ベニバナトケイソウ

フォトギャラリー
ベニバナトケイソウ
ベニバナトケイソウ

 紅花時計草だそうですが、馴染みがあるのは果物のパッションフルーツ。
 パッションフルーツはトケイソウ()の中の一種で、果物時計草とも言われます。
 果物として食べられるのは一部で、ほとんどが花を観賞するためのもの。恐らく、園芸種として多くの品種が開発されていると思われます。園芸種にはありがちですが、このベニバナトケイソウ(紅花時計草)も園芸種として開発されて命名されたもの。芸名みたいなものでしょうか。他にはヒアカトケイソウ(緋赤時計草)という名称もあるようです。
 ちなみに、実がなるのかは確認していません。多分、実らないか食べれないか・・・
 奄美市住用町西仲間集落からマングローブパーク脇の国道58号線の坂を昇り、マングローブ茶屋さんへの左へ入る旧道に入ってすぐの道路左の金網フェンスに絡んでいるところに咲いているのを見ることができます。
 Facebookには3D写真にしたものもアップしておきましたので御覧ください。(ただし、個人アカウントにアップしていますので、予告無く閲覧できなくなる場合があります。ご了承下さい。)

タイトルとURLをコピーしました