歴史

奄美の歴史は、その位置から古代日本と琉球、そして薩摩と、北からと南から双方からの影響を受けています。

奄美世(アマンユ)
8~9世紀(奈良・平安時代初期)
集落単位、血縁関係で生活していた時代。
按司世(アジユ)
9世紀~15世紀(平安・鎌倉・室町時代)
ある程度の勢力を持った人たちが現れてきます。
那覇世(ナハンユ)
琉球王朝統治時代。15世紀半ば~17世紀初期(戦国・安土桃山時代)
沖縄の琉球王国の支配を受けます。
大和世(ヤマトユ)
17世紀~19世紀半ば(江戸時代)
薩摩藩(島津家)の支配を受けます。
近代
鹿児島県となりますが、太平洋戦争の終戦後、昭和21年2月2日からアメリカ統治下におかれ(アメリカ世)、昭和28年12月25日に日本復帰をはたし、再び鹿児島県となります。

参考文献:「奄美の歴史入門」(奄美小学校の校長先生が子供たちのために書いた本ですが、近年の研究結果も取り入れた奄美の歴史を知るには最適の本です。)

フリータイムコース」では歴史についてもご案内します。奄美の歴史をより知りたい方、ご利用下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました