沖永良部/与論旅行記(2)北東部(和泊)から北西部(フーチャ)へ

フォトギャラリー

  6月12日から14日まで、沖永良部島と与論島へ行ってきました。
 数回に分けて連載します。途中で他の話題が入る(かも?)しれませんので、記事には”202006沖永良部/与論”のタグを付けておきます。
 訪問地はマイマップ(沖永良部島与論島 )を作成して写真をアップしてあります。
(1)

 予定より少し早く11:20に和泊港で下船しましたが、沖永良部島でお世話になる予定のNさんは知名町の文化財保護審議委員で、午前中は会議なのでちょっと遅れると連絡。しばらく港で待っていると、軽自動車で迎えにきてくれました。
 Nさんとは名瀬の「かずみ」でよくお会いすることがあり、奄美大島のシマ唄のファンであり、西和美さんの大ファンなので、築地俊造さんの自伝書と「かずみ」のイベントDVDをおみやげにお渡ししました。

お食事処やまはたの海鮮丼
お食事処やまはたの海鮮丼

 早速、お昼に行きましょうと、すぐ隣の和泊漁港の「お食事処やまはた」さんへ。こじんまりとしたお店ですが、向かいの漁港の水揚げ場から仕入れたり、お店のおかみさんが自ら獲った魚が店の外の生け簀やクーラーボックスに入っていて、注文に応じてさばいてくれるというお店でした。
 海鮮丼をお願いすると、夜光貝やらイカ、数種類のお刺身の丼でした。そして、お客さんと思ったらご主人がお客さんとお話されていて、マハダグムイのお話をお聞きすることができました。「魚を狩る民俗」というマハダグムイも紹介されている本を教えていただいたので、大島に戻ってから図書館で借りて読んでいるところです。

喜美留(きびる)暗川(くらごー)
喜美留(きびる)暗川(くらごー)

 Nさんから廻りたい場所はありますか?と聞かれたので、ガジュマルをはじめとした植生と地質関係、そして水と風葬と、かなりアバウトなリクエスト。
 和泊港は沖永良部島の太平洋側、北の3分の2に位置しています。

暗川の洗濯用(?)タライ
暗川の洗濯用(?)タライ

 そこから太平洋側を北上し、まずは、喜美留という集落の暗川(クラゴー)へ。
 喜界島では「ウリガー」でしたが、沖永良部では地下へ掘られた水場は「暗川(クラゴー)」、開けた水場は「ホー」(恐らく川(ゴー)が語源でしょう)ということでした。

笠石海岸(笠のような琉球石灰岩)
笠石海岸(笠のような琉球石灰岩)

 その後、近くの笠石海岸へ。
 石灰岩が侵食されて独特の形になっていますが、奄美大島の笠利町用海岸の風景にも似ています。
 沖永良部島の太平洋側は、このような黒っぽい石灰岩は少なく、白いサンゴの砕けた砂浜が多いようです。そしてなだらかな地形です。

国頭小学校の日本一のガジュマル
国頭小学校の日本一のガジュマル

 次に北にある空港の手前、国頭へ。国頭小学校の校庭にお邪魔して、日本一のガジュマル。

国頭の暗川
国頭の暗川

 そして、すぐ近くの国頭暗川へ。

国頭岬近くの基底地層
国頭岬近くの基底地層

 次に空港の先、一番北の、国頭岬の下の浜の海岸へ。
 Nさんが珍しい地層を見ることができるというのでいってみると、隆起サンゴ礁の島と思っていた沖永良部に湾曲した泥岩のような地層。奄美大島だと、奄美市名瀬の朝仁と小宿の間の海岸線などで見るような地層です。
 サンゴ礁が発生する前のプレートの移動による付加体の地層だそうで、沖永良部の背骨を走るように南まであるとのこと。実際に、このあと訊ねた南部の大山周辺では、内陸部の途中に同じ地層が石灰岩を重なり合う場所があり、その上は石灰岩では無いので、奄美大島の山中と同じような植生となっていました。
 大山山頂近辺には沖永良部島の固有種のカタツムリがいるらしく、沖永良部島が海底から隆起した石灰岩だけの島ではなく、大陸の一部だった場所が沈下と隆起を繰り返しながら、複雑に付加体と石灰岩が混じりあった島、徳之島に近い島なんですね。

フーチャ
フーチャ

 島の西、東シナ海側へ回り込むと、海岸線は侵食された琉球石灰岩が切り立った崖が続いています。これも徳之島の南半分の西側、犬の門蓋から犬田布岬あたりと似ています。
 途中で、ここはカメが見える場所と案内されると、すぐにカメが2匹。
 そして、フーチャへ行くと、侵食された大きな穴が空いていました。満潮で波が大きい時に潮が吹き上げるというのが地形からよくわかります。

(3)へつづく)

コメント

  1. […] ((2)へつづく) […]

  2. […] 前のページへ […]

  3. […] 沖永良部/与論旅行記(2)北東部(和泊)から北西部(フーチャ)へ 2020年6月18日 […]

  4. […] 沖永良部/与論旅行記(2)北東部(和泊)から北西部(フーチャ)へ 2020年6月18日 […]

  5. […] 沖永良部/与論旅行記(2)北東部(和泊)から北西部(フーチャ)へ 2020年6月18日 […]

  6. […] 沖永良部/与論旅行記(2)北東部(和泊)から北西部(フーチャ)へ 2020年6月18日 […]

  7. […] 沖永良部/与論旅行記(2)北東部(和泊)から北西部(フーチャ)へ 2020年6月18日 […]

タイトルとURLをコピーしました