された森を見たらどう思うでしょう。

これは加計呂麻だけの問題じゃなくて、奄美大島全体の景観の一部がえぐり取られるということです。

宮崎県の綾町というところは照葉樹林を観光の目玉として売り出し、多くのお客さんがいらっしゃってるようです。
奄美大島・加計呂麻島はそれよりも広大な照葉樹林があるんです。
それをもっとアピールできたら、とも思います。

Send to Kindle

講演会「琉球の植物」

奄美博物館で展示が行われている「琉球の植物」の講演会があったので行ってきました。

立派なパンフだなと思ったら、昨年3月に東京上野の国立科学博物館で開催した時のパンフでした。

この後は沖縄で開催予定だそうです。

国立科学博物館の方は琉球の生物の多様性の話、田畑満大さんは奄美の植生分布、山下弘さんは奄美の野生ランについてのお話。

勉強になったのですが、残念ながら特に山下さんのランにまつわるお話は盗掘によって姿を消した種のことが多かったです。

加計呂麻島のチップ工場問題がある時に、こういうお話というのもなんか不思議です。
まとめWikiにカケロマドットコムさんが説明会のやりとりを録音したものからおこしてくれたページをリンクしています。他にも情報を追加しています。
説明会のやりとりはひどいですね。回答になってません。

Send to Kindle

屋久島から奄美大島・加計呂麻島を巡る本2冊

昨年10月に知り合いの島旅作家、斉藤潤さん(ブログ)から”友人を連れて奄美に行くので、「かずみ」で飲みましょう”と久々に連絡をいただき、ご一緒しました。

屋久島から順に回って、奄美ではユタ神に会って本を書くと聞いていましたが、今年1月末に斉藤潤さんとその時ご一緒だった山川健一さんが、それぞれ本を出しました。

神をさがす旅 ユタ神様とヘミシンク

幻冬舎 2010-01-26
売り上げランキング : 161

Amazonで詳しく見る by G-Tools

島で空を見ていた 屋久島・トカラ・奄美・加計呂麻島の旅

幻冬舎 2010-01-30
売り上げランキング : 13195

Amazonで詳しく見る by G-Tools

斉藤さんの本は、いつもの斉藤さんらしい出会った人たちとのやりとりが目に浮かぶような優しい内容ですが、ご紹介をちょっと躊躇ったのが山川さんの本。

タイトル通り、”神様に会う”がメインのテーマで、ヘミシンクという”ヘッドフォンで音を聴くことで意図的に変性意識へ導く音響技術”(「島で空を見ていた」より)で、屋久島や奄美大島・加計呂麻島で神様のエリアに入っていく様子が描かれているのですが、正直ちょっとわからない世界でした。

躊躇したというのはヘミシンクがどうこうというより、ユタ神の話が誤解されないかなということと、湯湾岳での体験がちょっと怖いんですよね。

確かに私も山へ入ると色んな感覚を感じるんですが、この本まで強烈なことはないし。

お勧めとしては2冊の本を読んでいただければと思います。人によってこれだけ色んなことを感じることができる場所が奄美大島・加計呂麻島ということで。
ただし、くれぐれも興味本位だけでユタ神に会いたいとかはやめたほうがいいと思います。

Send to Kindle

加計呂麻島の伐採問題まとめWiki

(今回も別ブログとのクロスポストです。すいません。)
先日お伝えした加計呂麻島の伐採問題ですが、地元新聞でも報じられご存知の方も多いと思います。
島内のブログでも書いている方も多く、Twitterでは島外の方からも多くの意見が寄せられています。
しかし、情報が集まる場所がないのでまとめWikiを作りました。

savekakeroma @ ウィキ

RSSフィードを生成するのでGoogleReaderなどのRSSリーダーで更新を知ることもできます。

写真は昨年9月に撮影した湯湾岳山頂からの眺めです。

左右奥の山の伐採跡がわかるでしょうか。
加計呂麻島もこんな風景になってしまうんでしょうか。

Send to Kindle

あまみシマ博覧会

2月14日から28日にかけて「あまみシマ博覧会」が開催されます。

奄美大島の各市町村で39のプログラムです。
なかなかレアなプログラムもありますよ。
サイトもオープンしています。

このイベントに関してプログラムを提供している大和村国直の「てるぼーず」さんから連絡がありました。
「てるぼーず」さんの染色体験はパンフレットおよびサイトでは15日のみとなっていますが、期間中は毎日実施可能だそうです。
また、最小催行5名となっていますが、お一人でも大丈夫
染色体験+昼食(焼きそば)+飲み物で通常3,500円を2,800円です。
直接申し込みでいいそうですよ。

さて、予定より遅れてオープンした「あまみシマ博覧会」のサイト、ちょっと辛口です。 more

Send to Kindle

東京航路3月上旬に運行再開

昨年11月に「ありあけ」の座礁事故により無期限運休していた東京航路(東京-沖縄)を再開することになりました。
373news.com:マルエーフェリー 東京-沖縄航路を3月再開へ

三重県沖で昨年11月にフェリー「ありあけ」(7910トン)が座礁した事故のため、東京-沖縄航路を休止中の運航会社マルエーフェリー(奄美市)が、中古船を購入して3月2日の同航路再開を目指していることが1日分かった。

地元紙によると認可申請中で認可されると3月2日に東京発便から運行する予定だそうです。

東京航路が運休となって旅客は少なかったのですが、なにより貨物が鹿児島あるいは大阪経由となって、利用していた業者は輸送費がかさんで大変だったようです。

タンカンの発送には間に合いませんでしたが、これで一安心ですね。

Send to Kindle

「しーま」オープン!

奄美群島の情報サイト「しーま」が正式オープンしました。

「しーま」トップページ

昨日・今日とセミナーが行われ、続々とブログが開設されています。
まだ、正直なところ中身は・・・・というところですが、奄美の情報が集まっていくんんじゃないでしょうか。

Send to Kindle

あまみエフエムWebRadioリニューアル

あまみエフエムからWebRadioがリニューアルのお知らせが届きました。

あまみエフエムWebRadio

一昨年12月にWebRadioが公開されてからほとんどメニューの追加が無かったのですが、今回はかなり増えてます。

残念ながら「英会話のOVA」は無いのですが、一番のお勧めが「島口NEWS シマゆむTIME」。
日曜日の夕方放送、月曜夕方5時から流れています。
タイトル通り、シマ口で新聞記事を読み上げるので、”あ~、こういう時はシマ口でこういうのか”とすごく勉強になるし、面白いですよ。

是非、今の奄美の出来事と一緒にシマ口の聞き取り練習しましょう。使えるようになると奄美に来たときは楽しいですよ。きっと。

Send to Kindle

加計呂麻島の半分がハゲ山になる!?

この加計呂麻島の風景が一変してしまうかもしれません。
加計呂麻島の風景
今日は他のネタもあったのですが、今日のtomizoさんのブログを読んでびっくりしたので、この記事です。

徒然なる奄美:加計呂麻島、激震!!木材チップ工場建設へ!島の半分がハゲ山 に!!

島の里100選にも選ばれた加計呂麻島木材チップ工場を建設すると言う
話が持ち上がっていま す。。。

詳しくは上記ブログを読んで下さい。
水源の問題もそうですが、Twitterに流したところ”狭い土地で斜度も高いのに、そんな事になったら海峡の生態系メチャクチャになりそう!”という意見もありました。

なにより会社側からの説明会じゃなくて、住民側からの要請で開かれたということ。

島旅ライターの斎藤潤さんのブログでは1月14日に記事があがってました。

旅、島、ときどき、不思議:ぎゅる~んっ、キーン…、幻聴か? 加計呂麻島にも魔の手が
(カッコ書きは私が書き加えたものです。)

その(松くい虫による)枯れ木を伐採しチップに加工して、製紙会社に売ろうという動きがあるらしい。
それだけなら、悪い話ではないのに、
なぜか水面下で動いていて、少しも表面化しない。
(途中略)
島にチップ工場の設置を目論んでいる人たちは、
職のない青年がいる家などをめぐっては、
新工場ができたら正社員として雇ってやる、
だから協力するように、などという美味しい話をしてまわっているらしい。
これも悪い話ではない。では、なぜ水面下なのか。危惧される点は、幾つかある。
本当に立ち枯れた松だけを伐採するのか?
恐らく、そんなことはありえないだろう。
よほどの高級材を伐採するならともかく、
チップなどをつくるために選択伐採などしていたら、手間がかかってしょうがない。
商売になんてならないのだ。

どうやら水面下で動いていて工場が出来てしまえば、という感じを受けます。
瀬戸内町はこの計画を把握してたんでしょうか。松くい虫にやられた松の処理に困って依頼した?なんて考えたくもありませんが、どうなんでしょう。

瀬戸内町は関与していないようです。また、どの山を切るのかもこれからの交渉のようですね。実際に伐採が行われるかどうかはかなり難しそうですが、でも油断はできないと思います。

加計呂麻島は「日本の里 百選」に昨年選ばれたばかり、それも瀬戸内町の観光大使に任命されている山田洋次さんが選考者だったというのも大きかったはずです。
”寅さんは今でもこの加計呂麻島に生きている”という言葉が寅さんのロケ地記念碑に確か刻まれていたはず。

山田洋次さんが加計呂麻島の半分がハゲ山になるかもしれないということを知ったらどう思うんでしょうね。

なお、このチップ工場については情報が少ないので集めていきたいと思います。

Twitterでこの件についての情報はハッシュタグ #savekakeroma でお願いします。

Send to Kindle

おとくdeマイルとディスカウントマイル

JALマイレージバンクに登録している方は既にメイルでお知らせが届いていると思いますが、2010年度もおとくdeマイルとディスカウントマイルが設定されました。

ディスカウントマイル

2009年12月1日~2010年2月28日(除外日:2009年12月25日~2010年1月3日)

2010年4月1日~2010年6月10日(除外日:2010年4月29日~2010年5月5日)

東京・伊丹と奄美間が通常15,000マイルが12,000マイル。

ふたりから!おとくdeマイルキャンペーン

2009年12月1日(火)~2010年2月28日(日)【ご搭乗日】
※除外日:2009年12月25日~2010年1月3日

2010年4月1日(木)~2010年6月10日(木)【ご搭乗日】
※除外日:2010年4月29日~2010年5月5日

東京・伊丹と奄美間がふたり以上ならお一人8,500マイル。

(詳しくは上記ページをご覧下さい)

株主優待券は一度かなり値下がりしたものの、今度は価格があがってるようです。
眠っているマイルありませんか?

Send to Kindle

Instagram

オリオンツアー

アーカイブ

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

32人の購読者に加わりましょう

LINEで友だち追加

下記QRコードかID:@knamamiで友だち追加するとブログ更新情報をLINEにお届けします。

し~ま


▲このページのTOPへ